絶対に必需品!?ジムニーに取り付けることができるスコップ5選紹介します!

2019年08月14日

絶対に必需品!?ジムニーに取り付けることができるスコップ5選紹介します!

labelジムニー labelカスタム全般 label車雑学

堅牢なラダーフレームと四輪駆動、取り回しの良いボディサイズで、今最も「遊べるクルマ」として注目されるスズキ・ジムニー。本格的なクロカンにも用いられるケースも多く、クロカン仕様車独特のカスタムが施された個体も少なくありません。特に、背面に装着されたスコップなどがその代表でしょう。そこで今回は、ジムニーに取り付けることができるおススメのスコップを5選ご紹介します。

ジムニーにスコップを取り付けるには?

ジムニーにスコップを取り付けるには、ボディ外装のどこかにスコップを保持するためのキットを装着する必要があります。取り付ける箇所としては、ルーフレールなどを装着している車両であれば、ルーフでも可能。そうでない場合は、リアゲートのスペアタイヤ保持部分を使用することになります。

スコップ保持用のキットは、基本的にボルトオンで装着できる手軽なものが多いのが特徴。そのため、クランプなど建築用材を用いた自作も可能です。もし、スコップの落下が心配だという方は、自転車用盗難防止用のワイヤーを通しておくなど、ひと工夫することで落下の危険性も大幅に減少します。

おすすめのスコップホルダー

SYUEI『スコップホルダー汎用』

引用元:shuei.shop-pro.jp/

SUVや4WD車のアフターパーツを数多く取り扱うシューエイのスコップホルダーです。サイズ調整機能が付いているため、PCDが5H-139.7、6H-139.7、5H-114.3、5H-150.0に適合すれば取り付けが可能なキットです。販売価格は税別3480円となっています。

ワイルドグース『ボルト延長スコップホルダー』

引用元:www.rv4wildgoose.com

ジムニーをはじめとする4WD車と、カスタマイズパーツを専門に取り扱うワイルドグースのスコップホルダーは、ボルト延長式です。ホイール固定ナットと交換して装着するタイプになっており、スペアタイヤの裏表どちらにも対応可能。ボルトサイズはM12×P1.25で、対応するホイールサイズは5.5J-20まで取り付けることができます。スチール製で、価格は税別5500円。

ワイルドグース『スペアタイヤサイドスコップホルダー』

引用元:www.rv4wildgoose.com

こちらもワイルドグースが販売している、ジムニーJB23/33/43に適合するリアゲート用スコップ固定キット。従来型のスコップホルダーは、タイヤカバーを取り外して装着する必要がありましたが、このキットはホルダー本体をチアゲート取付ボルトと共締めとする構造で、タイヤカバーを外すことなくホルダーを装着することができます。タイヤサイズは、純正から185/85/R16まで対応。価格は税別7600円です。

APIO『ショベルホルダー』

引用元:www.apio.jp/

10年以上前より、スズキの『サムライ』や、オーストラリア製品を逆輸入するなど、神奈川県でジムニー専門店として事業を展開するAPIOのショベルホルダー。PCDは139で、5穴/6穴どちらにも対応可能。装着する場合は、別途スペアタイヤキャリアブラケットが必要となります。価格は税別5500円となっています。

ジムニーにおススメのスコップ(本体)5選

キャプテン スタッグ『ステンレススコップ剣型』

引用元:www.captainstag.net/

1976年、新潟県の金物の町・三条市で家庭用品を取り扱っていた、パール金属株式会社のアウトドア部門としてスタートしたアウトドア用品の総合ブランド「キャプテンスタッグ」。このスコップは、ステンレス製のため軽量かつ丈夫なのが最大の特徴です。素材を活かしたステンレスから―の柄部分にはブランドネームが刻まれているので、一目でどこの製品か分かるのもポイント。全長800ミリで、価格は税別5000円です。

『背面スコップ 汎用』

こちらもステンレス製のスコップ。汎用品になっているため、ジムニーだけではなく他の背面タイヤ付きモデルにも装着することができるうえ、5穴/6穴に対応する盗難防止の鍵付きホルダーも付属しています。スコップの全長は約63センチで、価格は4230円となっています。

ベアボーンズ『ホールディングショベル』

引用元:www.aandfstore.com/

2012年に創業した、アメリカ発の新鋭アウトドアグッズブランドであるベアボーンズのショベルは、ロック式の三段階調節可能な剣先を折りたたむことで、鍬(くわ)としても使用することができます。また、90度に曲げれば簡易的な椅子としても使える万能品。柄の部分はブナの木材、剣先はマンガンスチール製になっているので高い耐久性を誇ります。全長は99センチ、価格は税込み5400円です。

ロゴス『フォールディングショベル』

引用元:www.logos.ne.jp/

創業90年を越える老舗アウトドアブランド・ロゴス。このフォールディングショベルは、車載にも適していますが、そうでない時は3つに折りたたむことが出来るコンパクトさが魅力です。ブレードの片側はのこぎりになっているため、スタックからの脱出だけではなく、非常用としても活躍が期待できます。全長は59センチ、価格は税別1800円です。

ブローニング『折りたたみスコップ』

銃器製造メーカーとして有名なブローニング社が製造している折りたたみスコップです。素材には耐久性に優れた高炭素1055ツールスチールが採用され、先端サイドはのこぎり状の加工が施されています。オープン/クローズだけではなく、先端を90度曲げた鍬のように使うことも可能です。ミリタリーメーカーならではの機能性に溢れたスコップです。

まとめ

オフロード走行時、ぬかるみなどにハマってしまい走れなくなった(スタックした)時の対処法として有効なスコップ。実用的なのはもちろん、ドレスアップ目的で装着していても目立つこと間違いなしです。現在ではアウトドアメーカーも、さまざまな形状のスコップやシャベルを製造・販売していますし、ホームセンターなどでは園芸用品としても取り扱いがあります。今回紹介したスコップはほんの一部にすぎません。お気に入りのシャベルを見つけて装着し、ジムニーのリアにインパクトをプラスしてみてはいかがでしょうか。