トヨタ・アルファード(30系)を徹底解説!マイチェン前後での比較もしちゃいます

2018年10月20日

トヨタ・アルファード(30系)を徹底解説!マイチェン前後での比較もしちゃいます

labelアルファード

アルファード(30系)についての解説記事。先代アルファード(20系)からのモデルチェンジにあたっての開発経緯、スペックなどを解説。2018年1月のマイナーチェンジで後期型へ移行したが、どのようなポイントが進化したのかについても、項目別に解説していきます。

アルファード(30系)ってどんな車?

3代目アルファード(30系)は、「ミニバンの頂点」を極めたクルマではなく、「大空間高級サルーン」という新しいジャンルのクルマとして、「GRANDELUXE(最高の質的贅沢を極めるクルマ)」をコンセプトに開発されました。

30系アルファードはユーザーフレンドリーな設計となっており、ボディが大きくても運転が楽で疲れません。

乗り心地は良く、遮音性はとても高くなっています。また、室内は広く使い勝手が良いという評判です。

このように、30系アルファードは単純な見た目の豪華さや高級感にとどまらず更に一歩踏み込んだクルマになりました。

車速0km/h~100km/hまでの全ての速度域でシームレスに制御を行う全車速追従型レーダークルーズコントロール、カメラと超音波センサーを組み合わせることで従来よりも狭いスペースへの駐車を可能とした”インテリジェントパーキングアシスト2”、左右確認サポート&シースルービュー機能付きパノラミックビューモニターなど、先進的な制御システムも満載です。

また、前後最大1160㎜スライド可能な世界初の助手席スーパーロングスライドシートも特徴的です。

先代モデル(20系)よりも特に進化した点として、2列目シートの乗り心地の向上があります。

ミニバンは構造的にBピラー(センターピラー)より後ろの部分のボディ剛性が弱く、後部座席は揺れるし乗り心地が悪いという宿命を負っていました。

この常識を覆すべく、高張力鋼板の使用やスポット溶接の増し打ちにより、徹底的にボディ剛性の強化が図られました。

加えて、低床化によりただでさえスペースの確保が難しいミニバンにもかかわらず、1㎜単位で関連部品の配置・形状を変更をすることで、複雑なダブルウィッシュボーン式サスペンションのリアへの採用が実現しています。

こうした苦労が、2列目シートの乗り心地の向上に大きく貢献しています。

デザインは「豪華・勇壮」がテーマとされ、先代モデル以上に大胆でアクが強くなりました。

特にロアグリルと一体の大型メッキフロントグリルは30系の大きな特徴といえ、存在感は歴代モデルの中でも突出しています。

エンジンは2.5リッターの直列4気筒DOHCのハイブリッドモデルとガソリンモデル、3.5リッターのV型6気筒DOHCのガソリンモデルの3種が用意されています。

トランスミッションは、2.5リッターモデルがCVT、3.5リッターモデルが6速AT(マイナーチェンジ後は8速AT)となります。

ハイブリッドモデルは全車フルタイム4WD、ガソリンモデルはFFとフルタイム4WDの両方が選べます。

2.5リッターモデルでは、2列目・3列目シートがそれぞれ3人掛けとなる8人乗り仕様のグレードがありますが、3.5リッターモデルにはありません。

2列目シートの居住性を向上させた”エグゼクティブラウンジ”仕様は2.5リッターハイブリッドと3.5リッターに設定されています。

2018年1月のマイナーチェンジでどこが改良されたのか?

30系アルファードは2015年1月のデビューの後、2018年1月にマイナーチェンジが施され、後期型へと移行しました。

見た目の違い以外では一体どこが改良されたのでしょうか?

それでは、後期型で進化したポイントを見ていきましょう。

パワートレイン

まず3.5リッターV6モデルのパワートレインの変更です。エンジンが、筒内直噴とポート噴射の両インジェクターを備えた燃料噴射システム“D-4S”を採用する「2GR-FKS」に、またトランスミッションが、日本国内初採用となる「Direct Shift-8AT」に変更された結果、従来よりも省燃費となり、パワーも向上しました。

具体的には、JC08モード燃費が前期型が9.5km/Lに対して後期型が10.8km/L、最高出力が前期型が280ps(206kW)/6200rpmに対して後期型が301ps(221kW)/6600rpmです。

ボディ&足回り

ボディ剛性も、開閉しないガラスすべてに高剛性タイプの接着剤を使用したり、ボディの構造用接着剤の使用範囲を広げたりすることで、前期型よりさらに高められました。

足回りに関しては、サスペンションの基本構造はそのままですが、ショックアブソーバーの減衰力特性が見直され、操縦安定性および直進安定性が向上しました。

安全システム

プリクラッシュセーフティシステムについては、前期型に搭載されていたものは設計が古い故に歩行者の検知すらできませんでした。

後期型に新たに搭載された第二世代版の「トヨタセーフティセンス」は、センサー類の性能の進化により、昼間は自転車運転者の検知が可能なほか、夜間の歩行者検知能力も向上しています。また、緊急自動ブレーキ作動時の減速の度合いも拡大されています。

車線逸脱時にステアリング操舵制御により車線を維持する”レーントレーシングアシスト”、マルチインフォメーションディスプレイにカメラが認識した道路標識を表示する”ロードサインアシスト”、信号待ちなどで前車が発進した際にそのまま気づかずに停止している場合、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイ表示で知らせてくれる”先行車発進告知機能”も全車標準装備されており、運転支援機能は特に進化したポイントといえます。

このほかにも後期型より設定された運転支援機能として、先行車や対向車に光が当たる部分を自動的に遮光する”アダプティブハイビームシステム”、駐車場にてバックで出庫する際に左右後方から接近してくる車両を検知して知らせる”リヤクロストラフィックアラート”などがありますが、これらは全車標準装備の機能ではありません。

CARTUNEユーザーのカスタム例紹介

それでは、CARTUNEユーザーの方々の30系アルファードのカスタム例を見ていきましょう!

KUHL PREMIUMコンプリート!キノピーさんの30系アルファード

30後期のアグレッシブなデザインを見事に活かした「KUHL PREMIUM」のコンプリートアルファードです。

辰巳第一パーキングエリアの夜景と相まって、かなりカッコいいお写真となっています^^

純正+αのシンプルなカスタム!黒八さんの30系アルファード

「シンプルさは究極の洗練」、まさにこの言葉が似合う黒八さんのアルファード。

ホイールはWORKの「GRAN SEEKER」です。素晴らしいチョイス^^

希少なワインレッド!あるぱかっそさんの30系アルファード

希少な「ダークレッドマイカ」のボディカラーが印象的な、あるぱかっそさんのアルファード。

人と被らない色って、カスタムをするにしても純正で乗るにしても、所有欲を満たす一つの大きなポイントですよね^^

終わりに

さて、30系アルファードの特徴やマイナーチェンジでの進化ポイント、CARTUNEユーザーのカスタム例などを取り上げてきましたがいかがでしたか?

トヨタがいかに気合を入れて30系を開発をしたのかが少しでもお伝えできていたら幸いです。

ワンボックスの高級車というジャンルをここまで一般的に広めたアルファード、歴史的に見れば日産のエルグランドの方が同ジャンルにおいて先行していた経緯はありますが、後出しとはいえそれを大きく超えるモノを造り、進化させ続けていくトヨタ自動車は流石といえます。

東南アジアでも大変な人気を博している、アルファード。今後のモデルチェンジ展開も見逃せませんね!