50系プリウスにおススメのシートカバー、5選紹介します!

2019年07月28日

50系プリウスにおススメのシートカバー、5選紹介します!

labelシート label便利グッズ

50系プリウスにマッチするシートカバー5選を紹介します。純正でも高品質でつくられるプリウスのシートですが、どうしても身体に馴染まなかったり、気に入らない場合もあるでしょう。手軽に交換できるシートカバーなら、それらの問題は解消されるうえ、カバーの生地によっては撥水・防汚などの機能を追加することもできます。

シートカバーの選び方

純正シートの上から被せて使用するシートカバーの最大の利点は、誰でも手軽に交換できるということです。好みのデザインや肌ざわりのシートカバーをかぶせるだけで簡単に交換できるため、楽に自分好みの愛車に仕上げることができます。

合成皮革製のシートカバーを使えば、低グレードの車でもレザーシートのような風合いに変化させることができますし、汗のかきやすい夏はサラッとしたファブリック生地のカバーに交換することで不快感を感じさせません。

冬場には暖かな生地のシートをつけることで保温性を高めるといったように、季節や気分によって使い分けることもできます。

シートは運転中常に体と触れ合っている部分なので、自分に合う生地選びがなによりも重要。次にデザインや耐久性に注意して、お好みのシートカバーをみつけましょう。

おススメシートカバー5選

Clazzio(クラッツィオ) ジュニア アイボリー

シートカバーやフロアカーペットで定評のあるクラッツィオが製造するフェイクレザー製スタンダードシートカバー。

製品のクオリティは本革と容易に見分けがつかないほどの完成度に仕上がっています。

生地には新開発のBioPVCが用いられ、やわらかな皮の質感を再現。背もたれ部にはパンチング加工がなされており、通気性も確保しています。カラーはラグジュアリーな雰囲気を演出するアイボリーと、シンプルなブラックが用意されています。

CARKLEID(カークレイド) シートカバー ホワイトキルト

さまざまなカー用品を取り扱うカーグレイドのキルト柄のシートカバー。

ブラックのPVCレザーに、ホワイトダブルステッチのキルト加工がされているので、デザインを重視する方におすすめです。

座面にもパンチング加工が施されているため、カバー全体の通気性のよさも特徴の1つとなっています。高級シートカバーに比べれば加工精度は少々甘めとなっていますが、その分安価であるため、手軽に購入することができるでしょう。

Z-style WRFファインメッシュファブリック シートカバー

引用元:http://www.z-style.jp/

Z-styleはハンドルカバーやフロアマットなどのインテリアアイテムを取り扱うメーカーです。

実用性に特化したシートカバーは全体が撥水加工の施されたメッシュ生地でつくられており、通気性が良いので運転中のシートむれを抑えます。

家具やソファにも使われる生地であり、肌ざわりも良好です。夏場のレジャーにフォーカスして装着すれば大活躍することでしょう。

GRANDE(グランデ) 極厚 シートカバー

一般的なシートカバーと比べて2倍近いクッションの厚さを誇るシートカバーです。

最大厚15mmの高級ウレタンにより、クッション性が確実に向上しており、純正シートでは固すぎると感じる方におすすめです。

表皮はフェイクレザーで、パンチング・防水・抗菌加工が施されています。その上ダブルステッチで縫製されているので、カバーの強度や精度も十分です。

grace(グレイス) シートカバー エクスクルーシブライン

このシートカバーは非常に高いクオリティで製作されていることが特徴です。

緻密にデザイニングされたステッチラインとパンチング生地の使い分けが、近未来的な50系プリウスの外観に非常にマッチすることでしょう。

カラーはブラック×ブラックラインと、ブラック×ホワイトラインの2種類が用意され、どちらもプリウスのインテリアをより引き立たせる優れたデザインです。

まとめ

最近のシートカバーは高精度なものが多く、ピッタリとシートにフィットさせることができます。

ズレや違和感を感じさせないので、運転中に気が散る事もないでしょう。ドレスアップはもちろん、落ちない汚れを隠すためにも使えますし、純正シートを汚れから守るために使うこともできます。

メーカーによっては生地サンプルを取り寄せることもできるため、購入する前に、まずは肌ざわりを確かめてみることも大切です。ぜひ自分に合ったシートカバーを装着し、より快適な運転を目指してみてください。