NBロードスター用マフラー4選紹介します!

2019年07月13日

NBロードスター用マフラー4選紹介します!

labelロードスター

今回は、1998年に登場した2代目のNB型ロードスターに焦点を当てます。基本コンセプトはそのままに、初代のリトラクタブルライトを廃止するなど新しいデザインへと生まれ変わり、20年近く経った今でも根強い人気があります。今回は、2代目ロードスターの性能をより引き出すマフラーを4点を厳選してご紹介します。

NBロードスターのマフラーを選ぶうえでの注意点

今回は2代目NB型ロードスター向けのマフラーをご紹介しますが、性能やデザインの他に「車検適応品」のマフラーを基準に選ばせていただきました。

マフラーには「車検適応品」と「競技専用品」があり、「競技専用品」のマフラーを装着する場合、「車検適応品」以上の性能向上が期待できますが、そのマフラーを装着したままの公道走行ができなくなります。

また「車検適応品」や形式が適合しても、お乗りになっているロードスターのカスタム度合いによっては取付不可能であったり騒音値が基準値を超える場合もあるので、注意しながらお気に入りのマフラーを探しましょう。

NBロードスター用マフラーおススメ4選!

フジツボ パワーゲッターマフラー POWER Getter

引用元:https://www.fujitsubo.co.jp/products/detail/2802

日本生まれの老舗マフラー専門製造メーカー「藤壺技研工業株式会社(通称:フジツボ)」の「POWER Getter」シリーズは、中間パイプからテールデザインまで排気効率を重視したデザインとなっており、エンジンの排気をスムーズに流すと共に、図太い76.3φのテールデザインによりエンジンの重低音をより響かせることができます。

フジツボ パワーゲッターマフラー:ユーザーレビューページ

柿本 改 HYPER FULLMEGA N1+ Rev.

柿本改(かきもとレーシング)もフジツボ社と同じ日本のマフラー専門製造メーカーとして非常に人気があります。こちらの「HYPER FULLMEGA N1+ Rev. (ハイパーフルメガ エヌワンプラス レヴ)」は、同社の競技仕様品であった「FULLMEGA N1+」を、ストリートにも使用できるよう車検適応品として開発されたマフラーです。

エンジンのレスポンス向上や排気効率はそのままに、音量をより穏やかにしているのが特徴です。

柿本 改 HYPER FULLMEGA N1+ Rev:ユーザーレビューページ

5ZIGEN ゴジゲン マフラー Pro Racer ZZ

引用元:http://www.5zigen.co.jp/products/muffler/zz.html

「5ZIGEN(ゴジゲン)」社は、マフラーの他にもホイールやエンジンパーツ等も製造している会社です。車検適応マフラーシリーズ「Pro Racer ZZ(プロレーサーZZ)」は、軽量尚且つ錆びにくい薄型ステンレス素材を採用し、エンジンの排気がスムーズに流れやすいパイプの取り回しデザインが特徴です。

Jet`s ビートサウンドマフラー

引用元:http://www.integral-kobe.co.jp/products/detail.php?product_id=8

兵庫県に会社を置くチューニングメーカー「株式会社インテグラル神戸」が手掛けるオリジナルパーツブランドが、この「Jet’s」です。NBロードスター用マフラー「ビートサウンドマフラー」は「音」に徹底的にこだわって設計され、純正と同様のタイコ型マフラーで静粛性を保ちつつも、より甲高いエンジンサウンドを純粋に楽しみたい方におすすめのステンレス製マフラーです。

近年ではこのマフラーを取り付けるユーザーの方も増えてきている話題の商品です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?登場してから幾分年月が経ちましたが、未だに人気が衰えないライトスポーツオープンカー「マツダ・2代目NB型ロードスター」に焦点を当てて、それに似合うマフラーを厳選しご紹介させていただきました。

厳選した4点のマフラーはいずれもロードスターの性能や魅力をさらに引き出すものばかりでしたが、今回ご紹介できなかった商品も数多く存在します。ぜひ一度探してみて、お気に入りのものを見つけてみてはいかがでしょうか?