C-HR ターボモデル用マフラーおススメ5選紹介します!

2019年07月19日

C-HR ターボモデル用マフラーおススメ5選紹介します!

labelC-HR

今後も益々注目度が上がっていくだろうC-HRのガソリンターボ車に適合するマフラーを、5つ厳選して紹介します。ハイブリッドとガソリンターボ車のエンジンを搭載しているC-HRですが、ターボモデルはマフラーを交換することでより爽快な走りを味わうことができます。

C-HR ターボモデル用のマフラーを選ぶうえでの注意点

近未来的なデザインとなって、今ではトヨタの新デザインを担っていると言ってもいいくらいに人気が出ているC-HR。エンジンはガソリンのターボと、ガソリンとモーターを融合させたハイブリッドが販売されており、マフラーを選ぶ時も必ずガソリンターボ用マフラーを選ばないといけません。

排気を行う量などが変わってくるため、もしガソリンターボ車にハイブリッド用のマフラーを取り付けてしまうと、エンジンのパワーが落ちてしまい、燃費も同時に落ちていってしまいます。最悪の場合、燃料調整が狂ってしまってエンジンが掛からなくなる恐れもありますので、注意しておきましょう。

また、最近の車ということで、新しい騒音規制が適応されていっていることもありますので、音量には十分に気を配って選ぶ必要がありそうです。

C-HR(ターボ)用マフラーおススメ5選!

ガナドール Vertex GVE-032PO 右ダブル出しマフラー

引用元:www.ganador.co.jp

C-HR専用の設計となり、純正のマフラー取り付け位置となっている右側のマフラーを2本出しにすることによって、より迫力のあるリアビューとしています。

エクステリアのドレスアップだけでなく、ノーマルマフラーに比べてトルクから馬力まで向上しており、更に快適に走行することができるようになっています。その馬力の向上はおおよそ10ps、非常に効率よく出力アップすることができます。

【ガナドール Vertex GVE-032PO 右ダブル出しマフラー:ユーザーレビューページ】

ガナドール Vertex GVE-033PO 左右4本出しマフラー

引用元:www.ganador.co.jp

モデリスタのエアロを装着しているC-HRに取り付けることができるマフラーで、左右4本だしの迫力は、まさに『圧巻』の一言。近未来を想像させるC-HRのデザインをより鋭敏化し、本来持っているポテンシャルまでも引き出すことで燃費の向上を実現しました。排気音量は多少上がりますが、それでも保安基準内の数値。使い勝手とコスパの良いマフラーです。

【ガナドール Vertex GVE-033PO 左右4本出しマフラー:ユーザーレビューページ】

ジャオス BATTLEZ ZS

引用元:www.jaos.co.jp

右側から1本出しとなった砲弾型マフラーは、サウンドアップされた排気音によって、渋みのあるスポーティな仕様。

C-HRにスポーツ性を加えつつも、街中でも安心な抑えの効いたサウンドは、他の人達を気にすることなく、軽快な吹け上がりを楽しむことができるでしょう。新騒音規制の基準をクリアしている証明書が付いているので、車検も安心して通すことができます。

【ジャオス BATTLEZ ZS:ユーザーレビューページ】

HKS LEGAMAX Premium

引用元:www.hks-power.co.jp

車種別に設計されたテールデザインによって、C-HRのリアにもピッタリの形状とデザイン。端正なスタイルとスポーツ志向の高いリアビューに仕上げることができます。

ドレスアップ面だけでも十分な仕上がりですが、走行性能も向上し、最適な排気効率によってパワー向上を狙うことができます。また音量についても、JASMA認定商品なので、車検も安心です。

【HKS LEGAMAX Premium:ユーザーレビューページ】

ガナドール Vertex GVE-033DBL 左右4本出しマフラー

引用元:www.ganador.co.jp

左右4本出しのマフラーエンドは、色鮮やかなチタンのブルーグラデーションが施されており、魅惑的な後姿を演出してくれます。C-HRが持つ独特な雰囲気を更に強調させることができるマフラーは、ドレスアップのデザイン性も抜群。

走行性能を向上させるエンジンパワーを向上させたり、トルクをアップさせることによって、結果的に燃費までも向上させることに成功しています。

【ガナドール Vertex GVE-033DBL 左右4本出しマフラー:ユーザーレビューページ】

柿本改 GTbox 06&S

引用元:www.kakimotoracing.co.jp

TRDのエアロが装着されているC-HRでも装着することができるマフラー。テールエンドはチタングラデーションが施されていることによって、リアビューをより華やかに、そしてスポーティに彩ることができます。対応しているのが4WDの方だけになりますが、2WDについても開発中ということで、全てのC-HRのガソリンターボの柿本サウンドを効くことが近々できそうです。

【柿本改 GTbox 06&S:ユーザーレビューページ】

ブリッツ NUR-SPEC VSR Quad

引用元:www.blitz.co.jp

左右2本出しのマフラーは、サウンドと見た目、そして走行性能の3つの役割を全て向上させることができるものとなりました。

低音から高音までがしっかりと響きながらも、決して騒がしいとは思えない音量。リアから見た姿は、スポーツ性を高めたドレスアップとなり、下からしっかりとトルクが出てくるように開発された性能は、C-HRの真のポテンシャルを引き出してくれることでしょう。

【ブリッツ NUR-SPEC VSR Quad:ユーザーレビューページ】

ロッソモデロ COLBASSO TI-C

引用元:store.shopping.yahoo.co.jp

新基準の音量規制に適合したスポーツマフラーを手に入れるなら今しかありません。純正エアロに対応した取り回しとなっているので、残念なことにTRDやモデリスタエアロ装着車には取り付けることができません。

しかしながら、純正よりもマフラーが1.2kgも軽くなり、さらにはチタンのグラデーションカラーによって、鮮やかな色合いを取り入れた後姿を手に入れることができますよ。

【ロッソモデロ COLBASSO TI-C:ユーザーレビューページ】

フジツボ AUTHORIZE R

引用元:www.fujitsubo.co.jp

他のマフラーとは一風変わった位置にテールエンドを設け、センターよりの2本出しマフラーとしています。派手さという点では控えめな見た目になっていますが、他の人との差別化を図りたい人にとってはピッタリのマフラーになるでしょう。

グラデーションカラーにも変更することができますので、好みの色にできます。また、音量が少し上がってしまってもJASMA認定基準に適合しているので、安心して使えます。

【フジツボ AUTHORIZE R:ユーザーレビューページ】

まとめ

マフラーを変更することによって、エンジンの出力を向上させたりすることはできますが、マフラーメーカーが一番苦戦しているのは、出力を向上させながらも、音量を抑えること。

実際にはなかなか難しいようで、新騒音規制に対応しようと躍起になっている最中です。そのため、今はまだマフラーの種類が少ないですが、今後は新たな技術を使用した音量を抑えながらも、乗っている人にフィーリングの良さを伝えていくマフラーを開発して、販売してくれることでしょう。C-HRも今後まだまだ人気の高まっていく車ですから、マフラーを交換して楽しく乗っていきましょう。