2JZエンジンにアフターパーツ取付!でもトラブル発生!?エンジン変更に伴うミッション加工

2018年03月24日 (更新:2018年05月23日)

2JZエンジンにアフターパーツ取付!でもトラブル発生!?エンジン変更に伴うミッション加工

labelシルビア

S14・シルビアプロジェクト第5弾!今回はエンジンとミッションの整備に取り掛かります。少しずつ出来上がっていくシルビア。どんな車に進化を遂げるのか楽しみですね。早く走っているところを見てみたいです。

今回は何をするの?

前回までのあらすじ

S14・シルビアプロジェクト!前回は2JZエンジン周りだと、トルクコンバーターを外したり、ツインタービンを外したりしました。これらのパーツを外したおかげで、2JZエンジンがすっきりし、作業が行いやすくなりました。

またデフオーバーホールを行いました。ちょっとしたトラブルがあったものの、無事LSDを取り出すところまで完了しました。

引用元:Motion Auto

今回は何をするの?

S14・シルビアプロジェクト第5弾。今回は一体何をするのでしょうか。今回は主に二つのことに取り組みます。まず一つ目の作業は、エンジンやエンジン周りに取り付けるパーツを注文したので開封し、作業に取り掛かることです。フライホイールやクラッチ、タイミングベルトなど交換する部品はたくさんあるようです。

二つ目の作業は、ミッションの加工です。2JZエンジンにスワップするため、当然ながらミッションも変わってきます。ミッションはR154(スープラ)のミッションを使用します。そうなるとS14の車体に合わなくなってくるので、ミッションを加工します。

[text-block]

届いたものを開封!

ということでとりあえず届いたパーツを開封する一同。たくさんパーツがありますね。

ミッションの加工
引用元:Motion Auto

クランクプーリーが外れない

クランクプーリーの加工
引用元:Motion Auto
クランププーリーを外していきます。
クランクプーリーの加工
引用元:Motion Auto
なかなか外れません。

タイミングベルト等を交換するため、クランクプーリーを外そうとしている一同。けれどもインパクトを使っても外れません。。。エクステを装着したアームで、3人がかりで外そうとしてもびくともしません。バーナーであぶってみたり、さらに長いエクステを装着したり、いろいろ試す一同。けれどもクランクプーリーはびくともしません。

タイミングベルト
引用元:Motion Auto

最後にクランクプーリーを締めたのは日本人の用です。エンジンサイドカバーに、日本語でタイミングベルト交換のステッカーが貼られていました。これを見て思わず「アジア人が強く締めすぎた。。。」とこぼす一同(笑)。とりあえず今回は他のパーツを取り付けることにしました。

他のパーツを2JZに装着してしまいます。

フライホイール
引用元:Motion Auto
フライホイール

フライホイールを装着してしまいます。フライホイールは新品ではなく、中古のものを研磨したモノのです。フライホイールに関しては問題なく取り付けることができました!

ミッション加工作業!

ミッション加工って何するの?

アジャスター
引用元:Motion Auto
下のパーツが今回取り付けるアジャスターです。

2JZエンジンに今回装着するのはスープラのミッション。そうなると、シフトロッドの位置がS14・シルビアの車体と合わなくなってきてしまいます。そのためシフトロッド周りを加工する必要があります。

今回行うのはシフトロッドの付け根を延長し、またシフトロッドが突き出る穴を、交換専用のパーツに交換してあげることで、車体のシフトロッドの穴の位置に合わせてあげる作業です。

溶接していきます。

溶接作業
引用元:Motion Auto
溶接作業です。
加工完了
引用元:Motion Auto
加工できました。

シフトロッドの付け根を延長するために、専用部品を溶接していきます。TIG溶接で溶接していきます。とてもきれいに溶接できていますね。

ミッション取付!

ミッション取り付け
引用元:Motion Auto

ミッションの加工が終わったので、ミッションをエンジンに取り付けていきます。クランクプーリーは外れませんでしたが、少しずつプロジェクトが進んでいますね。

次回予告

次回はインマニの塗装や、他のエンジン周りの補器類の取付を行います。また今回外せなかったクランクプーリーについても外す努力をするみたいです。お楽しみに!