車好きなら知ってて当然!?外車のエンブレム一覧

2019年06月06日

車好きなら知ってて当然!?外車のエンブレム一覧

labelエンブレム

BMW、フェラーリ、ルノーなど、日本に輸入されている外国自動車メーカーのエンブレムを一挙に紹介します。豪華な顔ぶれである海外勢のエンブレムを見て、世界を感じてみましょう。

ドイツ車のエンブレム一覧

BMW、メルセデスベンツ、ポルシェなどドイツ車のエンブレムを一挙に紹介します。

BMW

BMWのロゴはバイエルンの州旗(青と白のチェッカープリント)を模した四等分の扇に丸い黒枠が囲まれ、枠内にメーカー名が書かれています。十字線がプロペラで、飛行機のプロペラと空、雲をイメージしたという説が長年語られていましたが、近年になってから、この正しい由来が判明しました。

アルピナ

BMW同様、黒い枠で囲まれていますが、内外がシルバーで縁取られています。中央部は赤と青を合わせたエンブレムで赤い部分にはダブル・チョーク・ウェーバーのエアファンネル、青い部分にはクランクシャフトがあります。赤は情熱、青は知性を意味しています。

メルセデスベンツ

メルセデスベンツのエンブレムは「スリーポインテッドスター」といわれ、陸海空の三分野を指しているそうです。円は月桂樹の冠をイメージしています。

AMG

AMGは創設者であるハンス・ウェルナー・アウフレヒト(A)、エルハルト・メルヒャー(M)、アウフレヒトの出身地グローザスバッハ(G)のイニシャルを合わせました。チューニングメーカーらしいスピード感のあるロゴです。

スマート

左側でハンドル、右側で矢印を表現しています。時代の先を行くというスマートの方向性を表しています。

ポルシェ

跳ね馬が印象的なシュトゥットガルト市の紋章を真ん中に据え、バーデンベルデンブルグ州の紋章である鹿の角を含めた四つ割のエンブレムです。

黒と赤のストライプで知性を示し、基本色の金は豊作を願う色です。

アウディ

4社合併により設立されたので、四つの輪が表現されました。

フォルクスワーゲン

VolkswagenはVolks(ドイツ語で民衆)とWagen(車)を合わせた合成語で、エンブレムではそれぞれの頭文字を重ね合わせています。

イタリア車のエンブレム一覧

フェラーリ、ランボルギーニ、アルファロメオなどイタリア車のエンブレムを紹介します。

フェラーリ

ご存じ跳ね馬のエンブレムです。第一次世界大戦で「撃墜王」と呼ばれる活躍をしたフランチェスコ・バラッカが戦闘機につけていたマークが由来です。彼が1918年に戦死した後、両親の希望で創業者であるエンツォ・フェラーリが受け継ぎました。

跳ね馬はポルシェのエンブレムにもありますが、これはバラッカが撃墜したドイツ軍の拠点が現在のポルシェの拠点であるシュトゥットガルト市であり、その紋章を戦利品代わりに戦闘機に貼ったからだそうです。

フィアット

「FIAT」を囲む円は最新技術やテクノロジーを象徴しています。

アバルト

エンブレムのサソリは創設者のカルロ・アバルトの誕生月がサソリ座だからだそうです。

アルファロメオ

金色の縁とメーカー名があしらわれた青い円が囲んでいます。中は二分され、左側はミラノ市の赤十字紋章、右側は王冠をかぶった大蛇でヴィスコンティ家の紋章を表しています。大蛇に飲み込まれているのは異教徒のイスラム系サラセン人だそうです。

ランボルギーニ

闘牛があしらわれています。理由は明らかになっていませんが、創設者フェルッチオ・ランボルギーニが「跳ね馬」フェラーリへの対抗心を持っていた、誕生月が牡牛座だからなどの諸説が流れています。

「アヴェンタドール」「ウラカン」など車名の多くも伝説の闘牛が由来です。

マセラティ

ボローニャの紋章を図案化した三本の槍です。

フランス車のエンブレム一覧

プジョー、ルノー、シトロエンなどフランス車のエンブレムを紹介します。

プジョー

ライオンのエンブレムです。鋼材工場として設立されたことから、ライオンの歯、体躯、走りで、かつて生産していたノコギリの切れ味の鋭さ、しなやかさ、切れ味の三要素を表しています。

ルノー

盾を図案化したもので、技術、上品、豪華という意味を込めています。

アルピーヌ

https://cartune.me/notes/xx47P0Tjgj

2017年に復活したA110のフロントには「ALPINE」の文字がありますが、ロゴは「A」の図案化です。

シトロエン

シトロエン独自のダブルシェブロンギアを表現しています。ブランド化される前の「DS」など、フロントグリル自体でシトロエンのロゴを表現するケースもあります。

DS

2014年にシトロエンから独立しました。往年のシトロエンの名車「DS」を図案化しています。

イギリス車のエンブレム一覧

アストンマーチン、ジャガー、ランドローバー、ミニなどイギリス車のエンブレムを紹介します。

アストンマーチン

太陽神の象徴でもあるエジプトの虫・スカラベの羽をエンブレム化しました。

ジャガー

跳躍するジャガーをエンブレム化してスピード感を表現しています。

ランドローバー

自然の象徴である緑のエンブレムです。色彩はブリティッシュグリーンのようにも見えます。

ミニ

ミニの翼は活力の象徴です。

ロータス

引用元:www.lotus-cars.jp

A、B、Cの文字を組み合わせ、蓮(LOTUS)の花を表現しています。中央はブリティッシュグリーン、外側の黄色は明るい人生の象徴です。

マクラーレン

赤いブーメランが特徴的です。

ベントレー

元々航空機エンジンメーカーであったことから、羽のエンブレムになりました。BMWと違ってこちらは本当です。

ロールスロイス

引用元:www.rolls-roycemotorcars.com

共同創設者であるチャールズ・S・ロールスとフレデリック・H・ロイスの共通イニシャル「R」を重ね合わせています。

その他の国のエンブレム一覧

アメリカ、スウェーデンといったほかの外国メーカーのエンブレムも紹介します。

アメリカ

クライスラー

引用元:www.chrysler.com

クライスラーブランドで初めて世に出た自動車に付いたゴールドシールエンブレムと、ラジエーターキャップにあった翼の印を組み合わせ、パワーと飛翔を表しています。ほかにも五芒星のエンブレムがあります。

ジープ

文字だけのシンプルなエンブレムです。「ジェネラル・パーパス」(アメリカ軍の偵察車)の略語「GP」が早口で発音されたからという説が有力です。

シボレー

十字に見えますが、ボウタイ(蝶ネクタイ)を図案化しています。

キャデラック

キャデラック伯爵家の紋章がベースです。ビート・モンドリアンというアーティストからアレンジを受けています。

テスラ

アメリカの電気自動車専門メーカーです。Teslaの頭文字を図案化しています。

スウェーデン

ボルボ

丸で囲まれた「VOLVO」(アイアンマーク)の右上に矢印の先端が出ています。これは「鉄のように頑丈」という意味が込められています。車のフロントグリルは棒が貫いたような形になっています。

まとめ

現在日本に輸入されている外国車メーカーのエンブレムを紹介しました。エンブレムには歴史と、車に関わった人たちの思いが凝縮されています。

エンブレムに思いを馳せながら、カーライフを楽しんではいかがでしょうか。