スイフトスポーツZC33Sのボンネットカスタム事例9種16選! | CARTUNEマガジン
スイフトスポーツZC33Sのボンネットカスタム事例9種16選!

2020年08月06日

スイフトスポーツZC33Sのボンネットカスタム事例9種16選!

labelスイフトスポーツ labelカスタム全般

軽量化やエンジンルームの排熱効果など機能性も高いボンネットのカスタム。もちろんドレスアップにも大きく影響します。そこで今回は各社のボンネットの特徴と商品情報、スイフトスポーツZC33Sのオーナーによる実際の装着写真をご紹介します。

純正のボンネットは?

スイフトスポーツZC33Sの純正ボンネットは重量が9kg弱となっています。軽量化を目的とする場合は、デザインだけでなく重量にも注目してみましょう。

また、スイフトスポーツZC33Sとスイフト(ZC13S / ZC43S / ZC53S / ZD53S / ZC83S / ZD83S)のボンネットは基本的に共通で、流用して装着できるようです。

それでは早速、各社のボンネットの特徴と商品情報、装着例をご紹介していきます!

monster SPORT エアアウトレットカーボンフード

モンスターのエアアウトレットカーボンフードは、大型のエアダクトを2つ配置した機能性とデザインを両立させたアイテム。エンジンルーム内のレイアウトを考慮して配置されたダクトは、効率的にエンジンルーム内の排熱を可能にしています。

また、付属のインナーカバーを取り付けることで、ダクト部からの浸水対策も可能となっています。

  • 素材:ウェットカーボン&GFRP(裏面はGFRP)
  • 重量:約6kg
  • 価格:¥136,000 + tax

ピュアホワイトパール(ZVR)にモンスタースポーツのエアアウトレットカーボンフードを取り付けたカスタム事例です。ボンネットピンはショップと相談した結果、日常のスピード領域では必要ないと結論に至ったそう。

左之助さんの投稿を見る

こちらはチャンピオンイエロー4(ZFT)へモンスタースポーツのエアアウトレットカーボンフードを取り付けたカスタム事例です。投稿内には美しいカーボン表面のアップや、装着前の同角度の写真もあるのでbefore & afterを比較したい方はチェックしてみてください。

ガチャピンさんの投稿を見る

こちらはスピーディーブルーメタリック(ZWG)にモンスターのエアアウトレットカーボンフードを取り付けたカスタム事例。

さといもさんの投稿を見る

こちらはプレミアムシルバーメタリック(ZNC)にモンスターのエアアウトレットカーボンフードを取り付けたカスタム事例。ダクト部のみカーボンを見せており、他の部分はボディ同色で塗装されています。

肘爆さんの投稿を見る

こちらもプレミアムシルバーメタリック(ZNC)への装着例ですが、ボディ同色塗装はせずカーボン柄のまま装着した事例です。

かのさんの投稿を見る

R's Racing Parts RRP ウルトラライトカーボンボンネット

ウルトラライトカーボンボンネットをアップで撮影した写真を募集中!ぜひCARTUNEへ写真を投稿してください!

アールズのウルトラライトカーボンボンネットは、最軽量のカーボンボンネットを目指して開発されたアイテム。そしてただ軽いだけではなく、裏骨もしっかりとした強度を持ち合わせていて安心して装着できます。その証拠として取り付け時のボンピンも不要とのこと。

ダクトがないため、純正のデザインを崩さずに軽量化したい方にもおすすめのアイテムです。

  • 素材:カーボン
  • 重量:4.2kg
  • 価格:¥80,000 + tax

ピュアホワイトパール(ZVR)にアールズのウルトラライトカーボンボンネットを取り付けたカスタム事例です。

だいごろうさんの投稿を見る

こちらはプレミアムシルバーメタリック(ZNC)へアールズのウルトラライトカーボンボンネットを取り付けたカスタム事例です。

たんさんの投稿を見る

R's Racing Parts RRP スーパークールエアロボンネット

スーパークールエアロボンネットをアップで撮影した写真を募集中!ぜひCARTUNEへ写真を投稿してください!

アールズのスーパークールエアロボンネットは、その名の通り熱の排出を積極的行い、冷却効率を高めることに拘ったアイテム。高剛性のボンネットフックを採用し純正ストライカーにも対応しています。なお、カーボン仕様の場合でも、ダクト部は黒ゲルコート仕上げとなっています。

ダクト裏に取り付けるレインカバーはオプションとなっており、価格は+¥12,000となっています。

  • 素材:FRP / カーボン
  • 重量:不明
  • 価格:¥100,000 + tax(FRP) / ¥120,000 + tax(カーボン)

プレミアムシルバーメタリック(ZNC)でスーパークールエアロボンネットへ交換したカスタム事例。ボディと同色塗装を行い装着されています。投稿にはダクト部を覗き込んだ写真もあるので、気になる方はチェックしてみてください。

まこっさんさんの投稿を見る

Kansai SERVICE クーリングエンジンフード

クーリングエンジンフードをアップで撮影した写真を募集中!ぜひCARTUNEへ写真を投稿してください!

カンサイサービスのクーリングエンジンフードは、ダウンサイジングターボを搭載したことによる弱点の”熱”を積極的に排出させることに拘ったアイテム。走行風の流れや負圧効果をシミュレーションして配置された大型の3連ダクトは、ボンネットのプレスラインまで考えれた配置で、ボディ全体に違和感なく収まります。そして排熱効果だけでなく、大きなダクトによってドレスアップ性も高いデザインとなっています。

雨天時の浸水を防ぐための、ダクト裏に取り付けるレインカバーも付属します。ただし競技専用部品扱いとなっていて、基本的にはボンピンを併用を推奨しています。

  • 素材:FRP / 綾織ウェットカーボン
  • 重量:6.9kg(カーボン)
  • 価格:¥88,000 + tax(FRP) / ¥118,000 + tax(カーボン)

ピュアホワイトパール(ZVR)へカンサイサービスのクーリングエンジンフードを装着したカスタム事例です。装着しているボンネットの素材はカーボン製。

ムネトンさんの投稿を見る

こちらはバーニングレッドパールメタリック(ZWP)へカンサイサービスのクーリングエンジンフードを装着したカスタム事例です。ベースの素材はカーボン製で、単なるクリア塗装ではなくボンネットのデザインに合わせたグラデーションのスモーク塗装が施されており、デザインが強調して見えるようになっています。

tomさんの投稿を見る

ResultJapan エアロボンネット

エアロボンネットをアップで撮影した写真を募集中!ぜひCARTUNEへ写真を投稿してください!

リザルトジャパンのエアロボンネットは、名前の通り大きなダクトが設けられたデザインが特徴です。エンジンルーム内の排熱効果はもちろんですが、攻撃的なルックスが何よりも魅力的ですね。

専用のレインカバー付属しており、浸水対策もOK。またオプションでボンネット塗装を+¥30,000で承っているとのこと。

  • 素材:FRP / 綾織ウェットカーボン
  • 重量:5.2kg(カーボン)
  • 価格:¥88,000 + tax(FRP) / ¥125,000 + tax(カーボン)

チャンピオンイエロー4(ZFT)にリザルトジャパンのエアロボンネットを装着した事例。取り付けられている素材はFRP製。

つばささんの投稿を見る

STOUT エアロボンネットタイプS

エアロボンネットの老舗”高勢スタウト”。ZC33S用のエアロボンネットタイプSには大きなセンターダクトが設けられており、エンジンルーム内の熱を効率的に排出。そしてダクト部はとても滑らかなラインでデザインされており、純正の雰囲気に違和感なく装着できます。レインカバーも同梱で雨天時も安心。

純正ストライカー対応でボンピンは基本不要とのこと。サーキット走行をする場合はバタつき防止のために装着を推奨しています。

  • 素材:FRP / 平織カーボン / 綾織カーボン
  • 重量:不明
  • 価格:¥66,000 + tax(FRP) / ¥92,000 + tax(平織カーボン) / ¥102,000 + tax(綾織カーボン)

ピュアホワイトパール(ZVR)のボンネットを高勢スタウトのエアロボンネットタイプSへ交換したカスタム事例です。素材は平織カーボンで、クリア塗装を行って装着されています。

えむさんの投稿を見る

こちらはスピーディーブルーメタリック(ZWG)へ高勢スタウトのエアロボンネットタイプSをボディ同色のブルーへ塗装し装着したカスタム事例です。ボンネット裏まで綺麗に塗装されており、その様子は投稿からチェックできます。

mtk24さんの投稿を見る

Toyoshima Craft 純正形状ボンネット

純正形状ボンネットをアップで撮影した写真を募集中!ぜひCARTUNEへ写真を投稿してください!

トヨシマクラフトの純正形状ボンネットは、商品名の通り純正と同じ形状でボンネットを軽量化できるアイテム。デザインの変更こそないものの、カーボン柄でスポーティに仕上げたり、あえてボディ同色塗装で一見ノーマルのボンネットを演出したりと、様々な楽しみ方が選べます。純正ストライカー対応ですが、安全のためボンピンの併用を推奨しています。

またオプションでFRP製の純正色塗装は+¥25,000、カーボン製のクリア塗装は+¥24,000で承っているとのこと。

  • 素材:FRP / 平織ウェットカーボン(裏面はFRP) / 綾織ウェットカーボン(裏面はFRP)
  • 重量:約5.0kg(FRP) / 約4.8kg(カーボン)
  • 価格:¥35,000 + tax(FRP) / ¥57,000 + tax(平織カーボン) / ¥61,000 + tax(綾織カーボン)

トヨシマクラフトの純正形状ボンネット装着事例募集中!ぜひCARTUNEへ装着写真を投稿してください!

Toyoshima Craft クーリングボンネット

トヨシマクラフトのクーリングボンネットは、エンジンルーム内の熱を排出するために中央部に大型のダクトを配置したデザイン。同社製の純正形状ボンネットよりもさらに軽量化されており、サーキットユーザーにもおすすめのアイテムです。こちらも純正ストライカー対応ですが、安全のためボンピンの併用を推奨しています。

オプションメニューとして、ダクト裏のレインカバーが+¥6,000、ダクト部分の網が+¥3,000、FRP製の純正色塗装は+¥25,000、カーボン製のクリア塗装は+¥24,000となっています。

  • 素材:FRP / 平織ウェットカーボン(裏面はFRP) / 綾織ウェットカーボン(裏面はFRP)
  • 重量:約4.8kg(FRP) / 約4.4kg(カーボン)
  • 価格:¥37,000 + tax(FRP) / ¥57,000 + tax(平織カーボン) / ¥61,000 + tax(綾織カーボン)

ピュアホワイトパール(ZVR)にトヨシマクラフトのクーリングボンネットを取り付けたカスタム事例です。素材はカーボンで、ダクト部の網つけとレインカバーをオプションで装着しています。

玖琉莉さんの投稿を見る

こちらはプレミアムシルバーメタリック(ZNC)にトヨシマクラフトのクーリングボンネットを取り付けたカスタム事例です。素材はカーボンです。

投稿にはダクトを覗き込んだ写真もあるので、気になる方はチェックしてみてください!

ますっちょさんの投稿を見る

diamond Technik ボンネット

ボンネットをアップで撮影した写真を募集中!ぜひCARTUNEへ写真を投稿してください!

ダイヤモンドテクニックのボンネットは、エンジンルーム内の熱を効果的に排出してくれる中央と両サイドのダクトが繋がるデザインが特徴。またそのダクトの穴位置を表面と裏面で微妙にズラすことで、ダクト裏にレインカバーを取り付けることなく浸水を防いでくれる作りになっています。

  • 素材:FRP / 綾織ウェットカーボン(裏面はFRP)
  • 重量:不明(FRP) / 約6.0kg(綾織ウェットカーボン)
  • 価格:¥72,000 + tax(FRP) / ¥100,000 + tax(カーボン)

バーニングレッドパールメタリック(ZWP)へダイヤモンドテクニックのボンネットを装着したカスタム事例です。

がっきーさんの投稿を見る

まとめ

いかがでしたでしょうか。一言に社外ボンネットと言っても、軽量化に重きを置いたものや熱の排出にこだわったものなど、そして各社異なるデザインと、様々な選択肢がありますね。

またオーナーのみなさんの投稿をチェックする中で、社外ボンネットへ交換されている方の多くはボディ色の塗装を行わず、カーボン柄を楽しんでいる方が多い印象でした。愛車の雰囲気もスポーティになりますし、何より交換した感を演出できますよね。

今回のまとめを見て、求めるボンネットが見つかれば幸いです。

スイフトスポーツZC33Sのボンネット関連の投稿を見る

スイフトスポーツZC33Sの最新の投稿を見る

※仕様、価格などの情報は、2020年8月4日時点の情報となります。最新の情報は各社HPなどでご確認ください。

新着記事

もっと見る >>

おすすめ記事