爽快な軽スポーツ!ホンダ・S660をレンタルして乗ってみよう!【関東編】

2019年07月07日

爽快な軽スポーツ!ホンダ・S660をレンタルして乗ってみよう!【関東編】

labelS660 labelイベント label車購入 label車雑学

一度は乗ってみたいと思うオープンカーですが、軽自動車のオープンカーがあることをご存知ですか?ホンダS660なら、オープンカーでありながら軽自動車なので小回りが利く上に、オープンにして爽快に走ることが可能です。今回は、そんなS660をレンタルしてしまおうという企画です!オープンカーなら、ワンランク上の思い出が残りますね!

首都圏在住の方向け!ホンダ・S660をレンタルしてドライブに行こう!

普段なかなかハンドルを握る機会も少ない方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。また、車は所有していても使い勝手優先で車を選び、オープンカーを所有していない方がほとんどです。そんな中で、これからの行楽シーズンともなるとドライブに出かけるという選択肢も出てくるでしょう。

そこでご提案するのが、オープンカーでのドライブです。普通車をレンタルする価格とほぼ同等の金額でレンタルすることができますし、オープンカーでドライブすれば気分も格段と上がります。

窓を締め切った状態より、天井部分に何もないオープンカーで出かければ景色も違って見えるはずです。さらにS660は走りも楽しめる上に、軽自動車で扱いやすいというメリットがあります。

いくら郊外にドライブへ行くとなっても、出発は首都圏です。狭い路地に悪戦苦闘するのであれば、取り回しのしやすいS660が大きなメリットとなるでしょう。いつもと違った空間を求めて、S660をレンタルしてドライブへ出かけましょう!

ホンダ・S660とは

そもそも、S660という車はどんな車なのかをご紹介します。運転席の後ろにエンジンを搭載したミッドシップであり、後輪駆動であることから本格的に走りを追求した車だと言われています。

プロドライバーの土屋圭一も、「この車を買ったら月に1度はサーキット走行したくなる」と言うほどの走りの性能を持っているのです。直列3気筒ターボエンジンは満足した走りを与えてくれるはずです。それでは、S660のスペックを見ていきましょう。

型式 DBA-JW5
排気量 658cc
外寸(全長×全幅×全高) 3395×1475×1180(mm)
乗車定員 2名
車両重量 850kg
最高出力 64ps
最大トルク 104N・m
カタログ燃費(JC08モード) 24.2km/h
実燃費 17.84〜18.58km/h

首都圏のS660をレンタルできるお店の紹介!

魅力たっぷりなS660ですが、実際にレンタルできるお店と料金をご紹介します。前日にレンタルして駐車場に停めておくとマイカーのようですが、もし駐車場がない方でも当日朝に行けばそのままレンタルできるので心配ありません!

Honda Cars 東京中央

Honda Cars 東京中央

ディーラーでレンタルすることも可能なのです。ボディカラーは赤と黄色があり、ミッションタイプも選択することができます。ナビは付いていないようですが、助手席の方にスマートフォンで案内してもらえば心配ありませんね!

価格は6時間までが14.040円、24時間までが20,520円、1時間延長で2,480円最大48時間で35,640円です。

おもしろレンタカー野田本店

おもしろレンタカー野田本店

千葉県野田市にあるおもしろレンタカーでもレンタル可能です。ETCがついているので、ETCカードさえあれば目的地まで高速を使用し、景色が綺麗な場所で降りれば時間短縮もできますね!

料金は6時間7,610円、9時間とナイトプランが9,460円、24時間13,370円、そして24時間以降は9,460円の追加料金となっています。こちらはMT車なため、AT限定免許の方はレンタルすることができないので注意して下さい。

Fレンタカー

Fレンタカー

関東と関西に店舗を構えるFレンタカーでもレンタル可能です。関東には東京の江東区と足立区、そして神奈川には横浜に店舗を構えているので、利用しやすいというメリットがありますね。

料金は3時間10,000円、6時間11,000円、営業時間内13,000円、24時間16,500円、以後1日ごとに13,000円、1時間ごとに2,300円となっています。

S660で走ると爽快!ドライブコースの紹介

それでは、実際にS660に乗ってドライブに出かけようとした際、一体どこへ行けば良いのか困ってしまうこともあるでしょう。ここで、オススメのドライブスポットをご紹介しますので参考にしてみてください。

首都高

S660の性能を試したいのであれば首都高がオススメです。小菅から箱崎・浜町へ抜けるルートではスカイツリーを見ることができますし、そのまま台場まで抜け、芝公園まで行けばレインボーブリッジを通りながら東京タワーを見ることができます。

S660の性能を楽しみながら、景色も楽しむことができるのでドライバーはもちろんのこと助手席にいる方も楽しめるルートです。是非ともご参考にしてみてください。

箱根

走りだけではなく、名所を尋ねるプランであれば箱根も良いですね。芦ノ湖から見える箱根神社は絶景です。そのまま箱根神社へ参拝するのも良いスポットです。また、富士山を見ることができる点も絶景と言えるでしょう。

箱根湿生花園での散歩も良いですね。日帰り温泉龍宮殿で景色を見ながら日常の疲れを癒してくるのも良いでしょう。S660で移動し、このように色々な場所を巡ることでたくさんの思い出ができますね。

房総半島

鴨川シーワールドなどの水族館デートもでき、各種見所があるのが房総半島一周コースです。距離も200kmほどなため、1日ドライブに出かけるのであればオススメできるコースです。

その中でも絶対に行きたいのが、海ほたるパーキングエリアでの夕日を見ることです。360度全て海に囲まれ、その中で見る夕日は絶景です。夕日に向かってS660を運転するのも良いですね!

S660レンタルのまとめ

オープンカーであれば日常の道も変わって見えるものです。オープンカーを体験し、リフレッシュするためにもS660はとてもオススメできる車です。これから暖かい日が続きます。是非ともS660で楽しい思い出を作ってください!