【ブリッド好き必見】ブリッドロゴが入ったシート生地を工夫して内装を張替えてみよう!

2019年01月09日

【ブリッド好き必見】ブリッドロゴが入ったシート生地を工夫して内装を張替えてみよう!

labelドア内張り labelカスタム全般

ブリッドのシートは、セーフティテクノロジーに基づいて製造されています。そのためブリッドのシートは、サーキット、公道、どのようなシーンであってもドライバーを安全に守ってくれるのです。シートにブリッドのロゴが入っているだけでも、ブリッドブランドを強調することができます。今回はブリッドロゴが入ったシート生地を工夫した内装の張替えについてご紹介します。

ブリッドロゴが入ったシート生地ってどんなもの?

フルバケットシート

シリーズ シェル素材
A.i.R. FRP製シルバーシェル
ZETA FRP製シルバーシェル
スーパーアラミド製ブラックシェル
カーボンアラミド製シェル
VIOS FRP製シルバーシェル
スーパーアラミド製ブラックシェル
カーボンアラミド製シェル
ZIEG FRP製シルバーシェル
スーパーアラミド製ブラックシェル
カーボンアラミド製シェル
RACING FRP製シルバーシェル
カーボンアラミド製シェル

リクライニングシート

シリーズ シェル素材
GIASⅡ スーパーアラミド製ブラックシェル
カーボンアラミド製シェル
STRADIA スーパーアラミド製ブラックシェル
カーボンアラミド製シェル
EUROSTER      ―
STREAMS      ― 
DIGO      ―

表皮素材は、すべて難燃生地となっています。シートはドライバーに一番近い部品で、万が一のときに体を守るためのシートを日本国内で製造してします。

ブリッドのシートは日本を代表するモータースポーツ関連企業および、関連チューニングパーツ製造・販売企業が加盟する業界団体であるASEA基準をクリアしたASEA認定製品であり、過酷な保安基準試験をクリアしている車検適合モデルです。

事故を想定し大きな力をシートにかけ、シートが破損しないか、規定時間保持できるかなどを調べ、シートの安全性まで確認されているほど丈夫なシートとなっています。

ブリッドロゴの入ったシート生地を張り替えてみよう!

先ほどはブリッドのシート生地についてご紹介しました。車のシートはお客様の好みに合わせることができるように使い分けられています。それぞれのシート形状やサイズによって、シートカバーは1つ1つ異なるからです。

シートカバーはCAD設計により、パターン図が制作され、自動裁断機によって裁断されたあと、熟練の職人の手作業で縫製することで、シートカバーへと仕上げられます。縫製後は専任の検品担当者が1枚ずつ検品し、縫い目やほつれの確認を行なうのです。

このような高い品質を作り上げているブリッドでは、オプションとしてブリッドロゴが入ったシートに張り替えることができるようになっています。ではどのような種類があるのかみていきましょう。

リアシート

リアシートのカラーパターンは、グラデーションロゴFA、ブラックロゴFA、レッドロゴFA、ブルーロゴFAの4パターンが用意されています。とくにグラデーションロゴFA、ブロックロゴFAの人気が高いです。どのような車種にもマッチすることから、これらのカラーが人気であるといえます。

レッドロゴFA、ブルーロゴFAは、スポーツカーによく似合うカラーです。スポーティさだけでなく、明るいデザインが注目度集めることでしょう。リアシートの張替えは86,400円からとなっており、少々高額に思えますが、ブリッドの洗練されたシート生地ですので、デザイン性も耐久性も抜群です。

ドア内張り

ドアトリムのカラーパターンは、リアシートのカラーラインナップと合わせたグラデーションロゴFA、ブラックロゴFA、レッドロゴFA、ブルーロゴFAの4パターン。細かなカスタマイズですが、シートと同時に張替えることで統一感が出てきます。見た目やデザイン性を追究する方に、ドアトリムの張替えはおすすめです。

CARTUNEユーザーカスタム紹介

ブリッドのシートを装着している例をみていきましょう。

BRIDE VIOSⅢ

グラデーションのデザイン性がブリッドの特徴を引き出しています。ドライブが楽しくなること間違いなしです。

BRIDE ZETAⅢ

レッドはオシャレで周りからの視線がたまりません。スポーティさ全開で、シートの後ろ側にもブリッドのロゴが入っていてかっこいいです。

BRIDE EUROSTERⅡ

写真でみても分かるように、肌触りがよく、心を落ち着けてくれる素材をしています。デザインもシンプルで人気商品のうちの1つです。

BRIDE ドアトリム(180SX)

ドアトリムのほかに、アームレストもブリッドデザインを採用することで統一感が出てきます。派手すぎず、しかしブリッドのロゴが存在感を強調しているところが良いです。

BRIDE ドアトリム(S15シルビア)

ドアトリムをレッドに張替えた例です。実際に張替えると分かるのが、スポーティさだけでなく、上品な雰囲気をもたらしてくれるカラーですので、抵抗なく装着することができるドアトリムです。

まとめ

今回はブリッドロゴが入ったシート生地を工夫した内装の張替えについてご紹介しました。ブリッドロゴが入っているシートはスポーティ感あふれるデザインをしています。ブリッドの生地は、素材そのものにこだわりがあり、座り心地も良いですので、オフロードを走っていても身体への負担を軽減してくれるのです。

フロントシートをブリッド仕様にすることはもちろんのこと、リアシートやドアトリムもブリッド仕様にすることで、車内のデザインが統一され、車に乗るのが楽しみになります。記事をお読みになって、車内をブリッド仕様に統一してみてはいかがでしょうか。