KE系 CX-5 オーナー必見!おススメホイール10選!装着例もご紹介します!

2019年07月01日

KE系 CX-5 オーナー必見!おススメホイール10選!装着例もご紹介します!

labelCX-5 labelホイール

SUVブームから、CX-5を購入されたという方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。初めてのSUVがCX-5という方も多いでしょう。

KE系 CX-5に装着可能なカスタムホイール10選!

車のカスタマイズに欠かせないのが、ホイール選びです。

KE系CX-5は2012年2月~2017年2月まで販売されたSUVで、人気も高いことから多くの台数が販売されました。ホイールをカスタマイズすることで、他車と大きく差をつけることができます。

CX-5に似合う厳選したホイールをまとめましたので、自分好みのホイールを探してみましょう。

KYOHO シャレンXF-55 monoblock

引用元:http://ame-wheels.jp/xf55-mono.html

モノブロックでしか再現できないディテールとデザインんは、CX-5を上質に演出してくれます。独特の5×2本スポークが、リムにつながることで、ホイールを大きく見せる特徴があります。

設定サイズ

  • 17インチの価格:¥38,000+消費税
  • 18インチの価格:¥43,500+消費税~¥44,000+消費税
  • 19インチの価格:¥51,000+消費税
  • 20インチの価格:¥58,000+消費税

カラーバリエーション

  • ダイヤモンドフィニッシュ×ブラウンドブラック

WORKエモーション11R

引用元:https://www.work-wheels.co.jp/search/detail/47/

WORKのレーシングデザインとして販売される、エモーションシリーズの11Rは、名前の数である11本のフィンで構成されたホイールです。CX-5のスポーティーなデザインを、よりアグレッシブなスタイルに変身させます。

設定サイズ

  • 17インチの価格:¥38,000+消費税~¥41,000+消費税
  • 18インチの価格:¥42,000+消費税~¥45,000+消費税

センターキャップとスポーツデカールは、オプションアイテムとなります。

センターキャップは各色1個¥3,000+消費税、スポーツデカールは、各色1枚¥1,500+消費税。

カラーバリエーション

  • マットブラック
  • グリミットシルバーダイヤモンドカットリム

BADXロクサーニ タルカス

引用元:http://www.badx.jp/loxarny/tarkus/index.html

メインスポークの形が、剣をモチーフにしたデザインが印象的で、ホイールセンター部分で、ホイールナットを突き刺すイメージが印象的です。メインスポークの間に、サブスポークを配置し、全てのスポークがリム部分に到達することで、ホイールを大きく見せる効果がり、大柄なCX-5にピッタリのホイールです。

設定サイズ

  • 17インチの価格:¥34,000+消費税
  • 18インチの価格:¥36,000+消費税~¥37,000+消費税
  • 19インチの価格:¥41,000+消費税~¥42,000+消費税
  • 20インチの価格:¥49,000+消費税

カラーバリエーション

  • ブラックポリッシュ

RAYSホムラ2x9

引用元:https://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=2X9

RAYSのホイールは、自社一貫製造を行っており、ALL MADE IN JAPANにより安心とクオリティーを提供しています。ホムラ2×9は、ナインクロススポークが走りを予感させ、高級車のみならずSUVであるCX-5にもマッチする、ホムラ随一の大口径モデルです。

設定サイズ

  • 18インチの価格:¥43,000+消費税~¥44,000+消費税
  • 19インチの価格:¥47,000+消費税~¥49,000+消費税
  • 20インチの価格:¥54,000+消費税

カラーバリエーション

  • グロッシーブラック/リムエッジDMC(HL)
  • スパークプレーテッドシルバー/リムエッジDMC

黒いボディーカラーのCX-5には、グロッシーブラック/リムエッジDMC(HL)の黒いホイールが良く似合います。そして、スパークプレーテッドシルバー/リムエッジDMCは、ボディーカラーを選ぶことなく、CX-5を高級にカスタマイズします。

BADXロクサーニ マグナス

引用元:http://www.badx.jp/loxarny/magnus/index.html

ポリッシュ加工されたY字のスポークが直線的で、スタイリッシュにCX-5をカスタマイズすることができます。また、Y字スポークとの間には、繊細なサブスポークがバランスよく配置されてホイールにインパクトを与えています。

設定サイズ

  • 17インチの価格:¥34,000+消費税~36,000+消費税
  • 18インチの価格:¥38,000+消費税~¥40,000+消費税
  • 19インチの価格:¥46,000+消費税~¥48,000+消費税
  • 20インチの価格:¥54,000+消費税~¥56,000+消費税

カラーバリエーション

  • ブラック/ポリッシュ
  • ブラックポリッシュ/レッドクリア

ブラック/ポリッシュは、y字スポークをポリッシュ仕上げしてあり、ブラックポリッシュ/レッドクリアは、Y字スポークをレッドクリアで塗装してあります。

RAYSボルクレーシング G25

引用元:https://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=G25

G25は、鍛造ホイールで、ディスク面が凹んだコンケイブ形状の美しいシルエットを作っています。スポークの美しいアールは、レーシーな雰囲気を高め、CX-5をワンランク上のスタイルにカスタマイズすることができます。

設定サイズ

  • 18インチの価格:¥70,000+消費税~¥75,000+消費税
  • 19インチの価格:¥78,000+消費税~¥84,000+消費税

カラーバリエーション

  • フォーミュラシルバー/ブラッククリアー/リムエッジDC (CB)
  • マットガンブラック/リムエッジDC (MT)

オプションカラー

  • ハイパーブルー(HL)
  • ハイパーレッド(HR)
  • レーシンググリーン(IG)
  • ハイパーゴールド(HO)

各¥1,000+消費税で選択可能。(ハイパーゴールド(HO)のみ¥2,000+消費税)

WEDS クレンツェ ヴェラーエ

引用元:https://www.weds.co.jp/kranze/verae.html

高級車や高級SUVなどに人気のあるクレンツェの中から、スポークに躍動感のあるヴェラーエがCX-5によく似合います。クレンツェが人気なのは、3ピースホイールだからできる各パーツのカラーコーディネートです。

ディスク面からリム、そしてピースボルトにセンターキャップなどを、カスタムメニューから選んで好みのホイールにすることができます。

設定サイズ

  • 19インチの価格:¥113,500+消費税~¥120,500+消費税
  • 20インチの価格:¥121,500+消費税~¥127,500+消費税

カラーバリエーション

  • ハイパークローム
  • SBC/ポリッシュ
  • ミラーバレル/ブラッシュド(受注生産)
  • ブラック/ポリッシュブロンズクリア(受注生産)
  • マットブラック(受注生産)

この他、クレンツェ受注カラーから選ぶことができます。

SSRプロフェッサーSP1

引用元:https://www.rd-tanabe.com/ssr/product/ssr-professor-sp1/

CX-5をピュアスポーツルックにしたいなら、SSRプロフェッサーSP1がおすすめです。段リム+5本スポークは、車高を落としたCX-5によく似合います。軽くて強度のあるホイールなので、ハード走行に強いのも魅力です。

設定サイズ

  • 18インチの価格:¥75,000+消費税~¥88,000+消費税
  • 19インチの価格:¥85,000+消費税~¥100,000+消費税
  • 20インチの価格:¥99,000+消費税~¥112,000+消費税

カラーバリエーション

  • シルバー
  • ブラック

また、特殊カラーとして、「S.B.C(スーパーブラックコート)」13,000+消費税UP、オプションカラーを13色4,000+消費税UPで用意しています。

RAYSチームデイトナ M9

引用元:https://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=M9

SUVらしさを強調するために、チームデイトナ M9を装着すれば、CX-5を本格オフローダーにカスタマイズすることができます。1ピース構造でありながら、複数のパーツで構成されているかのようなデザインは、ワイルドで力強さをアピールしています。

設定サイズ

  • 16インチの価格:¥41,000+消費税~¥43,000+消費税
  • 17インチの価格:¥44,000+消費税~¥46,000+消費税

カラーバリエーション

  • マットブロンズ/リムダイヤモンドカット (Z5P)
  • ブラック/ディスククリアスモーク (BBP)

RAYS HFULL CROSS クロススリーカーズT6

引用元:https://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=T6

RAYSから、SUVのために生まれたホイールが、クロススリーカーズです。CX-5のデザインを損なうことないように、スポークが主張しすぎず、しかし迫力のある足回りを演出してくれます。

設定サイズ

  • 18インチの価格:¥42,000+消費税

カラーバリエーション

  • ブラックマシニング

アナタはどんなデザインがお好み?KE系 CX-5に似合うホイールデザイン

ホイールデザインには、「スポーク」「メッシュ」「ディシュ」「フィン」の4タイプがあります。

そこで、CX-5に実際に装着している例を挙げてみましたから、あなたの好みを見つけてみましょう。

スポーク

スポークホイールは、SUV のCX-5をかなりスポーティーなデザインにカスタマイズできます。

メッシュ

メッシュタイプは、以前から高級車に好んで履かせていたホイールデザインなので、メッシュタイプをCX-5に履かせれば、高級でエレガントな雰囲気にカスタマイズできます。

フィン

フィンタイプのホイールは、変に飾らずにカジュアルな雰囲気にクルマをまとめてくれます。フィンタイプはどのようなデザインの車種にもマッチするので、SUVであるCX-5にも違和感なく装着することができます。

CARTUNEユーザーから紹介!インチ別装着実例!

ホイールの大きさで、クルマのイメージは大きく変わります。

そこで、実際に装着しているホイールの大きさごとに実例をご紹介しますので、ホイールの大きさの装着イメージをしてみましょう。

17インチ

17インチは、純正サイズで用意されていますが、大柄なCX-5には小さく見えます。

しかし、この紹介した装着例のように、スポークがリムまで伸びているホイールを選ぶと、17インチとは思えない大きさに見えます。

19インチ

19インチのホイールは、CX-5のボディーの大きさと程よくマッチします。19インチであれば、ホイールが主張しすぎず、CX-5をさりげなくカスタマイズできます。

20インチ

20インチのホイールを履くと、扁平率が低くなるので、ホイールをカスタマイズしているのがよくわかります。CX-5で、ホイールのカスタマイズは20インチが定番となっており、このサイズを装着している車両が多いです。

KE系 CX-5の純正ホイールサイズ

KE系CX-5 のホイールサイズは2種類あります。

インチ数(大きさ) オフセット J数(幅) タイヤサイズ
17インチ +50mm 7J 225/65R17
19インチ +50mm 7J 225/55R19

このサイズは、CX-5を注文する時にメーカーオプションで選ぶことができるホイールサイズです。

純正で履けるサイズは?

CX-5では、各グレードのベースグレードは17インチが標準装備となっていますが、CX-5では、全てのグレードで同じサイズのホイールを履かせることができます。純正で履けるサイズは、下は16インチから、上は21インチまで履くことが可能です。

ホイール選びの上での注意点

ホイールを選ぶ時に、インチダウンする場合は、ブレーキ機構との干渉の恐れがあるので、あまり小さいインチサイズのホイールを履くことができません。

逆に、大きなホイールを履いてタイヤを太くしたい時には、ボディーからタイヤやホイールがはみ出るのを防ぐために、キャンバーをつけたり、フェンダーとの干渉を避けるために、フェンダーの爪折をするなどの工夫が必要となります。

まとめ

KE系CX-5に履くことができる、ホイールを紹介してきました。車のカスタマイズを始めるにあたり、最初に行いたいのがホイール交換となります。ホイールは、高価なだけにしっかりとした調べをする必要があります。ここで紹介したホイールや、実例を参考に、自分に合ったホイールを探して自分だけのCX-5にカスタムしましょう。