タイヤ館の工賃はどれくらい?安くするためには?

2018年05月02日 (更新:2018年07月04日)

タイヤ館の工賃はどれくらい?安くするためには?

label labelタイヤ

タイヤ館では、タイヤの販売や交換、修理、サポートなどを行っています。タイヤ関連のサービスの専門店ということもあり、タイヤの品揃えはしっかりしています。タイヤ館でタイヤの修理や交換を考えている人が気になることに工賃があります。今回はタイヤ館の工賃について紹介していきます。

タイヤ館では、タイヤの販売や交換、修理、サポートなどを行っています。タイヤ関連のサービスの専門店ということもあり、タイヤの品揃えはしっかりしています。タイヤ館でタイヤの修理や交換を考えている人が気になることに工賃があります。今回はタイヤ館の工賃について紹介していきます。

タイヤ館の工賃の特徴

タイヤ館の工賃の特徴

タイヤ点検にかかる工賃

タイヤ館では、自分では気付くことが難しいゴムの軟らかさや残り溝、空気圧の点検サービスを受けることができます。基本的なタイヤ点検にかかる工賃は無料なので、タイヤのことで気になることがあれば点検サービスの利用をしましょう。

無料点検をするお店は多くありますが、中には交換や修理が必要のないのに交換や修理を薦めてくるところもあります。タイヤ館では、プロがきちんとチェックして、必要性をきちんと説明してくれるので安心です。余分なお金を払うことにもなりません。

タイヤ交換にかかる工賃

タイヤ館は、ブリヂストンが展開するチェーン店です。そのためタイヤの販売を積極的に行っているのですが、タイヤを購入したときに必要となる交換コストを下げるために、タイヤ交換にかかる工賃は一本あたり500円と安く設定されているのが特徴です。

日本全国に500以上の店舗展開があるお店になるので、お店によって設定されているタイヤ交換の工賃が変わることもあります。実際にタイヤ交換を考えている場合は、どれくらいの費用がかかるのか、事前に見積もりしてもらうことをおすすめします。

なお、タイヤ交換の際に生じる費用を安くする方法や、タイヤ館以外でのサービスの工賃は以下の記事で紹介していますので、よろしければ参考にしてみてください。

ローテーションにかかる工賃

タイヤの溝は前後で減り方が異なります。基本的に前の方がタイヤの減りが大きくなりやすいので、タイヤの交換は前から必要になります。前の2本だけ先に交換するとバランスが悪くなることや工賃が余分にかかることから、定期的に前後のタイヤを入れ替えるローテーションをする人は少なくありません。

タイヤ館ではローテーションのサービスにも対応していますが、ローテーションの工賃は1台あたり2160円で設定されています。所要時間に関しても、15分からと短い時間で設定されているのが特徴です。

メンテナンスにかかる工賃

タイヤ館では、タイヤに関するサービスだけでなく、車のメンテナンスのサービスも行っています。オイルやバッテリー、ブレーキパッドの交換サービスなどもしています。どのサービスも平均的な工賃で利用できるのがメリットです。

タイヤの交換や修理が必要になったとき、必要に応じてメンテナンスのサービスを受けるのもよいでしょう。工賃についての説明も問い合わせると丁寧に対応してもらうことができます。対応しているメンテナンスも豊富にあるので確認しておきましょう。

タイヤ館の工賃は安くなる?

タイヤ館の工賃は安くなる?

タイヤを購入した場合

タイヤ館では、タイヤを購入したときに工賃が安くなるケースがあります。工賃込みのタイヤ交換サービスを行っているケースもあるので、この場合だと工賃を支払うことなくタイヤ交換や装着を行うことができます。

ただし、工賃込みのタイヤ販売に関してはタイヤの価格に工賃が含まれているのが普通です。そのため安く購入することができたと思っても、トータルの金額で見ると工賃が別になっているタイヤと同じ場合があります。工賃が含まれているからと言って、必ずしもお得な金額ではないという点に気をつけましょう。

セールの場合

タイヤ館でも定期的にセールを行っています。在庫処分のセールだと、通常よりも安い金額で購入ができます。タイヤそのものを安く買うことができれば、工賃が変わらなくてもトータルでかかる金額を減らすことができます。

タイヤの購入や交換が必要な場合は、タイヤ館があるセールの情報をこまめにチェックしましょう。タイミングを逃してしまうと通常料金になってしまうので、早いうちから情報集めをしておくことも大切です。セール情報に関してはチラシや公式サイトから情報収集することができます。

ブリヂストン関係のタイヤ

ブリヂストン関係のタイヤ

タイヤ館は、ブリヂストンが展開するチェーンになるので、当然ブリヂストンのタイヤも多く販売されています。ブリヂストンのタイヤについては、他のお店と比べて同じくらいの金額か、もしくは他のお店より安く買えるのが特徴です。

ブリヂストンにもさまざまなシリーズがあるので、シリーズによって設定されている金額は異なります。ブリヂストンのタイヤであれば安く買うことができるので、トータルで考えると工賃を安くできます。

お店による違い

タイヤ館は日本に数多くの店舗があり、セールのタイミングや工賃の金額においてもお店による違いがあります。基本的な料金は同じになるので、金額の違いはお店の裁量によって決められます。

タイヤの購入が前提になっている場合の工賃はそもそも高くありません。タイヤ交換や装着の工賃を安くするためには、工賃が安い店舗を探すよりもタイヤそのものが安い店舗を探した方が賢明です。

タイヤ館の工賃が高い場合

タイヤ館の工賃が高い場合

値引き交渉をする

タイヤ館の工賃を少しでも安くするためには、値引き交渉をするのも方法の一つになります。タイヤ館としては、できるだけ多くのタイヤを売る必要があります。工賃を理由にタイヤを購入しないのであれば、安くした方がお店としてもメリットがあるのです。

値引き交渉の流れとしては、あらかじめ値引きしたいラインを設定しておくのがポイントになります。その金額ならタイヤを購入するというスタンスで交渉をすれば、値引きしてもらえる可能性も上がります。

また、他店の工賃をあらかじめ調べておき、「別のお店では○○円でやってくれるそうです」という比較を出すのもよいかもしれません。

できることは自分でする

タイヤ交換は、自分で行うことができる作業です。タイヤがパンクして、ジャッキを使ってタイヤ交換をしたことがある人なら、タイヤ交換にかかる手間はさほどかからないでしょう。

自分でタイヤ交換をすれば、お店でかかる工賃分の金額を節約することができます。ただし、タイヤの交換をするときはバランスを取ることやきちんとナットの締め付けをしておかないと重大な事故につながるリスクもあります。タイヤがもたらすリスクを考えたときに、安全に運転できることは絶対条件の一つになります。

タイヤの買い替えまで我慢する

タイヤ館では、タイヤに関するサービスだけでなくメンテナンスや点検のサービスを受けることもできます。これらのサービスを受けようとしているときに、工賃少しでも安く済ませるならタイヤの買い替えまで待つというのも方法の一つです。

他のサービスと同時に行うときは、割引サービスが受けられるケースがあります。特にタイヤ購入のように単価の高い買い物をすると、他の割引に対しての割引率も高くなります。タイヤの買い替えが近くに迫っているときは、まとめてサービスを受ける方がおすすめです。

タイヤ館以外の選択肢について

タイヤ館は、タイヤや工賃の金額が安い特徴があります。大手タイヤメーカーが展開するお店ということもあり、サービスに対する信頼感も抜群です。それでも工賃の金額に納得ができないという場合は、他のお店でサービスを受けるというのも選択肢としてあります。

まとめ

いかがでしたか?ブリヂストンが展開するタイヤ館では、タイヤに関するサービスだけでなく車のメンテナンスや点検などのトータルサポートを受けることもできます。各サービスで共通して言えるのは、サービスの質に対して工賃は安いということです。セールや値引き交渉によってさらに安い工賃に値下げすることもできます。