【オーナー必見】現行(30系)アルファード純正サイズにおススメのタイヤ15選をご紹介します!

2019年05月18日

【オーナー必見】現行(30系)アルファード純正サイズにおススメのタイヤ15選をご紹介します!

labelアルファード labelタイヤ

30系 アルファードにおすすめのタイヤを厳選して紹介していきます。タイヤの買い替えを考えている方は、参考にしてみてください。

30系 アルファードの純正タイヤサイズ

30系 アルファードに装着できる純正タイヤの大きさは、3種類となっています。それぞれ詳しくタイヤの大きさを見ていきます。

インチ数 18インチ 17インチ 16インチ
扁平率 50 60 65
タイヤ幅 235 225 215

基本的には17インチが標準的な大きさとなり、上位グレードだと18インチが装着されるようです。

235/50R18 を装着しているグレード

  • 3.5L SC
  • 2.5L S
  • 2.5L Cパッケージ
  • 2.5L Aパッケージ

225/60R17を装着しているグレード

  • 3.5L Executive Lounge
  • 3.5L Executive Lounge S
  • 3.5L GF
  • 2.5L G
  • 3.5L G サイドリフトアップチルトシート搭載車

215/65R16を装着しているグレード

  • 2.5L X
  • 2.5L G サイドリフトアップチルトシート搭載車
  • 2.5L S サイドリフトアップチルトシート搭載車
  • 2.5L X サイドリフトアップチルトシート搭載車

(215/65R16)サイズの30系 アルファードにおすすめタイヤ5選!

それでは、30系 アルファードで一番小さいサイズのタイヤを見ていきます。

低燃費(エコ)タイヤ

燃費性能を重視する方はこちらをおすすめします。

NEXEN N'blue HD Plus

燃費性能に配慮しながら、ハンドリングも優れるのがN'blue HD Plusです。

新たに開発されたトレッドは、転がり抵抗削減することに寄与しており、エネルギーを無駄なく路面に伝えてくれます。価格は約15,000円です。

ミニバン専用タイヤ

30系 アルファードにおすすめのミニバン専用タイヤを見ていきます。

BRIDGESTONE ECOPIA NH100RV

ミニバンに定員乗ってもふらつかない安定感が魅力です。しかも、サイドプロテクトと呼ばれる構造で、縁石や路肩とタイヤが擦れてもダメージを受けないので、運転が苦手な奥さんも安心です。価格は14,000円~16,000円です。

コンフォートタイヤ

燃費や走行性能などバランスの取れたコンフォートタイヤを見ていきます。

MINERVA EMⅠ ZERO HP

このタイヤはコンフォートだけではなく、スポーツ走行もこなせる万能タイヤとなっています。左右違うパターンは偏摩耗からも守ってくれるので、安心して履くことができるのです。価格は衝撃の約5,000円~となっています。

プレミアムコンフォートタイヤ

30系 アルファードにおすすめのプレミアムコンフォートタイヤを見ていきましょう。

GOODYEAR EfficientGrip ECO

このタイヤは確かな静粛性と、落ち着きのあるしっとりした乗り心地が特徴です。ロードノイズをゴツゴツと拾うのではなく、優しく包んでくれるような印象を持ちます。それでいて、ロングライフということでオーナーには嬉しい限りです。

価格は約13,000円となっています。

スポーツタイヤ

少しスポーツ走行したいという方にもおすすめなタイヤを見ていきましょう。

BRIDGESTONE DUELER H/P SPORT

開発コンセプトが「ハイウェイラグジュアリー」ということで、高速性能時にラグジュアリーな乗り心地を実現してくれるタイヤとなっています。特にアメリカで人気を博したモデルとなっています。価格は約11,000円となっています。

(225/60R17)サイズの30系 アルファードにおすすめタイヤ5選!

一番標準的な30系 アルファードのタイヤサイズを見ていきましょう。

低燃費(エコ)タイヤ

低燃費性能に特化したタイヤを紹介していきます。

YOKOHAMA BluEarth RV-02

ミニバンに求められる性能はもちろん、低燃費性能にも最大限配慮したのがBluEarth RV-02です。

燃費性能以外にもタイヤの美しさや、乗り心地の良さにも定評があるタイヤになっています。価格は約12,000円となっています。

ミニバン専用タイヤ

30系 アルファードのようなラグジュアリーミニバンにおすすめのタイヤを見ていきましょう。

TOYO TRANPATH LuII

30系 アルファードの上質な乗り心地を最大限に引き出してくれるのが、こちらのラグジュアリーミニバン専用タイヤでしょう。

万人受けする乗り心地は、多くの方が乗るミニバンにはもってこいですよ。

価格は約10,000円と手の届く価格も嬉しいところです。

コンフォートタイヤ

30系 アルファードにぴったりのコンフォートタイヤを見ていきましょう。

DUNLOP VEURO VE303

もともと低燃費性能が評価されていましたが、乗り心地もかなり良いと言われています。

ワンランク上の乗り心地に変化するようですから、30系 アルファードにはおすすめと

いえるのではないでしょうか。価格は14,000円~20,000円となっています。

プレミアムコンフォートタイヤ

上質な乗り心地を実現するプレミアムコンフォートタイヤを紹介していきます。

GOODYEAR EAGLE RVF

ミニバン専用タイヤとして発売されていますが、高速道路での乗り心地が良く、ふらつきも抑えてくれます。遠出する回数が多い方におすすめのタイヤではないでしょうか。

価格は約13,000円となっています。

スポーツタイヤ

ある程度の要求にも応えうるスポーツタイヤを紹介していきます。

VITOUR FOURMULA X

VITOURのタイヤは耐摩耗性に定評があり、スポーツ走行しても減りにくいというメリットがあります。

タイヤのローテーションに関しても、通常よりも推奨期間が長くなっているので、メンテナンス性も高いのがおすすめ理由です。

価格は約10,000円とてごろな価格になっています。

(235/50R18)サイズの30系 アルファードにおすすめタイヤ5選!

大きいサイズで30系 アルファードに装着したいタイヤを見ていきましょう。

低燃費(エコ)タイヤ

18インチの低燃費タイヤを紹介していきます。

DUNLOP ENASAVE RV504

低燃費とロングライフでトップクラスの性能を誇る、ENASAVE RV504がおすすめです。

30系 アルファードのような大きな車でも、アクセルを離してもスーッと進む感覚は驚くはずです。

価格は13,000円~20,000円となっています。

ミニバン専用タイヤ

最上級グレードにふさわしい、高品質なミニバン専用タイヤを見ていきましょう。

BRIDGESTONE Playz PX-RV

燃費性能や直進性など基本的な性能が高いことは間違いないです。

曲がる・止まるといった基本性能が高いので、ドライバーのストレスを軽減し、長時間の運転も苦にならないでしょう。

価格は21,000円~27,000円とミニバン専用タイヤにしてはかなり高価格帯です。

コンフォートタイヤ

価格と性能のバランスが丁度良いコンフォートタイヤを紹介していきます。

HANKOOK VENTUS V12 evo2

このサイズのタイヤとしては、静粛性・走行性能ともに及第点と言えるでしょう。このタイヤのおすすめポイントは、やはり価格の安さでしょう。18インチタイヤの価格帯でも、安い部類であり、この性能なら納得です。

価格が約8,000円ですから、他と比べてもかなり安いですね。

プレミアムコンフォートタイヤ

とにかくタイヤの性能を求めたプレミアムコンフォートタイヤを紹介します。

YOKOHAMA ADVAN dB V552

ADVANと関していますが、こちらのタイヤは街乗りする方向けのADVANとなっています。

ライバルとなるREGNOと比べても、静粛性や快適性は遜色ないですから、後は好みの問題といえるでしょう。

価格は約20,000円~27,000円となっており、価格もプレミアムなタイヤとなっています。

スポーツタイヤ

30系 アルファードに装着したい、本格派スポーツタイヤを紹介していきましょう。

BRIDGESTONE POTENZA S007A

世界のプレミアムカーにも多く純正として装着される、POTENZAはミニバンのスポーツタイヤとしてもおすすめです。そして、何よりタイヤのデザインがかっこいいですよね。18インチにような大きいサイズのホイールにはぴったりなんです。

価格は23,000円~30,000円となっています。

タイヤサイズはどこに書いてある?

タイヤサイズは、タイヤ幅、扁平率、インチ数で決まります。

タイヤの側面を見ていただくと、215/65/16このような表記があるはずです。

これはタイヤ幅が215、扁平率が65、インチ数が16インチということを示しています。

なので、タイヤを購入する前に装着しているサイズを確認しておきましょう。

まとめ

30系 アルファードのタイヤを紹介してきました。

サイズが大きい傾向にあるので、価格も高くなっています。

そのため、国産以外にもアジアタイヤを検討するのもアリでしょう。