車のエアコン、これをやると壊れる!カーエアコンを気持ちよく使うコツ

2020年05月20日 (更新:2020年05月20日)

車のエアコン、これをやると壊れる!カーエアコンを気持ちよく使うコツ

labelエアコン

エアコンを使用しはじめる5月には、エアコンの故障やカビの匂いなどが原因の修理が多くなります。今回は、エアコンを壊さない&気持ちよく使用するための方法を解説します。

エアコンを使用し始める5月には、エアコンの故障やカビの匂いなどが原因の修理が多くなります。今回は、エアコンを壊さない、気持ちよく使用するための方法を解説します。

エアコンが壊れる主原因:エアコンを急稼働させる

冬の間動かしていなかったエアコンを突然急激に稼働させるのは、車のエアコン(クーラー)の故障リスクを一気に高める行為です。

コンプレッサーの油膜切れに注意

▶︎この投稿をCARTUNEで見る

車のエアコンには、コンプレッサーというエアコンガス圧縮装置が搭載されています。コンプレッサーはエアコンのスイッチをONにすると同時にエンジンによって稼働し、回転数はエンジン回転数に比例します。

コンプレッサー内部には、潤滑のためにコンプレッサーオイルというものが封入されています。しかしクーラーを長時間使用していない場合、コンプレッサー内部の各パーツからオイルが流れ落ちてしまっており、いわゆる油膜切れの状態となっています。

▶︎この投稿をCARTUNEで見る

そしてエンジンの回転数が高い状態でエアコンの電源を入れると、この油膜切れを起こしているコンプレッサーが強制的に高い回転数で回転、最終的には焼きつきを起こします。コンプレッサーの焼き付きは非常に厄介で、本体の交換はもちろん、場合によってはエアコン関係の全てのパーツを取り外し、洗浄する必要が出てきます。

はじめはゆっくり動かす

▶︎この投稿をCARTUNEで見る

このような焼き付きを起こさないためには、クーラーをやさしく動かしはじめるのがコツ。エンジンが温まった後アイドリング状態でエアコンのスイッチを入れ、温度は25℃程度に設定。この状態で5分ほどエアコンを作動させることで、コンプレッサーオイルが内部に十分に行き渡り焼き付きを防ぐことができます。

この時冷気が出てこないようであれば、エアコンガスの抜けやその他のトラブルを疑った方が良いでしょう。

気持ちよくエアコンを使うために

エアコンといえばカビの臭いが気になりますが、これを防ぐ方法もあります。

送風でカビの発生を防ぐ

▶︎この投稿をCARTUNEで見る

エアコンのカビの臭いを防止するには、使用後にエアコンを乾かすことが効果的です。エアコンは車内にある熱交換器(エバポレーター)で空気を冷やす時に結露が発生するため、降車時にそのままエンジンを切るとこの結露が乾かずカビが発生します。

自宅に着く15分ほど前からエアコンスイッチOFFで風量を強にし、エバポレーターの結露を乾かすようにしましょう。

仕組みを理解していないと難しい

▶︎この投稿をCARTUNEで見る

いかがでしたでしょうか?コンプレッサーの故障原因は油膜切れと作動時のエンジン回転数にあるわけですが、内部構造を理解していないとなかなか気づけないポイント。この機会に身に付け、愛車とうまく付き合っていきたいですね。

▶︎CARTUNEでエアコンに関する投稿を見る