女性に人気の輸入車10選!ハイセンスで運転しやすいおすすめ外車をご紹介!!

2019年07月19日

女性に人気の輸入車10選!ハイセンスで運転しやすいおすすめ外車をご紹介!!

国産車にはない少し違った空気感が魅力的な輸入車。プレミアムブランドならではの仕上がりはもちろんのこと、インスタ映えするデザインのカッコよさ、内装の可愛さなど女性目線から見ても、その存在感が注目を集めています。価格は少し高めですが、最近は手の届くモデルも増えてきました。ハイセンスで使い勝手の良い女性に人気の車を紹介していきましょう。

メルセデス・ベンツ A-Class

ベンツといえば、フラットライドと呼ばれる上下動が小さく快適な乗り味。運転者はもちろん、同乗者への優しさがベンツの魅力です。また、内装もベンツならではの細かい作り込みで、質感を感じさせる上品な仕上がり。AIによる「MBUX」はインフォテイメントシステムのことで、会話するだけでさまざまな機能を使いこなすことができます。

便利なスマートフォンのワイヤレスチャージング、ヘッドレストのコンフォートシステムには、フックハンガーや子どもの食事に便利な折り畳みテーブルなどが装備されています。

4枚ドアとハッチバックで後部座席も広く、荷物の積み下ろしも楽々です。

新開発された1.4L直列4気筒直噴ターボエンジンの軽快な走りを楽しみながらも、全長4,420mmと取り回しの良さが嬉しいですね。

BMW MINI

1度見たら忘れられない個性的なデザインを持つMINIは、そのレトロな見た目で女性人気の高いコンパクトカーのひとつ。さまざまなグレードがあり、自分にピッタリの一台を見つけることができそうです。

ゴーカートフィーリングと呼ばれるキビキビとした走りは、シートポジションが低い事からくる安定性の良さが生み出したもの。

エンジンはグレードにより変わりますが、排気量1.2Lから2.0Lまでを取り揃え、全長は一番小さいもので3,835mmとなるため、運転が苦手と感じる方でも気楽に運転することができそうです。

内装もMINIの世界観が表現されたお洒落な丸いパネルが埋め込まれ、その周りのLEDライトが操作に応じて色を変えてドライバーを楽しませてくれます。遊び心がありながらも高級感の漂うニクい演出が魅力です。

アウディ A3

アウディ A3は洗練されたデザインとエレガントな出で立ちで、気品あふれる大人の女性にピッタリの1台です。

前方の衝突危険検知、自動ブレーキシステムなどの安全対策技術や前車を追従して自動制御するアダプティブクルーズコントロールなど、先進装備が凝縮されたラグジュアリーカーです。 ハッチバックの合理性とワゴンの使い勝手を両立したコンパクトハッチバックと呼ばれるタイプで、後部座席も十分な広さです。

直列4気筒DOHCインタークーラー付きターボエンジン搭載で長距離ドライブでも疲れを感じることなく運転できることでしょう。全長4,325mmと街乗りにも気軽に出かけられるため、車での外出が増えそうですね。

既存のハッチバックとは一線を画すアウディ独自の品格が感じられます。

ルノー カングー

アイコニックで個性的なデザインが目を惹くカングーは、フランス生まれの商用車がベース。ヘッドクリアランスのある開放的な室内空間はファミリーユースにもってこいの1台です。欧州車には少ないスライドドアや観音開きのリアゲートが、レジャーから買い物まで、さまざまなシチュエーションをお洒落に演出します。

1.2L直噴ターボエンジンは2L並みの加速感を味わうことが可能で力不足を感じさせません。ヨーロッパの高い速度域を想定した走りは国産車にはない安定感で運転が苦手な方にもおすすめ。

また、全長4,280mmと旧型より一回り大きくなっていますが、それでもミニバンの中では扱いやすいサイズが魅力。これならば国産車と変わらない感覚で女性も楽しめます。

アルファロメオ ジュリエッタ

イタリアを代表するスポーツメーカーといえばアルファロメオ。その中でもジュリエッタは、独自のイタリアンデザインによって生み出される美しい曲線を持っています。。盾型のフロントグリルがさらなる品格を与え、個性的なものを好む女性にピッタリではないでしょうか。

人間工学とイタリアンデザインを巧みに融合させた落ち着きのある室内は、見た目だけでなく使い勝手にも優れています。シートリフターの調整幅が広いため、身長の低い女性でも自分好みのドライビングポジションに調節ができる、という細やかな配慮も忘れてはいません。

直列4気筒DOHC16バルブインタークーラーターボが生み出すパワフルな走りはスポーツカーならでは。また全長が4,350mmなので街中での実用性能も十分です。

フォルクス・ワーゲン ビートル

引用元:www.volkswagen.co.jp

フォルクス・ワーゲン ビートルはその愛らしいエクステリアとインテリア、カラーバリエーションの多さのよって女性から大人気。ただ「かわいい」だけではなく、どんな年代であってもお洒落に乗りこなすことができるカッコよさも兼ね備えたスタイルが魅力です。そんなビートルも2019年をもって販売終了となってしまうそう。新車を狙うなら今がラストチャンス!

大きなフェンダーや弧を描くルーフライン、そのすべてがビートルのアイコンといえるでしょう。

現行モデルは、ボディー形状が少し低くワイドになり、スポーツテイストが加えられました。1.2L~2Lターボエンジンはパワーもあり、快適な走行性能を実現します。また全長も4,270mmと旧型より大きくなりましたが、見た目以上に運転がしやすいと定評があります。

ジープ レネゲード

ジープのイメージといえばワイルドなクロスカントリーSUV。アメリカ軍に支持される男性的な印象ではないでしょうか?歴代のジープの中で最も小さく、ポップなレネゲードはキュートなデザインが特徴的。今までジープに興味のなかった女性にもそのかわいさは受け入れられそうです。

ジープ伝統の丸いヘッドライトはそのままに、現代的なスタイルを上手に取り入れています。

荷室のスペースが広げられるだけではなく、高さを調整することも可能になりました。直列4気筒インタークーラー付ターボエンジンで、オフロードも楽々走破できます。何よりも全長4,260mmとコンパクトなサイズが女性には一番嬉しいかもしれません。

フィアット 500

フィアット500は丸いフォルムで愛嬌のあるデザインとサイズ感が特徴。チンクエチェントとも呼ばれ、イタリア語で500を意味しています。

都市部の路地でも邪魔にならず、使い勝手の良い車です。軽く、取り回しのカンタンな小柄な車体は、きびきびとした軽快な走りでハンドルを握るだけで思わず頬がゆるんでしまうほど。

ボディーカラーとインパネの統一感、真っ白なステアリングなど、インテリアはポップさが魅力。お洒落な女性に人気があるのは当然といえそうですね。

フロントシートは広さがあり快適な反面、リアシートは少し狭くなっています。それも全長3,570mmのサイズ感なので納得ですね。

クラシカルで個性的なフィアットは、女性目線から生まれた数少ない一台です。

フォルクスワーゲン ゴルフ

ゴルフは日本でも定番の外車でありながら、国産車にはないドイツ車独特の世界観が味わえます。そのスタイリッシュなデザインはいかにもドイツらしい、クールな印象。

フォルクスワーゲンの中でも人気が高いこのコンパクトカーは、使い勝手も良く、運転性能、積載性、燃費とすべてにおいて優秀な一台といえそうです。エンジンは直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボチャージャーで全長は4,265mm。運転していて楽しい車に乗りたいと考えている女性にはお勧めです。

2019年11月に8代目が発売される予定で、現行サイズよりも少し大きくなるようですが、軽量設計になるとのこと。どんな風に仕上がるのか楽しみですね。

プジョー 207 CC

独自の美的センスがあるフランス車といえば、プジョー。カブリオレクーペで風を感じて走れば、周囲の注目を集めることができそう。グラマラスなデザインは女性の人気も高く、コンパクトなサイズ感は爽快ないい走りを後押ししてくれます。

内装はシンプルなブラックのレザーにインパネのシルバーとなっており、美しく映えそうです。シートリフターやステアリングが前後するテレスコピック機構などの装備も充実しています。固すぎないシートは長距離の運転でもドライバーに疲れを感じさせません。

エンジンは直列4気筒DOHCが基本で、ターボチャージャーを備えたグレードもあります。

全長4,030mmとほどよい大きさなので、カッコよさを求める女性におすすめの一台といえそうです。

まとめ

女性にとっても車は移動手段だけではなく、毎日を共に過ごすパートナーです。もっとかわいい、あるいはカッコいい車に乗りたいというこだわりはあるものではないでしょうか?国産車にはない外車の魅力に惹かれたときには、迷わずお気に入りの外車を選んでみる、というのも楽しいものです。日常が少しだけ素敵なものに変わっていく、そんな予感がしませんか?