カーオーディオスピーカーの交換費用はどれくらい?

2019年06月21日

カーオーディオスピーカーの交換費用はどれくらい?

labelスピーカー labelオーディオ

スピーカー交換工賃について解説します。カーオーディオで最初に交換したいのはスピーカー。聴くに耐えない純正スピーカーは一刻も早く交換したいもの。しかし、ネットショッピングで安く購入したのに、高額な取付工賃を請求されたということもよく耳にします。後悔する前にスピーカーの交換費用を予め知っておきましょう。

車のスピーカーを交換するメリット

音質がよくなる

純正のスピーカーは、音質よりもコスト削減を重視したスピーカーを搭載しているため、社外スピーカーへと交換することで、車内の音響環境を劇的に変化させることができます。

純正スピーカーの多くは安価なペーパーコーンを採用した、再生音域の乏しいミッドレンジスピーカーを採用していることがほとんど。筐体は薄く軽いため、余計な振動がコーンの振動を妨げ出音が濁ります。また、定格出力も低く、最大出力も25W程度であるため、大音量や重低音では音が割れてしまいます。

使用する材質や設計を見直した社外スピーカーに交換することで、再生能力を高め、出音の質感や低音のキレなどが大きく改善することができます。

ただし、純正品で有名メーカーのオーディオシステムがついている車は、安易に社外スピーカーへ交換すると、音質の低下や出音のバランスを崩してしまう恐れがあるため注意が必要です。

低音・高音がしっかり聞こえる

「音を出すために」つくられている純正スピーカーと、「音を聴くために」つくられている社外スピーカーでは、再生可能音域と音域の分布バランスに違いがあります。

もっとも分かりやすいのが高音域。純正ミッドレンジスピーカーに社外ツイーターを追加するだけでも、純正スピーカーでは再生されない音域が聞こえるようになります。

純正ツイーターが装備された車もありますが、社外スピーカーのほうが、高・中・低音域の再生バランスが音楽のリスニングに最適化されているため、各音域がバランスよく再生され、心地よい音楽を楽しむことができます。

カースピーカーの交換費用はどれくらい?

各業者にスピーカー交換を依頼した場合の作業工賃を解説します。ドアスピーカーを交換する場合は、ドアの内張りを外し、スピーカーの脱着・配線作業が必要です。ツイーターが別体のセパレートスピーカーの場合は別途追加料金が発生する場合があります。

また、ネットなどで購入したスピーカーを持ち込み依頼した場合は、不具合があった際の責任所在が曖昧になるため、割増料金や、取り付け直しでさらに料金がかかる場合がありますので注意しましょう。

ディーラーでのスピーカー交換費用

カーディーラーでの交換費用はおよそ10,000円~20,000円。ただし、選択できるスピーカーは一般的にオプション設定のあるスピーカーに限定されます。ディーラーでは時間あたりの工賃がかかるため、作業しやすい車ほど安く、手間の掛かる車ほど高くなります。持ち込みによる割増料金は請求されない場合が多いようです。

カー用品店でのスピーカー交換費用

カー用品店での取付工賃は5,000〜7,000円。系列店や店舗によって工賃が異なります。ただし、スピーカーを持ち込みして取り付けを依頼する場合は、高額な割増料金が発生するため、取付予定の店舗でスピーカーを購入するのがよいでしょう。

スピーカー交換費用を透明化するために、工賃込みのスピーカー価格を提示している店舗もあります。

整備工場でのスピーカー交換費用

工場により大きく異なりますが、およそ1カ所あたり4,000円〜が相場のようです。オーディオの取り付けが得意な工場であれば安い価格に設定している工場もあるでしょう。

おすすめのカースピーカー

おススメのカースピーカーをご紹介します。様々なタイプの特徴や価格帯を紹介しますので、是非参考にしてみてください。

カロッツェリア(パイオニア) 17cm2ウェイスピーカー ハイレゾ対応 TS-F1740

軽量高剛性のカーボン製のコーンを使用することで、レスポンスのよい音を実現したカロッツェリアのエントリーモデル。形はツイーターを同軸に配置したベーシックなコアキシャルスピーカーながら、中音域もツイーターから鳴らすように再生音域をチューニングしています。

KENWOOD(ケンウッド) 17cmカスタムフィットスピーカー KFC-RS173

老舗オーディオメーカー、ケンウッドのエントリーモデルです。スピーカーコーンには、配合剤として定評のあるマイカ(雲母)とカーボンを配合。それにより歪が少なく、明るくクッキリとした出音が特徴です。コーン表面は放射状のカーボンの織り目がデザインされ、スピーカーグリルで隠してしまうのがもったいないほど美しいスピーカーです。

カロッツェリア(パイオニア) 17cmセパレート2ウェイスピーカー ハイレゾ対応 TS-F1740S

先に紹介したカロッツェリア TS-F1740のセパレートスピーカー版です。ミッドレンジスピーカーとツイーターが別体であるため、取付工賃は高くなってしまいますが、理想的な位置にツイーターを配置できるのがセパレートタイプのメリット。ツイーターから中高音域を再生するため、よりハイレゾの繊細な響きを体感しやすいスピーカーです。

まとめ

どれほど優れた再生機器や音源を用意しても、最終的に音が出る場所はスピーカーであるため、音質の良し悪しはスピーカーの性能によって左右されます。スピーカーの性能が悪ければ、出音の変化がわかりづらいため、その後に何をどうすればよいのかわからなくなってしまいます。まずはスピーカーを交換してから、1カ所つづ気になる部分を調整していきましょう。

スピーカーの取付工賃は、どの業者に頼んだとしてもそれほど変わるものではありません。今後、さらにオーディオチューニングを進めていくのであれば、DIYでのスピーカー交換ができるようになったほうが、費用も安く抑えられ、思い通りにチューニングを進めることができるようになります。