フォグランプをLED化するメリット・デメリットとは?おすすめのフォグランプ

2018年07月09日

フォグランプをLED化するメリット・デメリットとは?おすすめのフォグランプ

label labelランプ

手軽にできるカスタムであるフォグランプのLED化。フォグランプをLED化する際のメリットやデメリットなどの情報や、カスタマイズする時におすすめのフォグランプなどの情報をご紹介します。これからカスタマイズをしようとしている方におすすめの情報をまとめましたので、ぜひご一読ください!

フォグランプとは?

濃霧・大雨の時に視認性を上げる

フォグランプは、前部霧灯(ぜんぶむとう)、補助前照灯と呼ばれており、名前にあるように、霧の時に効果を発揮するライトです。フォグランプはヘッドライトよりも下の位置に設置されているライトです。

霧の時は水蒸気に周囲が満たされている状態でライトの光が乱反射するため、ハイビームのヘッドライトでは周囲に自車に気づいてもらえにくくなるだけでなく、周りが見えにくくなってしまうことがあります。フォグランプは下向きに点灯するライトのため、霧の影響を受けにくい視界を向上させるライトと言えます。

アクセサリーとして付ける事もある

フォグランプを付ける方の中にはオシャレとして付けている方も増えております。他の人と同じ車に乗りたくないという方にとって、少しのカスタムで大きく印象を変える事ができるフォグランプは、アクセサリーとして非常に優秀な存在です。他のカスタムパーツと比べて値段もリーズナブルとなっておりますので、コストパフォーマンスも高く人気となっております。

フォグランプを交換してLED化するメリット

こちらでは、フォグランプを交換してLED化するメリットを3つご紹介します。

フィラメントを使わないので衝撃に強い

フォグランプを交換してLED化するメリットで最も大きいのが、フィラメントを使わないので衝撃に強くなるという事です。普段は使用する機会の少ないフォグランプですので、ヘッドライトが故障した時に応急的な措置としてフォグランプを付けようと思ったら、故障していて付かなかったというのは良くある話です。フォグランプを交換してLED化する事によって、衝撃による破損のリスクを大きく減らす事ができますので、安全面でのメリットが大きくなります。

寿命が長い

フォグランプを交換してLED化する二つ目のメリットは、フォグランプの寿命が長くなるという事です。ノーマルのフォグランプと比べてLED化したフォグランプはランプ自体の寿命が長くなります。フォグランプを使用しようと思った時に、うっかりしてランプが切れる事がないように寿命の長いLED化する方が増えているのです。

照射位置が安定する

フォグランプを交換してLED化する三つ目のメリットは、照射位置が安定するという物があります。フォグランプは元々、大雨や濃霧など視界が悪い時に視認性をアップする為に使用するランプです。LED化する事によって、視界の悪い状況でもしっかりと明るくする事ができますので大きなメリットだと言えます。

LEDフォグランプのデメリット・弱点

ここまでは、フォグランプを交換してLED化する時のメリットについてご紹介してきましたが、こちらでは、フォグランプを交換してLED化する際に注意したいデメリットやLED化したフォグランプの弱点などをご紹介していきます。フォグランプを交換してLED化するのはメリットだけではありません。もちろんデメリットは、交換するメリットと比べれば微々たるものですが、事前にしっかりと確認しておく事によってトラブルを未然に防ぐようにしてください。

HIDに明るさが劣る

フォグランプを交換してLED化するデメリットで注意したいのが、HID化したフォグランプよりも明るさが劣るという事です。LED化と同様に人気のあるHID化と比べて明るさが落ちますので視認性が弱くなります。もちろん一定レベル以上の明るさは、対向車に迷惑になりますので、HID化が必ず良いという事ではありませんが、仮にHID化されたフォグランプからLED化すると明るさが落ちますので注意してください。

ランプに付いた雪が溶けない

純正のフォグランプと比べてLEDランプは点灯する際に熱を持ちません。そのため、悪天候などで雪が降っているような場合などはフォグランプの熱でライトカバーについた雪を溶かすという事はできません。熱を持たないという事はメリットが多いのですが、雪などの時にはデメリットにもなるという事を頭に入れておいてください。

LEDフォグランプのおすすめ5選

最近フォグランプのLED化が主流になってきているという事もあり、色々なメーカーからフォグランプが発売されております。初めてフォグランプのLED化にチャレンジする方は、どのようなメーカーのフォグランプにしたらよいか迷ってしまうと思いますので、こちらでおすすめのLEDフォグランプを5種類ご紹介します。

IPF フォグランプ LED

LEDフォグランプ H11 H8 H9 3色温度切替 一体式-ポーペ(POOPEE) ヘッドライト

AUXITO LED フォグランプ H8/H11/H16 (国産車)/H9 LED フォグ ホワイト

LEDレーザーフォグライト ポーペ(POOPEE) 12V 24V全ての車型適用 オートバイも適用 追突防止バックフォグ 信号ライト レーザーテールランプ 雪、雨、霧天気適用

LEDフォグランプ H8 H11 H16 イエロー ホワイト 2色 フォグランプ LED

まとめ

普段はあまり使用しないフォグランプですが、もしもの時などに非常に重要な役割を担っておりますので、より故障の少ないLEDタイプに変更するのは大きなメリットだといえます。また、最近では純正品にはないオシャレなフォグランプも登場しておりますので少ない予算でイメージを大きく変えたいという方にもおすすめです。