CWプレマシーのカスタムパーツを紹介!

2019年05月14日

CWプレマシーのカスタムパーツを紹介!

labelプレマシー labelカスタム全般

マツダのミニバンであるプレマシーのCW系をカスタマイズしてかっこよくしたり、走行性能を上げたいと願っていませんか?あなたの願いを叶えるために、CWプレマシー向けのエアロパーツやホイールなどのカスタムパーツを紹介し、実際のカスタム事例も挙げます。この記事でプレマシーをドレスアップするためのヒントを知ることができます。

プレマシーってどんな車?

マツダ・プレマシーは1999年にファミリアをベースとしたコンパクトミニバンとして発売されました。2005年に3ナンバーサイズのミニバンとしてフルモデルチェンジを受けています。

2018年にはマツダのミニバン市場撤退を受け、新車販売が終了になってしまった為、現在は中古車市場でしか入手できません。しかし、大きすぎず使い勝手のいいボディサイズと、走りの良さからいまでも人気は健在!本記事では、2010年からの最新モデルだったCW系について取り上げていきます。

プレマシーのスペック

CW系プレマシーの主要スペックをグレード別に紹介します。各データは2016年7月の最終マイナーチェンジ時のもの。

20C 20C-スカイアクティブ 20S 20S-スカイアクティブ
全長(mm) 4585
全幅(mm) 1750
全高(mm) 1650 1615 1650 1615
車両重量(kg) 1580 1490 1580 1490
エンジン 2.0L水冷直列4気筒DOHC16バルブ
駆動方式 フルタイム4WD FF フルタイム4WD FF
トランスミッション 4AT 6AT 4AT 6AT
最高出力 (PS) 139 151 139 151
最大トルク (kgf・m) 17.8 19.4 17.8 19.4
燃費性能 (JC08モード) (km/l) 10.6 16.2 10.6 16.2

こうしてみるとスカイアクティブ仕様の燃費の良さが際立ちますね!レスポンスやエンジンのふけ上がりも評判がいいですから、今から狙うならスカイアクティブ仕様一択でしょう。

気になるプレマシーの中古車価格は⁉

驚くべきことにスカイアクティブ仕様でもほとんど値段が変わりません。最近のスタッドレスタイヤは高性能ですから、よほどの豪雪地帯でなければ4WDは必要ないのでしょう。

念のため付け加えておくと4WDでもスタッドレスタイヤでなければ滑ってしまうため、雪道では無力です。

20C 20C-スカイアクティブ 20S 20S-スカイアクティブ
中古車価格帯 (万円) 59~173.6 65.4~175.2 30.3~208.3 72.8~200
中古車相場 (万円) 139.6 124.5 103.8 137.6

CWプレマシーにおススメのカスタムパーツをピックアップ!

フロントアンダースポイラー

引用元:www.kenstyle.co.jp

アンダースポイラーを装着することで、実用性重視のミニバンとは思えない威厳に満ちた風貌を演出できます。底面を揃えて重厚なイメージが出来上がるのです。車の前方から流れてくる空気をコントロールし、乱気流を防いでバランスを維持してくれるなど、機能面でも恵まれます。

リアアンダースカート

引用元:www.kenstyle.co.jp

リアアンダースカートもスポイラーの一種なので、車体から後方へ流れてきた乱気流を整え、車の乗り心地やグリップ能力を高めます。フロントアンダースポイラーとの併用で迫力あるビジュアルを演出できます。

ホイール

引用元:www.kyoho-corp.jp

ホイールも車の印象に与える影響が大きいため、こだわりを持った選択が重要です。おすすめはシュタイナーLMXです。スポーク数が多く、フォークのような形をしたデザインにより、従来のプレマシーからは考えられないエキゾチックな雰囲気を醸し出せるでしょう。

車高調

ミニバンをかっこよく見せるなら、車高調やダウンサスで車高を下げれば、ミニバンでも低重心で堂々とした佇まいにできます。ただし下げすぎると底面が地面にこすってダメージになったり、車検に不合格になったりするので注意しましょう。

上記のTEIN製のような車高調をプレマシーに装着することで、グリップ力が高まり、コーナリング時の傾きを軽減できます。プレマシーは元々幅の数値が高さより大きいミニバンなので、ほかの車高調入りミニバンと比べてもより安定感が伝わってくるでしょう。

CARTUNEユーザーのプレマシーカスタム事例

CARTUNEユーザーのプレマシーに対する実際のカスタム事例を2つ紹介します。

kame_TaN

プレマシーにホイールのPF07を装着しています。PF07は純潔な金色の光沢が見る者の目を引きます。黒と金色の相性は視覚的にも抜群で、純正では実現できないおしゃれ感が演出されています。

たか

青いホイール、サイドの文字入りのステッカー、下げられた車高などで、レーシングカーとはまた違ったロックな見た目を披露しています。 夜に走ると凄まじい迫力が感じられるでしょう。

まとめ

CW系プレマシーのエクステリアのカスタマイズを伝えました。プレマシーはミニバンのなかでも愛らしい形状をしているので、カスタムパーツで魅力を引き出しやすいです。

エクステリアのカスタムパーツは車の見た目をユーザー好みに仕上げられるだけでなく、走行性能をアップさせ、上質な乗り心地を届けてくれます。

プレマシー用のパーツには本記事で紹介した以外にも、色々なメーカーから魅力的なものが手に入りますので本記事で興味を持ったら調べてみましょう。