50系プリウスにおススメのシフトレバー、5選を紹介!

2019年08月14日

50系プリウスにおススメのシフトレバー、5選を紹介!

labelプリウス labelシフトノブ

50系プリウス用シフトレバー5選を紹介します。シフトレバーは日常的に触れるものであるため手触りが重要。また、目立つ場所にあるため気に入った外観のものを選びたいところです。50系プリウスに似合うシフトレバーを厳選しました。

シフトレバーの選び方

シフトレバーを選ぶうえでもっとも気をつけなければならないのはシフトレバーを差し込むネジサイズ。50プリウスのネジ径はM8(8mm)×1.25mmピッチ。

50系プリウスからシフトレバーのネジ系がM6からM8へ変更になったため、旧型プリウスから乗り換えた方は、お気に入りのシフトレバーを流用するにはネジ変換アダプタが必要になり、アダプタのぶんだけ取り付け位置が手前に張り出してしまいます。

また、50系プリウスのシフトレバーは、インパネから水平方向に取り付けられます。一般的なシフトレバーではシフトポジションの表示が見えにくくなるため、50系プリウス専用品を購入するのがベター。そのうえで操作性や手触りがよく、見た目の気に入ったシフトレバーを選びましょう。

おススメシフトレバー5選

槌屋ヤック シフトレバー SY-P13

カーアクセサリーなどを販売する槌屋ヤックのシフトレバーです。黒を基調としたシンプルなシフトレバーにシルバーのラインを加えた落ち着きのある外観が特徴。

小ぶりな純正シフトレバーよりも大きめであるため握りやすく、操作性の向上が期待できます。シフトレバーにはシフトポジション表示がないため非常にスタイリッシュ。ただし、シフトポジションをステッカーなどで表示しなければ車検は通りません。

ナポレックス LONZA(ロンザ) シフトレバー LZ-53

多くのカー用品を扱うナポレックスが販売する、ロンザブランドのシフトレバーです。重厚感のあるシルバーメタリックカラーが特徴。太めで握りやすく、操作性もよいシフトレバーです。

6mm/8mmのネジ変換アダプタが付属しているため、50プリウスをはじめとした多くの車種に取り付け可能。シフトポジションは付属のステッカーで上下どちらにでも表示することができます。

SilkBlaze(シルクブレイズ) シフトレバー SB-LSK-088

エアロパーツやホイールなどを手掛けるシルクブレイズのシフトレバーです。純正シフトレバーと似た形状ながら、磨き上げられたクロームをレザーでつつみ、レッドステッチで仕上げた重厚感あるシフトレバー。

シフトポジション表示部にはシルクブレイズのエンブレムが刻印されています。同社エアロパーツと同じく、スタイリッシュなコンセプトが与えられた高級感あるシフトレバーです。

グラージオ ホワイトパールエディション シフトレバー

純正部品の美点を活かしたパーツサプライをおこなうグラージオのシフトレバー。50系プリウスの前期型に設定されていてた高品質な塗装が施されたホワイトパネルにマッチするようにつくられた、ホワイトカラーのシフトレバーです。

前期型ホワイト内装のプリウスに乗っている方におすすめ。また、落ち着きのある上質な白は、ワンポイントとして後期のブラック内装にも映えます。

DYP カラード シフトレバー (オレンジ)

純正と同じ形状のシフトレバーに5種類のカラーバリエーションを追加したDYPのオリジナルシフトレバーです。ラインナップは、ピアノブラック、カーボン調、ピンク、レッド、オレンジの5色。

インテリアや好みに合わせた色のシフトレバーに変更できます。本体にはパンチングレザーを使用しているため、純正シフトレバーよりも滑りにくい構造です。

まとめ

プリウスは人気車種であるため、シフトレバーの種類も豊富。たくさんあるラインナップの中からベストなシフトレバーを選び出すポイントは、操作性、手触り、外観の3点です。運転に関わる部分であるため、握りやすく滑りにくいものは最低条件。そのなかで50系プリウスのインテリアに似合うスタイリッシュなシフトレバーがよいでしょう。

とはいえ、MTのシフトレバーほど頻繁に操作するものではないため、デザインを最優先にしても大きな問題はありません。安全に支障のない範囲で、気にいったデザインのシフトレバーを選んで下さい。