【15・14インチ編】12系ノート用おススメのタイヤ計20選をご紹介します!

2019年07月03日

【15・14インチ編】12系ノート用おススメのタイヤ計20選をご紹介します!

labelノート

12系ノートに乗られているオーナーさんは見るしかありません!純正サイズのタイヤをそろそろ履き替えを検討している人にとっては、見ておいて損はない情報です。各グレードによって違うタイヤサイズを一覧化して、それぞれのタイヤサイズでのおすすめタイヤをジャンル別に紹介していきます。

12系ノートの純正タイヤサイズ

コンパクトカーにeパワーを搭載したグレードも存在している日産ノート。使い勝手の良いサイズ感で、燃費も良く多くの方に親しまれている車です。スポーツ仕様の「nismo」グレードもあり、走ることの楽しみを実感することもできるでしょう。その12系ノートから販売されているグレードによって、タイヤサイズは4種類に分けられており、以下にサイズを一覧にしています。

  • 205/45R17
  • 195/55R16
  • 185/65R15
  • 185/70R14

ベースグレードとなるサイズとスポーツ仕様となるサイズで大きさが異なりますので、ある程度の見分けはしやすくなっています。

185/65R15サイズの12系ノートにおすすめタイヤ10選!

ノートのグレードの中で最も装着している数が多いのが、このタイヤサイズです。15インチで65の扁平率なので、タイヤの価格は程よく安く、乗り心地も良いタイヤサイズです。他の大きなサイズに比べると、価格が安くなっている分、性能の良いタイヤを選ぶことができそうですね。

低燃費(エコ)タイヤ

コンパクトカーの燃費は、年々良くなっていってます。一昔前であれば考えられなかったリッター20kmを超える車まで出てきていますので、その燃費を支えるタイヤも低燃費を重視したタイヤにしなくてはならないでしょう。ノートも低燃費志向の車両が多くありますので、燃費を考えたタイヤの選定が大切です。

グッドイヤー GT-ECO Stage

販売価格:¥5,870

低燃費タイヤの指標となる転がり抵抗ランクAの評価をもらっているタイヤで、タイヤが回転するときに発生する抵抗をなるべく減らすことによって、エンジンの動力を使わずに燃費の良い走りができるようになっています。

トーヨー SD-7

販売価格:¥5,019

低価格で経済的になっているだけでなく、燃料代がなるべく増えないように低燃費タイヤとなっていることで、車に乗る人の手助けをしてくれます。燃費の良さは、転がり抵抗性能の良さがあるから成り立っています。

ブリジストン NEXTRY

販売価格:¥6,814

ブリジストンのタイヤの性能は、どのタイヤであっても高性能になっていますが、ネクストリーは低燃費性能に特化して開発されています。いろいろな人に使って実感してもらえる燃費性能だけでなく、高い走行性能も合わせて実感できるでしょう。

コンフォートタイヤ

燃費性能も欲しいけれど、走行性能も落としたくないと考えている人にとっては、コンフォートタイヤのようにバランスの取れた性能がおすすめと言えます。走っているときの安定感や、コーナリング時のふらつきの低減、人が乗ったり荷物を載せても変わらない乗り心地。これらは車の性能だけでなく、タイヤの性能にも依存するところがあります。

トーヨー NANOENEGY3 PLUS

販売価格:¥7,119

普段の走行での性能は、待ち乗りでの乗り心地であったりしますが、旅行に行ったりする場合であれば、高速での走行もあり、高速走行安定性も必要になってきます。安定性のある走行をしながらも燃費性能もあるスタンダードタイヤです。

コンチネンタル ConfortContact 6

販売価格:¥8,934

快適な車内空間を確保するために、ロードノイズを抑えて、乗り心地の良い居住性となっているので、一緒に乗っている人も居心地のいい乗り心地になってくれます。タイヤの性能によって乗り心地は左右されるところが大きくありますので、良いタイヤです。

デルマックス ULTIMATOUR

販売価格:¥3,490

ウェット性能を高めるためにも、トレッド面に大きな4本の溝を設けてあり、排水性能を向上させており、ハイドロプレーニング現象が起きないように工夫されています。また、乗っている人が心地よく乗れるように、静粛性能を向上させています。

ブリジストン Playz PX-C

販売価格:¥12,080

プレミアムコンフォートにまでは及ばずとも、左右非対称パターンを採用したことによって高速安定性を向上させており、速度が出たときにもふらつきが少ない状態で走行することができるようになっています。

プレミアムコンフォートタイヤ

コンフォートタイヤの性能をもうワンランク上げたものがプレミアムコンフォートタイヤです。操舵性や高速安定性などの性能が向上しているのはもちろんのことですが、一番の特徴は静かな乗り心地でしょう。

ダンロップ LE MANS V

販売価格:¥8,066

高速安定性やウェット性能、燃費性能などの全ての性能が高次元でバランスが取られており、それに加えて静粛性が高くなっているので、ロードノイズを抑えて、車に乗っているときに居心地の良い空間を堪能することができます。

ブリジストン REGNO GR-XⅡ

販売価格:¥11,400

安定した性能を発揮してくれるブリジストンタイヤから、他のタイヤよりも性能のよくなったタイヤが登場しました。高級車に使用されるような性能は、走行安定性が抜群になっているだけでなく、静粛性が大きく向上しており、ロードノイズの低減に貢献しています。

スポーツタイヤ

このタイヤサイズであれば、あまり馴染みのないスポーツタイヤですが、十分に性能を発揮してくれます。路面から伝わる感触や、車が走り出そうとする感覚をダイレクトにタイヤから運転者に伝えてくれるので、走る喜びを見出すことができるでしょう。

ファルケン ZIEXZE914F

販売価格:¥7,828

ファルケンのスポーツタイヤですが、低燃費仕様にもなっています。走行性能を向上させて、走りを充実させながらも燃費性能を向上させたことによって、走りを楽しみながらいろいろなところへ行ける燃費を実現しています。

185/70R14サイズの12系ノートにおすすめタイヤ10選!

ノートのグレードで、一番小さいタイヤサイズがこの14インチサイズになります。14インチになると、タイヤの厚みがあるので、ふわふわとした乗り心地になり、コーナリングではタイヤのよじれが大きくなるので、スポーツ走行には向いていません。ゆったりと走る人が乗るタイヤサイズになるため、燃費性能を意識したタイヤを紹介していきます。

低燃費(エコ)タイヤ

燃費性能は、車のエンジンだけでなく、タイヤの性能も重要なファクターになってきます。タイヤが転がるときの抵抗があればあるほどに、エンジンの力を使わなくてはいけなくなってしまいます。

ロードストーン N-BLUE ECO SH01

販売価格:¥3,863

大手のタイヤメーカーであるネクセンの欧州向けブランドです。ヨーロッパでの規格であるETROTOをクリアしており、日本では低燃費タイヤの基準となる転がり抵抗性能とウェット性能も合格しています。

ファルケン SINCERA SN832i

販売価格:¥4,231

日本の低燃費基準である転がり抵抗性能とウェット性能をクリアしているタイヤです。燃費が良くなるように、トレッド面のベルトやサイドウォールに改良を加えたことによって、これまでになかった燃費性能を実現しています。

トーヨー SD-7

販売価格:¥4,380

燃費を向上させるためには、車の性能だけじゃなくてタイヤの性能も必要になってきます。タイヤ自体の転がり抵抗性能を向上させることで、エンジンの動力を極力追加で使用せずに走ることができるので、燃費が良くなっています。

ブリジストン NEXTRY

販売価格:¥6,079

タイヤとしての性能として、路面に食いつくグリップ力を保持したままで、人が乗っているときにも安定した性能を発揮できる剛性感を向上させた低燃費タイヤです。タイヤが転がるときの抵抗をできる限り減らせるようにしています。

グッドイヤー GT-ECO Stage

販売価格:¥5,250

タイヤの回転方向が定められていないので、磨耗してきたらタイヤローテーションをして4本のタイヤが均等に磨耗するように使用することができます。転がり抵抗性能ランクAを獲得し、安定した品質を保持しています。

コンフォートタイヤ

燃費性能を保持したままでタイヤの性能も向上させようとすると価格はどうしても上がりますが、それでもワンランク上のタイヤを使ってみると、車の動きがよくわかり、安心して乗ることができるようになるでしょう。

ダンロップ ENASAVE RV504

販売価格:¥5,727

本来はミニバンに使用するタイヤですが、重量のあるミニバンを支えるために剛性の高いタイヤとなっていることから、コンパクトカーであるノートに取り付ければふらつきを抑えて安定感のある走行ができるようになります。

ヨコハマ ECOS ES31

販売価格:¥5,700

環境に配慮されているタイヤではありますが、コンフォートタイヤとしての性能を十二分に発揮してくれる商品です。低燃費性能もそこそこに高くなっており、コンパクトカーが感じる高速走行時のふらつきを抑えてくれます。

ハイフライ HF201

販売価格:¥3,800

アジアンタイヤとして格安で販売されているハイフライタイヤです。価格が安いと性能が落ちると思ってしまいがちですが、近年のアジアンタイヤの性能の向上は著しくなっており、国産タイヤと遜色ないほどになっています。

プレミアムコンフォートタイヤ

プレミアムコンフォートタイヤを履くと、これまで使ってきたタイヤとは全く違う次元なのだと実感することができます。走行中の安定感も抜群となり、ロードロイズが圧倒的に静かになることで、運転中の雑音が低減されます。

ブリジストン REGNO GR-XⅡ

販売価格:¥10,775

上質な車内空間を提供するために開発された、プレミアムコンフォートタイヤとなるレグノ。その性能は、抜きん出ており、高級車にも使用されているほどに静粛性の高いタイヤとなっています。1度使えば病み付きになる静かさです。

スポーツタイヤ

スポーツタイヤの性能は、走ることに関しては抜群なのですが、値段が高くなる傾向があります。それだけタイヤメーカーが技術を注いで作られている商品なので、信頼性もあり、走るためには必要な性能が盛り込まれています。

コンチネンタル ContiRremiumContact 5

販売価格:¥10,100

スポーツタイヤに必要とされているのは、グリップ力です。路面にタイヤがしっかりと食いついてくれることで、前に進もうとする力や踏ん張る力が発生します。そのためコンパウンドが柔らかくなっていることが必要です。このタイヤは柔らかいゴムによって、路面を離しません。

タイヤサイズはどこに書いてある?

自分の装着しているタイヤサイズを確認するには、実際にタイヤを見ることで確認できます。タイヤのサイド部(メーカーロゴが書いてあるところ)をみると、タイヤサイズの「185/65R15」と刻印のようになっています。どのタイヤであっても必ず書いてありますので、確認してみましょう。ただし、横に書いてある数字がタイヤが古くなっていたり、擦ってあったりすると見えなくなっていることもありますので、注意が必要です。

グレード別ノートの純正タイヤサイズ一覧

205/45R17を装着しているグレード

駆動 グレード トランスミッション
2WD ニスモS 5MT

195/55R16を装着しているグレード

駆動 グレード トランスミッション
2WD ニスモ CVT
2WD e-power ニスモ CVT
2WD e-power ニスモS CVT

185/65R15を装着しているグレード

駆動 グレード トランスミッション
4WD ライダー CVT
2WD ライダー(DDR) CVT
2WD ライダー(DE) CVT
2WD S DIG-S CVT
4WD X FOUR エアロスタイル CVT
2WD X DIG-S エアロスタイル CVT
2WD X エアロスタイル CVT
4WD アクシス エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
4WD アクシス CVT
2WD アクシス(DDR)エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
2WD アクシス(DDR) CVT
4WD ライダーブラックライン エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
4WD ライダーブラックライン CVT
4WD ライダー エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
2WD ライダーブラックライン(DDR)エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
2WD ライダーブラックライン(DDR) CVT
2WD ライダーブラックライン(DE)エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
2WD ライダーブラックライン(DE) CVT
2WD ライダー(DE)エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
4WD X FOUR エアロスタイル エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
4WD X FOUR エアロスタイル CVT
2WD X DIG-S エアロスタイル エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
2WD e-power メダリスト CVT
2WD e-power S CVT

185/70R14を装着しているグレード

駆動 グレード トランスミッション
4WD X FOUR CVT
2WD メダリスト CVT
2WD X DIG-S CVT
2WD X CVT
2WD S CVT
4WD アクシス CVT
2WD アクシス CVT
2WD アクシス(DE)エマージェンシーブレーキパッケージ CVT
2WD アクシス(DE) CVT
2WD X DIG-S ブラナチュールインテリア CVT
2WD e-power X CVT
2WD オーテック CVT

まとめ

12系ノートが販売を開始したのが、2012年からになります。コンパクトカーということで、小回りも利き、それなりのパワーもあることから人気の車種なので、多くの台数が世の中に出回っています。グレードも様々あり、使う用途に応じて、また好みに応じて選ばれていることから、自分が何にノートを使うのかを考えて、それに見合ったタイヤを選んであげると良いでしょう。