フェデラルの各タイヤのレビューとフィッティング例まとめ

2020年12月28日 (更新:2021年01月08日)

フェデラルの各タイヤのレビューとフィッティング例まとめ

labelタイヤ

フェデラルの各タイヤのレビューと装着後のツラ具合を調査。フェデラルタイヤを検討している方は必見です。

フェデラルタイヤのレビューと装着例をまとめました

台湾に本拠地を構え、世界中のモータースポーツシーンで活躍するFEDERAL(フェデラル)。近年盛り上がりを見せているアジアンタイヤメーカーのひとつです。

安価で人気のフェデラルタイヤですが、レビューやツラ具合はヘビーユーザーのコメントを参考にしたいところ。今回は、フェデラルがラインナップしている各タイヤのレビューと装着例をまとめました。

※載っていないタイヤや装着例は随時追加予定

フェデラル 595の概要とレビュー

フェデラル 595の概要

フェデラルの595は、フェデラルが販売するスポーツタイヤの中で最もストリート志向のタイヤ。

排水性を重視したトレッドパターンで安定した走行が可能とのことで、低扁平サイズのラインナップも豊富です。

フェデラル 595のグリップ性能

同サイズのケンダタイヤKR20やトライアングルタイヤTR968より全体的にワンランク上の性能で扱いやすい

ただしフェデラル全モデルウェット路面に弱く、その中ではマシな方ではあるもののセンタートレッドがない為かやはり弱い(汗)

サーキット・峠を本格的に走るようならもっと高いタイヤがいいですが、練習用や街乗りの目的なのでこの価格は満足です。

フェデラル 595のサイドウォールの剛性感

ss595は街乗りだけでしたら、十分な性能だと思います。高速道路やバイパスやワインディングなどでは少し不安感があります。

サイドウォール剛性が低いのか?ハンドル切った時の反応が鈍い、急なレーンチェンジや急ハンドルでリヤタイヤのたわみが大きそうです。

フェデラル 595のパターンノイズ

ハンコック ventas v12 evoの方が縦溝メインなので静かです。

フェデラル 595 RS-Rの概要とレビュー

フェデラル 595 RS-Rの概要

フェデラルの595 RS-Rは、595 RS-RRの先代にあたるタイヤ。ストリートからサーキット走行までをカバーするオールマイティーモデルで、普段使いしつつ週末にサーキットで走行会を楽しむようなスタイルの方にオススメです。

トレッドパターンはスポーツタイヤらしいスタイリッシュなデザインとなっています。

フェデラル 595 RS-Rのグリップ性能

なかなかよく食いついてくれます!本気で攻める方には物足りないかもしれませんが、自分には充分なグリップ力です。下手くそな自分には勿体ないくらい(笑)

滑り出すときもマイルドでコントロールしやすいです♪

ショップオーナーさん曰く、このタイヤでタイムを狙うなら、完熟走行後の1周目だそうです。タレるのが早いって言ってた。

15〜20分走った時に滑り出しが早いような?気が?

高速走行時雨の日、排水性がとても悪く不安定さをかなり感じました。

フェデラル 595 RS-Rのサイドウォールの剛性感

サイドウォールが若干弱いようで、外減りしやすいので、空気圧は高めにしてます。

フェデラル 595 RS-Rのパターンノイズ

前使ってたよくわからんゴミタイヤより全然音も静かでタイヤが滑らない

フェデラル 595 RS-RRの概要とレビュー

フェデラル 595 RS-RRの概要

フェデラルの595 RS-RRは、先代の595 RS-Rの次世代モデルとして販売されているハイグリップタイヤ。日本のサーキットでテストを重ねてブレーキングやハンドリング性能を向上させています。

「炎」の見た目をしたトレッドパターンは、デザイン性だけでなくブロック剛性を高めてグリップを向上させる役割も。

フェデラル 595 RS-RRのグリップ性能

グリップ力は国産ハイグリップタイヤと、それ程遜色は無いです。耐磨耗も悪くありません。

ただ、タイヤの重量、重心バランス、ゴムの耐久性(ヒビ割れ)で、国産には劣ります。

フェデラル 595 RS-RRのパターンノイズ

死ぬほど走行ノイズが煩いタイヤ。

まだ皮むき段階ですが、クラッチ切ってもエンジン回してるようなロードノイズ…凄いですね…笑

フェデラル 595 RS-PROの概要とレビュー

フェデラル 595 RS-PROの概要

フェデラルの595 RS-PROは、現状595シリーズの中でも欧州のハイパフォーマンス車を意識したモデル。

欧州の高速走行シーンを想定した設計となっており、トレッドにはウェット性能の向上を図ったセンターリブが配置されています。

フェデラル 595 RS-PROのグリップ性能

すごい食う訳じゃないけど楽しんで走るには十分です。少し滑るくらいがドラテクの向上につながる!はずw

もちろんサーキットでもグリップ不足はあまり感じられませんでした。

フェデラル RS-PROの感想は、「結構食う」です。RS-R、RS-RR、と履いてきましたが食いつきは段々と良くなっている気がします。一番美味しいところの粘りはSタイヤみたいにブリブリと粘ります。

ただ、「一発のタイム出しにオススメです。」とお伝えしておきます(笑)美味しいところを過ぎたあとは…(笑)

フェデラル 595 RS-PROのサイドウォールの剛性感

ディレッツァほど横が弱くないから自分は扱い安くて好き!

フェデラル 595 RS-PROのパターンノイズ

フェデラル595RS-PROは595RS-RRにあったロードノイズが無く、街乗り等には最適。

ロードノイズがRS-RRより「は」減りました!

フェデラルタイヤのフィッティング実例集

アジアンタイヤは、同サイズの国産タイヤと比較すると幅に違いが生じることがあります。これはメーカーの考え方や製法の違いなどによるため仕方のないことですが、同じサイズを買ったのにフェンダーと干渉する、なんてことは避けたいですよね。

そこで今回は、フェデラルの各種タイヤの装着例をタイヤ別、サイズ別に集めてみました。画像を参考に、理想的なタイヤ・ホイールサイズの組み合わせを探って見てください。チラ見えするトレッドパターンも要チェック。

フェデラル 595のフィッティング画像

205/40R17

ホイール:9J

タイヤ:205/40R17

215/45R17

ホイール:7.5J

タイヤ:215/45R17

215/35R18

ホイール:9.5J

タイヤ:215/35R18

225/35R18

ホイール:9.5J

タイヤ:225/35R18

ホイール:10.5J

タイヤ:225/35R18

225/45R18

ホイール:8.5J

タイヤ:225/45R18

225/35R19

ホイール:8.5J

タイヤ:225/35R19

235/35R19

ホイール:10.5J

タイヤ:235/35R19

フェデラル 595 RS-Rのフィッティング画像

225/40R18

ホイール:8.5J

タイヤ:225/40R18

235/40R18

ホイール:8.5J

タイヤ:235/40R18

ホイール:9.5J

タイヤ:235/40R18

245/35R18

ホイール:9.5J

タイヤ:245/35R18

265/35R18

ホイール:9.5J

タイヤ:265/35R18

ホイール:10J

タイヤ:265/35R18

フェデラル 595 RS-RRのフィッティング画像

205/50R15

ホイール:8.5J

タイヤ:205/50R15

215/40R17

ホイール:7.5J

タイヤ:215/40R17

235/40R17

ホイール:9J

タイヤ:235/40R17

225/40R18

ホイール:8.5J

タイヤ:225/40R18

245/35R18

ホイール:12J

タイヤ:245/35R18

245/40R18

ホイール:8.5J

タイヤ:245/40R18

265/35R18

ホイール:9.5J

タイヤ:265/35R18

275/35R18

ホイール:9.5J

タイヤ:275/35R18

245/40R19

ホイール:9J

タイヤ:245/40R19

フェデラル 595 RS-PROのフィッティング画像

225/40R18

ホイール:8.5J

タイヤ:225/40R18

235/40R18

ホイール:8.5J

タイヤ:235/40R18

ホイール:8.5J

タイヤ:235/40R18

245/40R18

ホイール:9J

タイヤ:245/40R18

フェデラル EVOLUTION ST-1のフィッティング画像

245/35R20

ホイール:10J

タイヤ:245/35R20

性能とカッコよさの両立を目指したい

アジアンタイヤの性能は年々高まっており、フェデラルタイヤも例に漏れず進化し続けています。実際の感想や装着例を参考に、性能とカッコよさのバランスを目指してみてください。

▶︎フェデラルタイヤのレビューをもっと見る

▶︎フェデラルタイヤの投稿をもっと見る