おすすめのカーナビはこれだ!カーナビ人気ランキングTOP10!

2019年07月29日

おすすめのカーナビはこれだ!カーナビ人気ランキングTOP10!

labelカーナビ

Amazonランキングをもとにした、おすすめカーナビTOP10を紹介します。スマホ用ナビアプリの登場したことで、特徴的な機能をもったカーナビに人気が集中しています。各社カーナビの特徴をピックアップして紹介します。

カーナビの種類

現在カーナビは、2DIN規格の大画面ナビと、取り付け場所を選ばないポータブルナビが主流です。

据え置き型の2DINナビは、高価で取付にも手間がかかるかわりに、充実したナビゲーションシステムと、映像・音声の再生能力に優れたマルチメディア性能を提供。一方のポータブルナビは、簡易的ながらもオーディオデータの再生やワンセグ再生にも対応し、据え置きナビの機能縮小版といった立ち位置となります。

据え置きナビとポータブルナビを比べると、機能の優劣や使い勝手の良し悪しはあるものの、機能そのものに大きな違いはなくなってきています。

カーナビの選び方

記録媒体と内部部品の小型化が進んだことで、カーナビ全体の低価格化が進んでいます。それでも、ナビゲーションシステムとして上位の据え置き型ナビと、下位のポータブルナビの価格と性能には歴然とした差があります。

しかしながら、いずれのナビも、地図データの記録媒体はフラッシュメモリを使用するため地図更新プロセスに大きな違いはありません。

据え置きナビ

据え置きナビとポータブルナビにつけられた価格差の違いは、車載システムとしての完成度と拡張性能の高さによるものです。画面の描写性能と処理速度に余裕のある据え置き型ナビの方が、3D表示など多彩な機能を備え、より優れた地図案内を提供します。

また据え置きナビは、マルチメディア再生やハンズフリー機能、バックモニターやドライブレコーダーなどの機能が連携できることが特徴。

ダッシュボードに埋め込んだカーナビで、それらをスッキリと一括管理でき、高音質・高画質で再生できるスペックが与えられています。CDやDVD、上位機種ではブルーレイなどの物理メディアに対応しているのも特徴といえるでしょう。

ポータブルナビ

ポータブルナビは、持ち運びできるようにバッテリーを搭載しているということがもっとも大きな特徴。その利点を活かし、車種を問わず比較的自由な位置に設置できるメリットがあります。

しかし、ポータブル時の消費電力を抑えるために、地図案内は一般的に簡易的なものに留まります。ワンセグ受信や音源データの再生などの機能は備えるものの、あくまでおまけとしての要素であり、カーナビとしては中途半端な性能に留まるので注意が必要。

とはいえ、ポータブルナビの進化ぶりは著しく、大画面化やナビゲーションシステムの利便向上、オービス警告機能やFMトランスミッター、バックモニター対応など多様な改善が図られたポータブルナビが登場しています。ポータブルとはいえ、ナビゲーションとして使うぶんには過不足のないほどまで進化しています。

どちらを選べばよいか

据え置きナビの方が、価格が高いぶん、機能性と収納性が上です。しかし、地図データの価格もわずかに高いという傾向にあります。

一方のポータブルナビは、すべての機能が据え置きナビに劣る代わりに、地図データと本体価格が安いのが特徴。とくに中国メーカーのポータブルナビは多機能ながら破格ともいえる値段で販売されています。

車内に居住性や快適性を求めるなら据え置きナビをおすすめします。反対に、カーナビはナビゲーションをしてくれるだけで充分と思うのならポータブルナビを購入するのがよいでしょう。

カーナビの人気メーカー

パナソニック

パナソニックは、据え置きナビの「ストラーダ」シリーズと、ポータブルナビとして高い実績のある「ゴリラ」シリーズが代表的です。優れた地図案内で、現在カーナビゲーションでもっとも人気のあるメーカーです。

パイオニア

カーオーディオで定評のあるパイオニア・カロッツェリアは、機能に特化した据え置きナビ「サイバーナビ」シリーズと、直感的に操作できることを主体にした据え置きナビ「楽ナビ」シリーズを販売しています。

ケンウッド

家庭用オーディオメーカーであったケンウッドは、音質はもちろん、高画質と応答性に優れた据え置きナビ「彩速(さいそく)」シリーズを販売します。

ユピテル

レーダー探知機やドライブレコーダーで有名なユピテルは、ポータブルナビ「うっかり違反防止ナビ」を販売しています。新交通規制「ゾーン30」などの交通データや、マップルが提供する地図データと膨大な観光データを収録しているのが特徴です。

カーナビ人気ランキングTOP10

1位【パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ 5インチモデル CN-G520D】

この上位モデルである、大型ディスプレイの「ゴリラ 7インチモデル」があるにもかかわらず、「ゴリラ 5インチモデル」が1位となっています。ゼンリンの地図データを収録し、独自の測位システムによってポータブルナビながら高精度のナビゲーションを提供します。

2018年モデルは高速道路での逆走検知機能を追加。バッテリーでの使用可能時間は、7インチモデルよりも長い最大約1時間30分です。

2位【パナソニック ストラーダ CN-RE05WD】

パナソニック・ストラーダシリーズのなかでは下位モデルながら、ナビの基本性能と情報量に特化したREシリーズ。3D表示や交差点拡大機能を備え、準天頂衛星「みちびき」による高精度な測位が可能。気象情報や渋滞情報も確認できる充実したナビゲーションシステムが特徴です。

また、CDを最大8倍速でSDカードに記録可能なスピード録音機能や、データクリアな音でAM放送が聞けるワイドFMを搭載し、パナソニックらしいオーディオ機能も充実しているといえるでしょう。

3位【パナソニック ポータブルカーナビ ゴリラ 7インチモデル CN-G1300VD】

ポータブルナビ・ゴリラのフラッグシップである7インチディスプレイモデルです。3D表示も可能なナビ画面は2019年モデルでより高精細になり、道路標識までを忠実に再現。

5インチモデルの機能に加えて、VICS WIDEにも対応し、渋滞迂回やルート比較情報も確認可能です。バッテリーでの使用可能時間は最大で約1時間10分。2022年7月末まで地図データを無料で更新することができます。

4位【KENWOOD ケンウッド 彩速ナビ MDV-M906HDW】

彩速ナビ MDV-Mシリーズは、ケンウッドのフラッグシップシリーズ。HD画質での描写が可能な広視野角大型液晶は、美しい3Dグラフィックでわかりやすい地図案内をしてくれる事でしょう。

操作系も下位モデルとは異なり、より見やすく、使いやすいナビになっています。また、ハイレゾ再生対応であることもポイント。フォーマットを問わず、すべての音源をハイレゾ並の滑らかな再生音に変化させるアップサンプリング機能も搭載します。

5位【AWESAFE 7インチ ポータブルカーナビ】

AWESAFEという海外メーカーが販売するポータブルナビです。非常に安価ながら大型7インチ液晶タッチパネルを装備し、日本語と最新の道路にも完全対応。

基本ナビゲーションシステムは1世代前国産ナビを思わせる簡易的なものながら、充分にカーナビとして使える性能を確保しています。ワンセグや音声データ再生、FMをトランスミッター機能も搭載しています。

6位【デンソーソリューション SOLING(ソーリン) SL1118NV】

デンソーが販売しているナビは、世界60カ国で展開しているグローバルエレクトロニクスメーカー「 SOLING(ソーリン)」製の据え置きナビです。準天頂衛星「みちびき」による測位や細街路音声案内に対応するなど、基本的な性能は他メーカーのベーシックモデルと同等のナビ性能。

地図データは日本のインクリメントP社地図を搭載するものの、全体的に簡素な印象があります。Bluetoothやワンセグ放送、バックモニターにも対応しますが、対応物理メディアはCDのみ。機能を絞る代わりに低価格を実現した据え置きナビです。

7位【ユピテル 7インチ ポータブルカーナビ YPB744】

ユピテルが販売するポータブルナビは、オービス情報や取り締まり箇所、駐車禁止箇所などを警告してくれる「うっかり違反防止ナビ」。

ナビゲーションシステムはマップルナビPro3を搭載し、最新の地図データと観光情報を収録しています。7インチの大型タッチパネルディスプレイながら、最大2時間のバッテリー駆動が可能です。

8位【KENWOOD(ケンウッド) 彩速ナビ MDV-S706W 】

MDV-Sシリーズは、ケンウッド・彩速ナビの中堅モデル。スマートフォン感覚の操作性のよさに加え、高精細のディスプレイには、直感的に理解できるように表示方法が工夫されています。

VICSWIDEや逆走警告機能も装備し、中堅モデルとして充分なナビゲーション性能をもつといえるでしょう。また、1年間の地図更新が無料となっています。Sシリーズはすべてハイレゾ再生に対応しているため、多彩なフォーマットの音源を取り扱うことが可能で、イコライザー機能も充実しています。

9位【カロッツェリア(パイオニア) 楽ナビ AVIC-RZ302】

操作性を重要視したカロッツェリアの楽ナビ。そのなかでもRZ302は機能を省いた廉価機。それでもカーナビとしての機能は充分といえるでしょう。

独自の精密測位機能により自車と周囲の位置を正確に割り出すことで的確な地図案内をしてくれます。3D表示やVICSWIDEにも対応し、ドライブに必要な情報を、優れた操作性で自在に呼び出し、欄越することができます。

拡張性やエンターテイメント性能では他機種に劣るものの、カロッツェリアの一般的なオーディオユニットと同等の性能を確保しています。

10位【ATOTO A6 Androidカーナビゲーション】

ATOTO A6はAndroid OS搭載型の据え置きナビ。インターネット接続環境であれば、他社カーナビにはない多彩な機能を使うことができます。ナビゲーションシステムは、Google MPAをはじめ、使いやすいナビゲーションアプリをGoogle Play Storeからダウンロードすることで、自分が使いやすいナビアプリを自由に選ぶことができます。

エンターテイメント性能は、スマートフォン・タブレットに準ずるため、YouTubeやSportifyも車内で再生可能。Bluetoothやバックカメラ、外部入力の接続にも対応しているため、カメラやTVチューナーを接続すれば、タブレッド端末以上の機能性を発揮します。

カーナビのまとめ

無料で使えるスマートフォン用ナビゲーションアプリの登場以降、カーナビの存在意義は変化しつつあります。これまで人気のあった万能型据え置きナビの売れ行きは低迷し、その代わりに、ナビゲーション性能に特化したナビや高性能ポータブルナビや高音質・高画質なエンターテイメントナビ、もしくは価格を抑えた廉価ナビなどの特徴のあるカーナビに人気が集中しています。

スマートフォン用ナビゲーションアプリは確かに便利ではあるものの、ナビゲーション性能や操作性、視認性のよさでは据え置きナビに敵いません。車内で使うのなら、安全性を含めた利便の観点から、専用に開発されたカーナビゲーションがおすすめです。価格とナビゲーション性能と機能性のうち、どれを一番重視するべきかを決めてから、使うべきカーナビを選びましょう。