BMW3シリーズをカスタムしたい人必見!おすすめカスタムパーツを紹介!

2019年04月26日

BMW3シリーズをカスタムしたい人必見!おすすめカスタムパーツを紹介!

label3シリーズ labelカスタム全般

国産のカスタム車は多く見かけますが、BMW3シリーズのカスタムをあまり見かけないので、どのようなカスタムパーツがあるのか知らない人も多いでしょう。また、BMW3シリーズは、カスタムする車として最適な車ということも知らない人も多くいます。そこで、BMW3シリーズをカスタムをしたい人のために、おすすめのカスタムパーツをご紹介します。

【BMW3シリーズ】外装パーツ

BMW3シリーズで、外装パーツの種類が多いのが前モデルのE9X系となります。

新型も良いですが、E9X系もスタイルに古さを感じさせずそのままでも十分カッコ良い車です。

もともと素材が素晴らしいBMW3シリーズですから、手始めに外装からカスタマイズして自分好みに煮詰めていけば、素晴らしい一台が完成します。

そして、現行モデルのF3X系もすでに多くのパーツが販売されているので、純正のMシリーズよりカッコよくすることができます。

F30・F31、2012年ー2016年用カーボンリップスポイラー

多くのメーカーからBMW3シリーズ用のリップスポイラーが出ていますが、海外製だとフィッティングが悪かったりネジ穴が合わないなど、取付に際し不具合が多く見られます。

しかし、「GARBINO」製は、日本製なのでフィッティングはばっちりで、ネジ穴も問題ありません。

カーボンにはクリア塗装済なので、商品到着後すぐ取り付けが可能です。

フロント スポーティ グリル BMW 3 シリーズ F30 F35

リーズナブルな価格で、フロントマスクをスポーティーな雰囲気に変えることができるグリルです。

グロスブラック(艶あり黒)にMカラーを施してあり、高級感がぐっと増します。

取付方法も、純正グリルと交換するだけなので非常に簡単です。

3D design

さりげなく他のBMW3シリーズと差をつけたい方には、3D designのエアロパーツがおすすめです。

さりげないとはいえ、装着すればBMW3シリーズをスポーティーな雰囲気に変えることができ、ノーマルのMシリーズより迫力のあるスタイルにすることができます。

迫力があるといっても、嫌みがあるデザインではないので、BMWの高級感を崩すことがなく取り付けられるのが魅力です。

【BMW3シリーズ】足回り・マフラー

BMW3シリーズはもともと素晴らしい足回りを持っているので、走りに関しては申し分ありません。

しかし、もっとワインディングを気持ちよく走りたい方やサーキットでタイムを縮めたい方には、足回りを交換すると劇的に変化します。

また、長く乗った車がサスペンションにヘタリが出るのはBMWも変わりありません。

そこで、純正交換も良いですが車外の足回りを装着して走りをもっと楽しくする方法もあります。

そして、マフラーもスポーティーな音質に変えられるマフラーに交換すれば、ワインディングを気持ちよく走ることができます。

最近のマフラーは、アイドリングや低速走行では純正同等の音質で、アクセルを踏み込んだ時にスポーティーな音色となるマフラーがほとんどなので、近所迷惑となることもありませんから安心してマフラー交換もできます。

サスペンション

サスペンションを交換する場合、ドレスアップ目的で車高を下げる方や、本格的な走りを求めて足回りの交換をする2通りに分かれるでしょう。

ドレスアップ目的では、車高を落とすことに重点を置いた車高調を取り付ければ良いですが、走りを求め場合、自分がどのステージで走行するかによって、足回りを選ぶことに迷いが生じます。

おすすめの足回りは、アイバッハ PRO-STREET-S車高調システムです。

純正の乗り心地を犠牲にすることなく、スポーツ走行を可能にする車高調システムです。

アイバッハは、ドイツのスプリングメーカーで、フェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンに純正採用される世界トップレベルのメーカーです。

この、アイバッハ PRO-STREET-Sは、20mm~70mm車高を下げることができ、スプリングには錆に強いステンレス鋼を使用しています。

BMWのショックアブソーバーは、スポーツモデルでは足回りを固めてゴツゴツした乗り心地になりますが、この車高調は足回りは固くなく乗り心地が快適なのが特徴です。

固い足回りではありませんが、コーナリング時のロールを抑えコントロール性が良いのが特徴です。

ホイール

足回りを引き締めるうえで欠かせないのがホイールとなります。

ホイールは、1インチ上げるだけで車の印象ががらりと変わり、BMW3シリーズをよりエレガントでスポーティーなイメージに変えます。

また、より軽いホイールを装着すれば運動性能や乗り心地、そして燃費の向上につながります。

そこでBMW3シリーズをスポーティでエレガントに見せるおすすめホイールは、SSRのGTX02です。

軽量で剛性が高いことで有名なSSRのホイールは、純正や量産品では手にできない性能をモットーに開発されており、BMW3シリーズにはもってこいのアルミホイールとなります。

GTX02には、ダークシルバーとグロスブラックの2色が用意されてます。

マフラー

せっかくマフラーを交換するなら、高回転まで回した時に気持ち良いサウンドを奏でるマフラーを手に入れたいものです。

マフラーを購入するには、チューニングパーツメーカーの量産タイプや、ワンオフ製作のマフラーがあります。

ワンオフマフラーは、ユーザーの好みの仕様でマフラーを製作でき、音質やエンジンのトルク特性にも注文を付けて制作ができる反面、高価となるのがデメリットです。

変わってメーカ―量産タイプであれば、音質とエンジンのトルク特性を純正より味付けを変えた商品がほとんどで、値段もそれほど高くはありません。

BMWといえばREMUSのマフラーが定番で、低音が強調され迫力あるサウンドが魅力ですが、このほかにも海外でも絶大な人気の3Ddesignのマフラーは、低回転から高回転まで、音質によどみがなく吹け上がり、スポーツマインドがくすぐられます。

【BMW3シリーズ】内装パーツ

BMW3シリーズの内装カスタムパーツには、よりスポーティーな演出をする商品が多くあります。

エアコン吹き出し口用のトリムやパワーウィンドウスイッチのトリムをカーボン調とする商品や、ステンレス製のペダルなどに交換するだけで、室内の雰囲気はがらりと変わります。

アルミ フット ペダル

純正オプションパーツに似たデザインですが、かなり安く手に入るアルミフットペダルです。

足元がそっけなく感じるBMW3シリーズも、この商品を付ければ車のドアを開けた瞬間に華やかさに包まれます。

エアコン 吹き出し口 用 インテリア パネル センター&サイド 7枚セット

エアコンの吹き出し口にサテンシルバーの装飾を行えば、社内は高級感を出すことができます。

取り付けは、エアコン吹き出し口に貼り付けるだけなので非常に簡単です。

ライトスイッチ パネル カバー

BMW3シリーズのライトスイッチパネルは、そっけなく寂しい感じがします。

そこでアクセントに艶消しのメッキパーツを取り付ければ、ドライバーズシートに座った時の華やかさが増すでしょう。

パワーウィンドウ スイッチ 装飾 パネル セット

パワーウィンドウスイッチ周りに、サテンシルバーに輝くパネル装飾をすると、ドアを開放した時の上質感がぐっと増します。

先に紹介したパネル装飾キットと同時に装着すれば、社内の雰囲気はワンランク上の高級感となります。

CARTUNEユーザーのカスタム事例

20インチのアルミホイールのツライチをしっかりと合わせてあります。

リップスポイラーやサイドスカート、そしてエアロミラーを黒としていることで、より引き締まっていますね。

車高の低さ、そしてブルーのボディーカラーにうまく黒を取り入れ、ただモノではない雰囲気を出しています。

車内のトリム類をカーボンに変えて、スポーティーさが大きく増しています。

室内はドライバーにとって長く見ている空間なので、このようなスッキリとしたカスタムはカッコ良いです。

まとめ

BMW3シリーズに限らず、BMWは国産車に比べカスタムパーツが少ないです。

その少ないパーツの中には、BMW3シリーズをよりカッコよくスポーティーに変えることができるものがほとんどです。

外装からカスタマイズを初めて、他にはない自分だけのBMW3シリーズを作るも良いですし、走りを追求したBMW3シリーズをコツコツ作るのも楽しいでしょう。

BMWは、カスタマイズのベースとしてポテンシャルが高いので、弄りがいのある楽しい車です。