中古でプリウスを安く買って省燃費生活!中古プリウスのススメ!

2018年12月19日

中古でプリウスを安く買って省燃費生活!中古プリウスのススメ!

labelプリウス

燃費が良くて経済的で大人気のプリウスですが、新車の購入となると少し予算が…そんな方におすすめなのが中古車!中古プリウスのメリット・デメリットを紹介します。

トヨタ・プリウスとは

初代プリウス

1997年10月に発売された、世界初の量産車ハイブリッドカーです。THSを搭載し、当時の燃費基準である10.15モードで28km/リットルという驚異的な燃費を叩き出しました。これは当時の同クラスのAT車の約2倍というから、驚きです。

当時の車両価格は、ベースグレードで200万ほどでした。今の基準で考えると安いと思いますが、当時の同クラスの車は軒並み200万以下で買えるものが多く少々割高感が否めませんでした。そんな初代プリウスも、現在の中古車市場では驚くほど安値で取引されています。ですが、流通量も驚くほど少ないので、中古車探しは骨が折れそうです。

2代目プリウス

販売台数的には成功とは言えなかった初代プリウスからバトンを引き継いだ、2代目プリウスは見事ヒット車の仲間入りを果たすことになりました。THSは進化を遂げてTHSⅡとなり、燃費は10.15モードで35.5km/リットルとなりました。

デザインも現行まで続く、トライアングルモノフォルムを初採用し人気を集めました。販売価格はベースグレードでほぼ初代の据え置き価格となっていましたが、年を追うごとに装備が追加されて年々価格も上昇していました。2代目プリウスも、中古車価格は非常に安くなっています。初代と違い台数も豊富にありますので、よりどりみどりです。

3代目プリウス

世界中で人気を博すようになったプリウスは、3代目でボディサイズをひと回り大きくしました。それに伴いエンジン、モーター出力も向上させて高速走行性能を高めました。また燃費性能をさらにアップさせ、10.15モードで38km/リットルを達成しました。

このモデルからPHVも投入され、ますますハイブリッドカーとしての地位を確立していきます。G’sなどの特別仕様車も、このモデルから登場しました。発売当初は、ライバル社のハイブリッドカーとの販売価格競争により廉価グレードもありましたが、売れ筋グレードはなかなかの価格でした。今では中古車で安く手に入れることも出来ます。中古車台数は、歴代モデル中では最多なのでお気に入りの一台を見つけることができるはずです。

4代目プリウス

TNGAという、トヨタの新しいクルマづくりの思想を盛り込まれたプリウスです。デザインはトライアングルモノフォルムを踏襲していますが、より攻めたものとなっています。今まではどちらかというとエコ一辺倒だったプリウスですが、初めて明確に走りの良さをウリにしているのも特徴の一つです。

燃費はJC08モードで40.8km/リットルという、まさに驚異的というにふさわしいものとなっています。大幅にパワーアップしたプリウスですが、値段もアップしているのは致し方ないところです。中古車でも、まだモデル発売から日が浅く値段は高めです。安いものは過走行車だったり、修復歴があるものがほとんどなので選ぶ時には注意が必要です。

中古のプリウスを購入するメリット

中古のプリウスを買うメリットはやはり、車両価格ではないでしょうか?どの車にも言えることではありますが、車両価格が安いと一つや二つ上のグレードが手に入ります。プリウスの場合は、装備が上のグレードが手に入りますし、G’sやGRなどのスペシャルグレードが手に入ったり、PHVにも手が届くかもしれません。

PHVのAプレミアムというグレードは、約420万円です。もはや高級車といっても過言ではないですね。中古車なら400万円を切っている個体もありますので、少しは購入に近づきます。

もっとも2代目や3代目のプリウスであれば、流通台数が多いうえ、程度が良くても値段の安いものが多数あります。狙い目はこの辺りではないでしょうか。初代プリウスは価格は安いですが、流通台数が少なく、選ぶのが難しくある意味玄人向けと言えます。

注意点

中古のプリウスはお買い得ですが、注意しなくてはならないデメリットもあります。ハイブリッドカーという性質上、やはりガソリン車とは違う気づかいポイントがあります。その一番筆頭はやはり、バッテリーです。とくに初代は年数が経っているという事もありますが、トヨタとして初のハイブリッドカーだったので少々技術に粗さがありバッテリーの持ちは期待できません。

そして、バッテリー交換となるととても高価となります。工賃込みで40〜70万円というまさに破格です。ただ2代目、3代目では耐久性もグーンと上がりました。20万キロ程もつという噂もあり、交換も工賃込みで17万円程とだいぶさがりました。ここまでくれば、デメリットですが大して問題にはならないでしょうか。

ほかに挙げるとしたら、人気車ゆえに老若男女、様々な年代や性格の方が乗られている車となっていますので、程度は様々です。安いからと安易に飛びつくと、逆に高い買い物になる可能性もありますので、選ぶ際は中古が必要です。

プリウス専門店のご紹介

プリウスは人気車なので、流通量が大変多く専門店が存在します。そんな専門店をいくつか紹介します。

  • 株式会社K Produce nice

大阪府茨木市にあるK Produce niceは、関西最大級のプリウス専門店です。ノーマルプリウスのみならず、カスタム済みプリウス専門の在庫もあります。

  • 株式会社DMZ ディーエムゼット

千葉のプリウス専門店のDMZは、地域ナンバーワンの在庫数を誇ります。保証や各種サービスも手厚く、カスタムプリウスも手がけるまさに専門店です。

  • ecosale (エコセル) ハイブリッドカー(プリウス)専門店

最後はトヨタのお膝元の愛知にある、プリウス専門店です。こちらのお店では販売したハイブリッドカーのバッテリーに、納車時から5年10万キロの保証が付いています。ハイブリッドカーに買い換えたいけれど、躊躇している方もこれなら気軽に乗り換えられるのではないでしょうか。

まとめ

大人気のプリウスですが、最近は性能の向上に伴い価格も上がってきました。ですが、中古のプリウスならば、諦めていたグレードも購入圏内になることもあります。皆さんも中古のプリウスを検討して、賢く買い物をしてみてはいかがでしょうか。