インプレッサばかりを乗り継ぎ5台目!今後が楽しみすぎる貴重なtS TYPE RA!【オレンジMT】

2020年12月22日

インプレッサばかりを乗り継ぎ5台目!今後が楽しみすぎる貴重なtS TYPE RA!【オレンジMT】

labelインプレッサ WRX STI labelカスタム全般

2020年11月のオレンジMTに参加されていたインプレッサ。純正で豪華なパーツがふんだんに使われたtS TYPE RA。この車をベースにした今後のカスタム予定が楽しみすぎる1台です!

愛車&オーナー情報

  • 車種:スバル インプレッサ WRX STI tS TYPE RA
  • 年式:2014年(平成26年)
  • 走行距離:28,000km
  • ボディカラー:G2U タンジェリンオレンジパール
  • オーナー:ざと
  • 所有年数:3ヶ月

極上車!

第2回 オレンジMT in 榛名では、なんと貴重なtS TYPE RAが2台も参加していた。それに同車の中でも受注期間が短かった限定のタンジェリンオレンジパール。それに加えて、今回紹介するオーナーの車は走行距離わずか2万8千キロという極上車!なんと3ヶ月前に納車したばかりだそうだ。

オーナーはこれまで4台のインプレッサを乗り継いできており、今回で5台目。しかもGVB型は3台、ts TYPE RAも2台目だというから驚く。

純正ではあるけれど

納車したばかりということもあり、オーナーによるカスタム箇所はわずか。しかしtS TYPE RAということもあって、わざわざカスタムする必要がない豪華なパーツがすでに装着されている。

まずはブレーキだ。写真のフロントはモノブロック対向6POTの大型キャリパー。そしてリアにも2POTのキャリパーが装着されている。そこへグルーブドディスクローターが組み合わされており、ブレーキの性能は申し分ない。パッドさえ交換すればサーキットでも十分すぎるパフォーマンスが期待できる。

同等のブレーキキットを導入しようとすればそこそこ良い中古車くらいの金額がかかるので、なかなか後から手を出しにくい。純正で良いブレーキを装着した車は本当に羨ましい限りだ。

またホイールについても、tS TYPE RA専用となるブラック塗装のSTI製ホイールが装着されている。

マフラーも純正オプションのSTIの4本出しマフラーが装着されている。リアビューに迫力が出てルックスもばっちりだ。

この他にも見えない部分ではタワーバーやロアアームバー、サスペンションにもSTIによってチューニングされたダンパー&スプリングが装着されていて、とても市販車のノーマル状態とは思えないスペックだ。

社外ファイバーLEDテール

この日取材した時点での目立ったカスタムといえば、この社外のLEDテール。メーカーは不明とのことだが、インナーブラックとなりリアビューの印象を大きく変えることに成功している。

実は”とあるパーツ”を入手済み...!

「実はVarisのワイドボディキットを購入済みなんです。」

今でこそ納車直後で純正然としたインプレッサだが、すでにVarisのボディキットを購入してあるそうだ。1〜2年かけてじっくりホイール等の各種パーツもよく吟味してカスタムしていくとのことで、”日本で1台のワイドボディオレンジインプ”が完成した暁には、改めて取材できる機会があればと切に願っている。

ギャラリー

(photo:CARTUNE運営 Hiroki)