アルテッツァ用マフラーおススメ5選紹介します!

2019年06月30日

アルテッツァ用マフラーおススメ5選紹介します!

labelアルテッツァ labelマフラー

普通のセダンに見せかけて、ハイパワーエンジンを搭載し走行性能にも定評があります。そんな未だに根強い人気を誇るアルテッツァにおすすめのマフラーを紹介していきます。

アルテッツァのマフラーを選ぶうえでの注意点

マフラーを選ぶときの注意点としては、やはりパイプ径はよく確認しておかないと、購入してから装着できないという事態に陥ります。

また、車検の時に重要なポイントになる音量も忘れがちなので、購入前に確認しておきたいです。

現在は96デシベル以上で車検に通らないので、サイレンサーを装着したりしなくても、通常の状態で車検に通るのが理想です。

そして、マフラー出口が大きいとバンパーを溶かしますし、段差でマフラーを損傷させるので、サイズ感も考慮して選んでいきましょう。

アルテッツァ用マフラーおススメ5選!

5ZIGEN 304 SPEED

引用元:www.5zigen.co.jp

純正マフラーよりも低くて、太い音にしたいという方には5ZIGEN製の304 SPEEDマフラーがおすすめです。

トンネルで窓を開けてアクセルを踏んで走行すると、会話できないほどの爆音ですから、排気音フェチにはたまらないでしょう。

しかし、音に特化したようなマフラーなので、排気音はかなり良くなりますが、抜けが良くなりすぎて加速が鈍いと感じることもあると思われます。

cartuneのユーザーレビューを参照してみよう!https://cartune.me/items/148067

FUJITSUBO POWER Getter

引用元:www.fujitsubo.co.jp

排気音は甲高く、エンジンの回転数を上げると心地よいサウンドを奏でてくれます。

気になる車検にも通る音量に抑えられていながらも、満足する排気音を両立させるのは流石FUJITSUBO製といったところでしょう。

ここで紹介しているPOWER Getterは、マフラーのタイコ部分と出口部分が大きいので、バックで駐車する時は縁石に注意しなければなりません。

cartuneのユーザーレビューを参照してみよう!https://cartune.me/items/148633

GPSPORTS EXAS EVO Tune

引用元:www.gpsports-gallery.com

マフラーをカスタムしたいけど、爆音マフラーは嫌だという方向けにおすすめしたいのが、GPSPORTS製のEXAS EVO Tuneです。

車の窓を閉めて走行したり、普通に街乗りすると物足りなさを感じるほど、排気音が抑えられており、控え目な印象だと思われるでしょう。

しかし、少しアクセルを踏み込むと一気に迫力ある音を奏でます。

マフラーの出口はチタンが採用されているので、スポーティに演出しますよ。

cartuneのユーザーレビューを参照してみよう!https://cartune.me/items/148739

HKS silent Hi power

引用元:www.hks-power.co.jp

こちらのマフラーを装着することで、パワーアップが図られ、排気効率も上がるマフラーとなっています。

なので、NAのハイパワーエンジンを搭載しているアルテッツァだからこそ、性能面を重視したsilent Hi powerがおすすめです。

また、アルテッツァに装着するモデルをはじめとして、一部モデルにはサイレントチャンバーという消音装置が装着されているので、ハイパワーを実現しながら静粛性も兼ね備えていますよ。

cartuneのユーザーレビューを参照してみよう!https://cartune.me/items/148795

KAKIMOTO RACING R

引用元:www.kakimotoracing.co.jp

マフラーで有名なKAKIMOTO RACINGでおすすめしたいモデルが「R」です。

太い砲弾マフラーでアルテッツァのリアに迫力が出ますよ。

もちろんサウンドもKAKIMOTO RACING製らしい乾いた心地よいサウンドが、高回転になればなるほど響きます。

cartuneのユーザーレビューを参照してみよう!https://cartune.me/items/148998

まとめ

アルテッツァはセダンで、スポーティさも兼ね備えている為、太いマフラーが似合うでしょうね。

太くて排気音が爆音なマフラーや、性能面重視のマフラーなどがありますので、マフラーをカスタムする時に求める要件を決めておくと良いでしょう。