現行シエンタのグレードや価格ならびにスペックを紹介!

2019年05月03日

現行シエンタのグレードや価格ならびにスペックを紹介!

labelシエンタ label車雑学

コンパクトなのに3列シートを備えたトヨタのシエンタは、ヴォクシーなどのミニバンは大きすぎて扱いずらいと思う人を中心に大人気となっています。そこで、現行のトヨタシエンタについて、グレード・価格・スペックなど 、CARTUNEユーザーのカスタム事例を含めてご紹介します。

シエンタの基本情報

2015年7月に発売された2代目となる現行モデルのシエンタは、スポーティなエクステリアながら5ナンバー枠内のサイズを維持した全長約4.2mのコンパクトサイズのボディに、低床フラットフロアによる高効率パッケージを採用し、3列シート7人乗車を可能としているコンパクトサイズのミニバンとなっています。

特長・魅力

シエンタの特徴としては、まず「トレッキングシューズ」をイメージしたという独創的なデザインがあります。フロントはヘッドランプから一筆書きのようにつながるバンパーガーニッシュでワイド&ローを強調させたことで、小動物の様なルックスとなっています。

また室内は、低床フロアにより、スライドドアのステップさは330mmと低く、ドアの幅も665mmもあって乗り降りしやすくなっています。また、座席は後席に行くほど高くなり、3列シートのどこに座っても見晴らしのいいレイアウトとなっています。

また、アクアや現行カローラアクシオと同じ1.5L+ハイブリッドシステムにより28.8km/Lという低燃費性能も大きな魅力となっています。

さらに、近年のアウトドアブームに対応するために3列目シートを取り払い、広大なラゲッジスペースを持つ5人乗り2列シート仕様の「FUNBASE」を2018年9月に追加設定し、これまでの3列シート仕様と合わせた選択肢の多様性を付加しています。

グレード・価格

シエンタのグレード構成は、1.5L車、ハイブリッド車ともにG Cueroを最上級グレードとし、装備内容の違いによりGとXが設定されます。そして、2列シート仕様のFUNBASEにはGとXのみが設定されています。

グレード 乗車人数 メーカー希望小売価格(4WD)
1.5G Cuero 7人乗り 2,172,960円(2,314,440円)
1.5G 7人乗り 2,020,680円(2,162,160円)
1.5X 7人乗り 1,816,560円(1,958,040円)
1.5FUNBASE G 5人乗り 1,980,720円
1.5FUNBASE X 5人乗り 1,776,600円
ハイブリッドG Cuero 7人乗り 2,532,600円
ハイブリッドG 7人乗り 2,380,320円
ハイブリッドX 7人乗り 2,226,960円
ハイブリッドFUNBASE G 5人乗り 2,340,360円
ハイブリッドFUNBASE X 5人乗り 2,187,000円
1.5G 車いす仕様車 5人乗り 2,317,000円
1.5X 車いす仕様車 5人乗り 2,130,000円

スペック

シエンタのパワーユニットは、通常モデル2列シート仕様のFUNBASEともに、1.5Lガソリンエンジンとハイブリッドの2種類。そして 車いす仕様車には1.5Lガソリンエンジンのみが設定されます。

ボディサイズ

3列シート車 2列シート車(FUNBASE )
全長/全幅/全高(mm) 4,260/1,695/1,675
室内長/室内幅/室内高(mm) 2,535/1,470/1,280 1,900/1,490/1,280

スペック

1.5L ハイブリッド
エンジン種類・排気量 直列4気筒1,496cc
最高出力 kw(ps) 80(109)/6,000 54(74)/4,800
最大トルク N・m(kgf・m) 136(13.9)/4,400 111(11.3)/3,600~4,800
モーター最高出力 kw(ps) 45(61)
モーター最大トルク N・m(kgf・m) 169(17.2)
JC08モード燃費 ㎞/L 15.4~20.2 28.8

現行シエンタのカスタム事情

主婦の方も乗りこなすファミリーカーのシエンタを、カスタマイズする需要ははたしてあるのだろうかと思いましたが、メーカー系のTRDやモデリスタにはエアロを始め豊富なカスタムパーツが揃っています。

MODELLISTAエアロキットA

モデリスタ独自のセンスある洗練された大人のエアロスタイルが、ファミリーカーの生活感を少しだけ消してくれます。小さなお子さんがいてもオシャレは忘れたくないそんな若い夫婦にピッタリのエアロキットです。

塗装済セット価格

  • 137,160円

塗装済み単品価格

  • フロントスポイラー 51,840円
  • サイドスカート 62,640円
  • リヤスカート  37,800円

TRDエアロパーツセット

「トヨタと言えばやっぱりTRDでしょ」という方も多いと思います。そのTRDが持つモータースポーツの感性で磨いたダイナミックで個性あるエアロパーツは、形状こそ控えめですが、思わず走りだしたくなる衝動にかられます。出来れば、プッシュスタートスイッチなど他のTRDアイテムも揃えると、スポーツムードがより一層盛り上がります。

塗装済セット価格

  • 129,600円

塗装済み単品価格

  • フロントスポイラー:38,880円
  • サイドスカート:54,000円
  • リヤアンダースポイラー:36,720円

CARTUNEユーザーのカスタム事例

CARTUNEユーザーさんのカスタム事例をのぞいてみましょう。他車種に比べて大胆なカスタマイズをされていないのが、ファミリータイプのシエンタならでは。エアロも上記のTRDやMODELLISTAの比率が高く、ミニバンならではの機能性を損ねない範囲のカスタマイズになっているようです。

WORKのエモーションが良い選択です。白いボディにゴールドが映えます。ご本人が言うように足元が決まると、車全体がスタイリッシュになります。FUNBASEなんですね。

モデリスタと少し落ちた車高。この微妙なバランスがキモですね。ドンドン攻めたいけどファミリーカーとしてのお勤めもあるし、シエンタはこのあたりがポイントになります。

まとめ

3列シートのミニバンはファミリーカーの定番ですが、3列シートをフルに利用する機会はほとんどないのが現状です。そうなるとヴォクシーやセレナのようなミニバンは空気を運んでいるようなもの。

そこで、シエンタのようなコンパクトミニバンなら一人で乗っていても無駄がなく、いざという時には多人数乗車も可能になるのです。しかも、どれも似かよった箱型のミニバンよりスタイリッシュでポップなデザインなのも人気の要因です。

オラオラ!系のミニバンが好きなCARTUNEユーザーさんも多いと思いますが、ファニーフェイスでまったり系のシエンタも良いですよ。こうなるとフリードが気になってきますね。