ハイゼットトラック用マフラー5選紹介します!

2019年07月06日

ハイゼットトラック用マフラー5選紹介します!

labelハイゼットトラック

1960年から50年以上に渡って、ダイハツの商用車販売を大きく支えているハイゼットトラック。ハイゼットトラックは事業用に購入されることが大半ですが、カスタムベースとして購入する人も少なくありません。今回はハイゼットトラック用のおすすめマフラーを5つピックアップしました。愛車のマフラーを交換したいと考えている人は、ぜひ参考にしてください。

ハイゼットトラックのマフラーを選ぶうえでの注意点

今回ピックアップしたおすすめマフラーは5つです。ハイゼットトラックは従来のモデルも長らく愛され続けているモデルになります。ハイゼットトラックのマフラーを購入する際は、自分のハイゼットトラックに適合するかどうかをしっかりと確認しましょう。

また、マフラーは製品によって特性・味付けが異なっています。性能・サウンド・デザインなど、自分が求めている要素が備わっているマフラーを購入しないと、音量がうるさすぎたり実用域で乗りづらくなったりする恐れもあるので注意してください。

ハイゼットトラック用マフラーおススメ5選!

Spiegel【LevelSound 304】

引用元:https://www.spiegel.co.jp

軽自動車のチューニングパーツを多数販売しているSpiegel(シュピーゲル)。軽乗用車だけでなく、ハイゼットトラックのような軽商用車に向けても製品を開発しています。そんなSpiegelがハイゼットトラック用に販売しているマフラーが「LevelSound 304」です。

こちらの製品は軽トラック用マフラーとしては数少ない、スポーティーな走りと美しいサウンドを楽しめるマフラーに仕上がっています。「LevelSound 304」が奏でる重低音サウンドは、毎日の運転を楽しいものに変えてくれるでしょう。

ユーザーレビューページ

WirusWin【D-プライムマフラー】

引用元:https://wiruswin.com

車だけでなく、バイク用のマフラー開発も手掛けているWirusWin(ウイルズウィン)。マフラー開発で高い実績を誇る同社が、待望のハイゼットトラック向けマフラーをリリースしました。それが「D-プライムマフラー」です。

純正リアバンパーおよび純正フロントパイプに対応する製品なので、フィッティングもばっちり。マフラーだけで気軽に交換できる製品に仕上がっています。全域に渡ってスムーズに吹け上がるため、退屈な運転を盛り上げるには持ってこいのマフラーです。

ユーザーレビューページ

翔プロデュース【左右斜めW出しマフラー】

軽トラックのドレスアップパーツ・チューニングパーツを幅広く手掛けている翔プロデュース。ハイゼットトラックのアフターパーツ開発に力を注いでいることで知られていますが、そんな翔プロデュースが販売している製品が「左右斜めW出しマフラー」です。

その名の通り、攻撃的な斜めW出しを採用しているデザインは、ハイゼットトラックのリアビューに存在感と迫力を与えてくれます。翔プロデュースが販売しているエアロパーツと同時装着することで、一体感のあるカスタムを実現することが可能です。

ユーザーレビューページ

GT Car Produce【オールステンレスマフラー】

引用元:http://www.gtcp-shopping.jp

軽自動車用チューニングパーツの開発を得意とするGT Car Produce(ジーティーカー・プロデュース)。GT Car Produceは軽トラック向けのアフターパーツも有名です。今回はハイゼットトラックに適合する「オールステンレスマフラー」をピックアップしました。

軽自動車とは思えない重低音サウンドで、周囲にアピールすることができます。だからといって音量がうるさすぎるわけではなく、住宅街や職場でも気兼ねなく使用できるジェントルなマフラーに仕上がっているので安心です。

ShiftSprts / Kei Zone【慶虎マフラー】

引用元:http://www.shift-sp.co.jp

スポーツカーから軽商用車まで、幅広い車種のアフターパーツを手掛けているShiftSports(シフトスポーツ)。ShiftSportsがハイゼットトラック向けに販売している製品が「慶虎マフラー」になります。

軽トラックが奏でているとは思えない官能的なサウンドが、周囲を魅了してくれるでしょう。サイド出しタイプと片側2本出しタイプの2種類から選ぶことができるので、自分好みのスタイルを採用しているタイプをチョイスしてください。

ユーザーレビューページ

まとめ

今回はダイハツ・ハイゼットトラックにおすすめのマフラーを5つピックアップしましたが、いかがだったでしょうか。歴代ハイゼットトラックのマフラーすべてに触れていてはキリがないので、今回は現行モデルのみに絞ってのご紹介でした。

ハイゼットトラックは私たちの生活に欠かせない代表的な軽トラックです。軽トラックに触れる機会がない人でも、軽トラックは間接的に私たちの生活を支えてくれています。

一見、カスタムとは無縁の実用車ですが、意外にもアフターパーツが充実していることがわかりました。ハイゼットトラックを所有している人は主に事業用だと思いますが、マフラーを交換すれば、仕事での運転がもっと楽しくなるはずです。