自動車塗装をスプレーガンでやってみよう!スプレーガンでの塗装、手順を徹底解説します!

2018年10月03日 (更新:2019年03月02日)

自動車塗装をスプレーガンでやってみよう!スプレーガンでの塗装、手順を徹底解説します!

label塗装

スプレーガンはプロが使用するイメージがあります。広範囲を塗装できるので楽そう!、と思ってしまいますが、実際はどうなのでしょう?この記事ではスプレーガンで塗装するメリットやデメリット、スプレーガンで塗装をするための手順の疑問についてお答えしていきます。

スプレーガンで塗装するメリット・デメリット紹介

スプレーガンで塗装するメリットやデメリットはあるのでしょうか?楽そう!難しそう!というイメージが強いでしょう。

では、スプレーガンで塗装するメリットとデメリットを紹介していきます。

メリット

  • 広範囲を塗装できる
  • 塗装時間を短縮できる
  • 均一に塗装できる
  • 細かいでこぼこにも塗装できる

通常のスプレータイプより、広範囲をスプレーすることができます。なので、時間の短縮に繋がり、効率のいい作業が可能です。

また、スプレータイプやハケなどで塗装する場合、色ムラができたり、やる人によっては質の違いが出てしまいます。

スプレーガンであれば、塗料を均一にスプレーすることが可能です。

デメリット

  • 風の影響を受けやすい
  • マスキングをしっかりする必要がある
  • 費用がかかる場合がある
  • 独特な音がする

メリットがある一方でデメリットもあります。スプレーガンは散布する際の粒子が細かいので、風の影響を受けやすいです。

風が吹くことで、違うところに塗料がついてしまう場合もあるので注意しましょう。

違うところに塗料がつかないようにするために、マスキング加工をしっかりと行ってください。

スプレーガンは広範囲を塗装できますが、その分、塗料をたくさん使用するので、費用が掛かる場合もあります。

また、スプレーガンは独特な大きい音がします。近所迷惑になったりもするので、時間を考えて使用しましょう。

このようにメリットとデメリットがあります。使用する前にメリットとデメリットを見比べるといいでしょう。

試しに一度使用してみる!、というのも1つの手ですね。

スプレーガンで塗装するのに必要な道具

スプレーガンで塗装する際、必要なのはスプレーガンだけではありません。その他にも用意しなくてはならないものがあります。

では、スプレーガンで塗装する際に必要な道具について紹介していきます。

  • スプレーガン
  • コンプレッサー
  • エアホース
  • エアフィルター
  • カプラ
  • シールテープ
  • 塗料
  • クリーナー
  • 防毒マスクと吸収缶

これらが必要です。スプレーガンを購入するのは当たり前ですが、スプレーガンを稼働させるのに、コンプレッサーが必要です。

(場合によっては、コンプレッサーを使用しなくても、スプレーガンを使用できるものもある)

コンプレッサー以外にスプレーガンとコンプレッサーをつなぐため、エアホースやカプラ、シールテープが必要です。

それが準備できたら、塗料を準備しましょう。塗料は様々な種類があります。一番必要なのは下地、カラー、クリアの3つです。

車の種類によっては、塗料が下地やカラー、クリア以外に必要な場合もあります。確認してから購入しましょう。

スプレーガンを掃除するのに、専用のクリーナーを購入しておくといいでしょう。

スプレーを吸うのは体に毒なので、防毒マスクと吸収缶を準備しておきましょう。これらが揃っていれば、後は塗装するだけです。

スプレーガンで塗装するための手順  

次にスプレーガンで塗装するための手順についてです。スプレーガンで塗装する前に、マスキングテープや新聞紙などで養生しておきましょう。

では、スプレーガンで塗装するための手順を紹介していきます。

洗車する

まずは洗車をします。汚れが付いていると、塗装が剥げたり、ざらつきが残るのでしっかりと洗車してください。

傷やえくぼがないか確認

洗車しながらでも構いません。傷やえくぼがないか?を確認しましょう。

もし、傷やえくぼがある場合、そのまま洗車してしまうと塗装が成功しません。なので、パテなどで修理してから塗装します。

脱脂をする

そして、一番大切なのが脱脂です。脱脂をしなくては、塗装が上手に出来ません。丁寧に脱脂するようにしましょう。

マスキングする

マスキングは塗料が付くのを予防してくれます。マスキングを広範囲にしておきましょう。

下地のプラサフを吹き付ける

ここから、スプレーガンを使用していきます。まずは下地からです。下地のプラサフを散布します。

2~3回に分けて散布してください。乾燥するまで待ちます。

耐水ペーパーで磨く

乾燥したら、耐水ペーパーで磨いていきます。つるつるにしておかないと、カラーの塗装をした際に、塗装が剝れるので注意しましょう。

耐水ペーパーでつるつるになったら、エアブローガンで水滴やほこりを飛ばします。

脱脂をする

再度、脱脂をしましょう。脱脂はさぼらず、必ず行ないましょう。

カラー塗装をする

次にカラー塗装をしていきます。カラー塗料を作る際は、分量の計算をしっかりと行ないましょう。

塗装をする際は3~4回に分けて行ないましょう。薄く塗装していきます。

初めは端っこから塗装してください。1回目の塗装は、車体をスプレーガンを離しながら行ないます。そして、10分乾燥させます。

2回目~4回目の塗装は、本塗といいます。車体にスプレーガンを近づけ、スプレーガンの移動は一定のスピードで行ないましょう。

均一に塗る!ということを心がけます。1回塗ったら乾かす、1回塗ったら乾かすを繰り返します。

ゴミや虫がついた場合、エアブローで飛ばしましょう。

クリアで仕上げ

最後にクリアで仕上げていきます。クリアも2回~3回に分けて塗っていきます。1回目は薄く、均一に塗りましょう。

2回目は1回目の塗り加減を見ながら、艶を出すように塗っていきます。

クリアが垂れない寸前まで塗ると、艶が出て、綺麗に仕上がります。

これで完成です。コツとしては

  • 回数を分ける
  • 一定のスピードでスプレーガンを移動させる
  • 均一を心がける

です。

コツさえ覚えておけば、初心者でも成功します。ぜひお試しください。

まとめ

スプレーガンは簡単に広範囲を塗装できる!、というイメージがありました。しかし、使用する上でコツが必要です。

コツを覚えておけば、初心者でもスプレーガンを使用できます。メリットとデメリットがありますが、一度使用してみるというのもいいでしょう。

スプレーガンを使用する前に、必要なものは揃えて、使う時に慌てないようにしましょう。ぜひ参考にしてみてください。