KENWOODのBluetooth対応カーオーディオを紹介!

2019年07月29日

KENWOODのBluetooth対応カーオーディオを紹介!

labelオーディオ labelブランド紹介

今回は大手カーオーディオメーカーのKENWOOD(ケンウッド)のラインナップの中で、手軽にスマホなどと接続できるBluetooth内蔵の2019年最新カーオーディオをご紹介します。

KENWOOD(ケンウッド)とは

KENWOOD(ケンウッド)社は、日本の老舗家庭用オーディオブランドとして非常に有名です。

しかし、元々はアマチュア無線やFMラジオ受信機等の無線機製造会社「有限会社春日無線電機商会」として、1946年に誕生しました。その後はミニコンポやオーディオプレーヤーなどの音響機器へと展開を始め、音響メーカーとして一躍有名になりました。

現在は「株式会社JVCケンウッド」の子会社となっており経営が変わりましたが、ブランド名「KENWOOD」は健在です。

今では車向けのオーディオやカーナビのみならず、ドライブレコーダーやスピーカーなどが生産・販売されています。

KENWOODの評価は?

気になるケンウッドの評価ですが、老舗の音響メーカーということもあり、音質においては文句なしという声が多数あります。

そして、機能面が充実している点や対応する音声ファイルの多さ、そしてコストパフォーマンスに優れている点も高い評価を受けています。

Bluetooth対応の多機能カーオーディオを紹介

DDX6190BT/DDX4190BT

引用元:https://www.kenwood.com/jp/products/car_audio/dvd/ddx6190bt/

こちらはケンウッドのカーオーディオの中でも、最高級ランクに位置する機種です。

オーディオパネルは7型ワイドのタッチパネル方式となっているため、スマホ感覚で簡単に操作ができます。

Bluetooth経由でスマホと連携し音楽を再生できるほか、USB端子があるのでUSBメモリーでも接続可能です。

また、USB端子からスマホなどの充電をすることも可能です。またノイズが入りにくいワイドFMにも対応し、CDのみならずDVDを挿入しDVD映像を鑑賞することもできます。

ハンズフリー機能

さらにはハンズフリーマイクが付属しており、Bluetooth接続経由でiPhoneやandroid等とリンクをすれば、電話のやり取りもできるという非常に優れたオーディオです。

様々な音声ファイルや映像ファイルも読み込み対応している上に、別売りのリアビューカメラにも対応するという、万能なオーディオです。

DPX-U740BT

引用元:https://www.kenwood.com/jp/products/car_audio/2din/dpx_u740bt/

2DINカーオーディオモデル「DPX-U740BT」は、スマホとの連携により音楽の再生・停止の操作がスマホ側・オーディオ側の両方からできます。

この機器にもハンズフリー機能も備わっており、スマホと接続し機器に付属するハンズフリーマイクにて通話ができます。

さらにナンバーダイヤル機能、電話番号を最大6件まで登録できるプリセット登録などもできます。

また、ケンウッド独自のスマホアプリ「KENWOOD Remote」をあらかじめダウンロードし、Bluetooth経由で接続すると、オーディオの再生・停止の操作のみならず車内の音質設定変更が行えるという便利な機能も有しています。

U380BT/U340BT/U340BMS

引用元:https://www.kenwood.com/jp/products/car_audio/1din/series-u/u380bt/

Bluetooth機能を内蔵しているコンパクトサイズの1DINカーオーディオをお探しの方には、こちらの機種がおすすめです。

ボタン配置が集中したコンパクトさを活かすつくりになっており、使いやすさに定評があります。「USB・AUX端子付き」「ハンズフリー便利機能」など便利な機能が満載です。

「U380BT」はオーディオの配色を1000色もの中からチョイスし、お好みの色を設定できます。

また、シンプルにBluetooth機能のみのカーオーディオが良いというのであれば、CD読み込み機能を廃したシンプルな「U340BMS」がおススメです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?大手老舗音響メーカーであるKENWOOD(ケンウッド)が手掛ける、Bluetooth内蔵型のカーオーディオに焦点を当ててご紹介させていただきました。

近年では誰しもが持つスマートフォンを利用して車内で楽しむ音楽は、イヤホンなどで聴く時とは違った音を提供してくれるはずです。この記事を読んだことを境に、カーオーディオを直接チェックしてみてはいかがでしょうか?