R33スカイラインGT-R用マフラーおススメ5選紹介します!

2019年07月21日

R33スカイラインGT-R用マフラーおススメ5選紹介します!

labelスカイラインGT-R labelマフラー

排気音を変えたり、リアビューを視覚的にカスタマイズすることができ、パワー&トルクアップが期待できるマフラー変更。製品ごとに音質や形状・性能が異なるうえ、さまざまなメーカーがマフラーを販売しているため、いざマフラーを変えようと思ってもどのマフラーがいいのか迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。そこで今回は、R33スカイラインGT-Rにおススメの社外マフラー5選を紹介します。

R33スカイラインGT-Rのマフラーを選ぶうえでの注意点

日産・スカイラインGT-Rシリーズの4代目・R33スカイラインGT-Rは、ニュルブルクリンクのラップタイムを先代より21秒も縮めたことからも、その走行性能の高さが伺える「GT-R」の名に恥じない戦闘機です。この世代の国産スポーツカーは、メーカー側の自主規制によりマフラーなどの吸排気系、リミッターにより馬力を制限されているため、マフラーを社外品に交換するだけでも大きな効果が期待できます。

しかし、それだけマフラー選びには注意が必要。現在、騒音規制が厳しくなっており、マフラーの音量によっては車検に通らない可能性が出てきます。そういったマフラーはディーラーへの出入りも禁止されるケースもあるため、メンテナンスをディーラーに依頼していた方は気を付ける必要があります。

R33スカイラインGT-R用マフラーおススメ5選!

HKS 『スーパーターボマフラー』

引用元:www.hks-power.co.jp

HKSだからこそできる、低排圧・静粛性・エンジンを活かすという3つのテーマが盛り込まれた技術の粋。純正からアップグレードタービン仕様車にいたるまで幅広く対応し、低~中回転域ではテールに施されたスリット加工により静粛性を保ちつつ、アクセルを踏み込むと搭載エンジンならではのエグゾーストを発生。高次元のターボマフラーに偽りのない性能を持っています。価格は税込み119,880円。

HKS 『スーパーターボマフラー』:ユーザーレビューページ

ブリッツ 『NUR-SPEC RX』

引用元:www.blitz.co.jp

ブリッツのラインナップでも、スポーツモデルのフラッグシップであり、先代スペックRの後継として登場したニュルスペックRX。サブサイレンサーの内部構造を刷新し、車内へのこもり音を低減。排気効率を最適化する専用設計で、スポーティサウンドが更に進化しています。鏡面仕上げによるフィニッシュで、高級感溢れるリアビューを演出。車検も問題なくクリア出来るマフラーです。価格は税込み75,600円。

ブリッツ 『NUR-SPEC RX』:ユーザーレビューページ

柿本改 『GT1.0Z Racing』

引用元:www.kakimotoracing.co.jp

R33スカイラインGT-Rの4WD及び、グレード「GTS25t」に適合するオールステンレスマフラー。こちらは競技専用品であり、一般公道使用不可になっているため注意が必要です。高回転時の乾いた甲高いエグゾーストが特徴的で、アクセルを踏み込んだ時のフケ上がりの良さを実感することができるマフラーです。価格は86,400円。

柿本改 『GT1.0Z Racing』:ユーザーレビューページ

APEXi 『N1エボリューションマフラー』

引用元:www.apexi.co.jp

HKSやフジツボ、柿本と並んでチューニングパーツメーカーとして人気が高いAPEXiのN1エボリューション。N1シリーズの完成形と銘打たれたこのマフラーは、ストレート構造を採用した斜め出しのスタイル。サイレンサーとテール径を車種ごとの専用設計とすることで、スパルタンなリアビューを演出します。価格は税抜き83,000円。

APEXi 『N1エボリューションマフラー』:ユーザーレビューページ

HKS 『サイレントハイパワー』

引用元:www.hks-power.co.jp

大人のためのカスタムマフラーとして、エレガントな音質が追求されたHKSのサイレントパワー。それでいて、排気効率・耐久性・ルックスの全てが高い次元で両立されているハイクオリティマフラーです。スポーティな見た目と機能性を兼ね備えた、サイレントパワーの価格は税込み81,000円となっています。

HKS 『サイレントハイパワー』:ユーザーレビューページ

まとめ

スパルタンなスポーツモデルであるR33スカイラインGT-Rには、排気効率を上げ、エンジンのトルクアップ向上が期待できるマフラー交換はおススメのカスタムメニューです。さまざまなメーカーから製品が販売されていることからも、その人気ぶりが伺えます。音質、素材、パイプ径などマフラーを構成する要素は多岐に渡りますが、自分が欲しい性能を絞ることでチョイスするべきマフラーが見えてきます。今回紹介したマフラーはまだほんの一部。排気音や性能を詳しく公開しているメーカーやショップも多くあるので、本記事を参考にしつつ、お気に入りのマフラーを探して見てください。