これからアルテッツァを購入するにあたって知っておきたいこと

2019年05月11日

これからアルテッツァを購入するにあたって知っておきたいこと

labelアルテッツァ label車雑学

ミドルクラスのFRスポーツモデルとして、走り好きには現在でもなお人気があるアルテッツァ。そんなアルテッツァをこれから購入しようと考えている方の為に、知っておきたいことや注意点などを紹介しましょう。

アルテッツァの基本情報

4WDスポーツセダンブームの中で、FRという駆動方式にこだわって作られたミドルクラスのセダンです。走行性能と居住性の両立を実現するために、新型FRプラットフォームを開発。重量バランスも考慮して縦置きエンジンをフロントミッドシップに置きました。さらにショートオーバーハングと、走りへのこだわりがうかがえます。

エンジンは2000ccで、直4と直6があり、エンジンにより6MT、5AT、4ATの3種類のミッションが組み合わされました。クロノグラフ時計をイメージしたメーターやモノトーンの内装など、室内の作りにもスポーティな感覚がちりばめられています。

海外ではレクサスのエントリーモデル「IS」の初代モデルとして販売されました。

「アルテッツァ」とはイタリア語で「高貴」という意味です。

アルテッツアの生産期間およびモデル数

アルテッツァの発売は1998年10月30日。2001年5月にマイナーチェンジを行い、2005年3月に「RS200」が生産終了、2005年7月に販売を終了しています。

基本のグレードは「AS200」と「RS200」で、それぞれに仕様違いが3車種あり、計8つのモデルが販売されました。

アルテッツアのグレード・価格

アルテッツァの販売当時の新車価格は以下のようになっていました。

グレード 価格
2.0 AS200 (6MT)2,140,000円(税抜)(4AT)2,150,000円(税抜)
2.0 AS200 Lエディション (6MT)2,95,5000円(税抜)(4AT)2,97,5000円(税抜)
2.0 AS200 Zエディション (6MT)2,380,000円(税抜)(4AT)2,390,000円(税抜)
2.0 AS200 ワイズセレクションⅢ (4AT)2,100,000円(税抜)(4AT)2,350,000円(税抜)*ナビパッケージ
2.0 RS200 (6MT)2,310,000円(税抜)(4AT)2,330,000円(税抜)
2.0 RS200 Lエディション (6MT)3,150,000円(税抜)(5AT)3,190,000円(税抜)
2.0 RS200 Zエディション (6MT)2,530,000円(税抜)(4AT)2,560,000円(税抜)
2.0 RS200 リミテッドⅡ (6MT)2,300,000円(税抜)(5AT)2,340,000円(税抜)(6MT)2,630,000円(税抜)*ナビパッケージ(5AT)2,670,000円(税抜)*ナビパッケージ

アルテッツァのスペック

アルテッツァの主要諸元は以下の通りです。車重等はグレードや装備によって若干の差はあります。

諸元 AS200 RS200
全長×全幅×全高 4400 x 1720 x 1410 (mm)
ホイールベース 2670(mm)
車両重量 1310(kg) 1350(kg)
排気量 1988 cc
最高出力/回転数 118 kW (160 PS) / 6200 rpm 154 kW (210 PS) / 7600 rpm
最大トルク/回転数 200 N・m (20.40 Kgf・m) / 4400 rpm 216 N・m (22.00 Kgf・m) / 6400 rpm
エンジン形式 1G-FE 3S-GE
エンジン種類 直列 6気筒 DOHC 直列 4気筒 DOHC
燃料 レギュラー ハイオク
燃料タンク容量 60L
10-15モード燃費 11.6(km/l) 11.4(km/l)
サスペンション(前) ダブルウイッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウイッシュボーン
タイヤサイズ(前) 195/65R15 215/45ZR17
タイヤサイズ(後) 195/65R15 215/45ZR17

アルテッツアの中古車市場での販売価格

アルテッツァの中古価格を見ると、20万円台〜70万円台が中心となっています。しかし中には10万円台や150万円を超える車両などもあり、かなりの価格差が見られます。これは販売終了から15年近い年月が経っていることによる走行距離の差が大きいと考えらます。

ほとんどが5万km〜15万kmですが、中には20万kmを超えている車両もあります。

アルテッツアの維持費はどれくらい?

ミドルクラスのFRセダンで、今は希少なMTもある・・・とアルテッツァに乗ってみたい方は多いのではないでしょうか?それではアルテッツァの維持費を概算で計算してみましょう。

車検費用・税金

まずは、車検費用や税金を見てみましょう。

  • 自賠責保険 25,830円
  • 自動車重量税 45,400円(13年経過)50,400円(18年経過)
  • 印代・証紙代 1,200円(指定工場)
  • 基本整備費用 48,600円(トヨタディーラー車検・Mクラス)

タイヤ代や燃料代

燃料代などはどのくらいかかるのでしょうか?

燃費11(km/l)、月間走行距離1,000kmとすると、燃料使用量は一ヶ月で約90L。

ハイオク1L 150円、レギュラーガソリン1L 140円だとして、RS200で年間162,000円、AS200で151,200円となります。

ここまでを単純に計算すると、車検費用÷2+燃料代で、一年間で約230,000円ほどの費用がかかることになります。

タイヤの費用は選ぶタイヤによってかなりの差が出来ます。

215/45ZR17サイズでは、アジアンタイヤだと1本4,000円〜5,000円(4本で約20,000円)。対して日本メーカーのブリジストンやヨコハマタイヤでは1本15,000円〜25,000円ほどするので、4本交換すると約60,000円〜約100,000円ほどかかります。

195/65R15サイズでもアジアンタイヤだと1本3,000円〜5,000円(4本で約20,000円)。日本メーカーでは1本10,000円〜15,000円(4本で約40,000円〜約60,000円)の費用がかかります。

純正部品や社外部品の供給具合

初年度登録から年月が経ってくると走行距離も多くなり、交換が必要な部品がどうしても増えてきます。自動車部品メーカーは、カーメーカーに対して10~15年間ほどは補給部品の供給義務があるようですが、そろそろ部品メーカーからの供給は終わっている時期になります。ネットで調べてみてもアルテッツァの純正部品の在庫状況は、ブレーキパッドやオイル/エアフィルターなどしか出てきません。

しかしアルテッツァは社外からのアフターパーツも多数発売されているので、オークションサイトなどをチェックしてみるのがいい方法でしょう。

CARTUNEユーザーのアルテッツアカスタム事例

CARTUNEにもアルテッツァユーザーが多数いらっしゃいます。CARTUNEユーザーの皆さんは、どのようにアルテッツァをカスタマイズしているのでしょうか。

F.G。1892変なおじさん さん

マルちゃん さん

こーきん さん

ひゅーまさ さん

コウスケ0221 さん

まとめ

これからアルテッツァを購入しようと考えている方に、少しはお役に立てたでしょうか?

最初にも書いたように、今では貴重な存在となったミドルクラスのFRスポーツセダン。特に今はMT車がほとんどないので希少価値も高いと思います。

しかし、サーキットを走ったり足回りをいじったりなど、必要以上に負担が掛かった車両も多いので、購入される際にはエンジンやサスペンションなどの走行に関わる部分をきちんとチェックする必要があります。そして、購入後の維持費もそれなりに掛かることを覚えておいて下さい。