初めてのポルシェは986ボクスターに決まり!パフォーマンスから中古車相場まで紹介!

2019年07月10日

初めてのポルシェは986ボクスターに決まり!パフォーマンスから中古車相場まで紹介!

labelボクスター (オープン) label車購入 label車雑学

年々進化を遂げていくポルシェの「ボクスター」。現行型となる982型ボクスターのデビューが記憶に新しいところですが、初代986型ボクスターの存在も忘れてはいけません。そこで、今回はポルシェ986ボクスターについて、パフォーマンスやスペック、現在の中古車相場までご紹介します。

ポルシェ・986ボクスターってどんな車?

ポルシェ・986ボクスターは、1993年に開催されたデトロイトモーターショーで発表されたコンセプトカーを元に、市販車として1996年にデビューしたポルシェが製造・販売を手掛けるロードスターモデルです。

ポルシェ968の後継モデルに位置付けられていますが、直列4気筒FR方式は引き継がれず、新開発された水平対向の6気筒エンジンを搭載しています。

このエンジンは名前の由来にもなっており、「水平対向」を表す〝Boxer(ボクサー)〟と、同ブランドにおけるオープンカーの呼称である〝Speedster(スピードスター)〟を掛け合わせて「ボクスター」と名付けられました。

価格やエンジンスペックにより、ポルシェのラインアップの中ではエントリーモデルとなっているのが986ボクスターなのです。

基本スペック

ポルシェ・ボクスター986は、第2世代へモデルチェンジされた2004年までに、合計4回のマイナーチェンジを受けています。ここでは、最も大幅な変更が加えられた2003年のマイナーチェンジを受けて登場した、最終型986ボクスターの基本スペックをご紹介します。

車体寸法(全長/全幅/全高) 4,320mm/1,780mm/1,290mm
ホイールベース 2,415mm
トレッド幅(フロント/リア) 1,465mm/1,530mm
車両重量 1,340kg
エンジン種類 水平対向6気筒24バルブ
総排気量 2,687cc
エンジン最高出力 228ps(168kW)/6,300rpm
エンジン最大トルク 26.5kg・m(260N・m)/4,700rpm

当時の新車価格

最終型986ボクスターはベースグレードとなる「ボクスター」と、上級グレードの「ボクスターS」、特別仕様車として「ボクスターS 550スパイダーエディション」の3グレードで展開していました。各グレードは、AT/MTで新車販売価格が異なっています。

グレード AT設定車 MT設定車
ボクスター 6,405,000円 5,775,000円
ボクスターS 7,455,000円 6,825,000円
ボクスターS 550スパイダーエディション 8,326,500円 7,696,500円

986ボクスターの見た目は

986ボクスターのスタイリングは、名車・550スパイダーを彷彿とさせる流線形のデザインが取り入れられています。この550スパイダーとは、1954年にデビューしたポルシェが手掛けた伝説的なレーシングカーのこと。前述した通り、特別仕様車のグレード名にも使用されているモデルです。

引用元:http://www.vistanet.co.jp/museum/p550.htm
四国自動車博物館に収蔵されている550

それに対して、現行モデルとなる4代目982型ボクスターは、3代目981ボクスターから採用されたスーパースポーツ的なスタイリングに仕上げられています。

また、ボディサイドに大きく空けられたエアインテークや、一目で「ボクスター」と分かる、幌のオープントップは代々引き継ぎながらも、ウインカー一体型となっていたヘッドライトにも981型よりデザイン変更が加えられています。

986ボクスターのパフォーマンスは?

モデルチェンジを経て上がっていったエンジン性能

986ボクスターは、ミドシップエンジンの2シーターモデル。ポルシェの中でもエントリーグレードに位置づけられたモデルではありますが、それでも高い走行性能を秘めています。

搭載された水平対向6気筒エンジンはデビュー当初こそ2.5Lからのスタートでしたが、マイナーチェンジを経るごとにサイズアップ。1999年には2.7Lへ排気量が引き上げられ、3.2Lエンジン搭載の「S」グレードも追加されました。

最終型となる2003年モデルからは、カムシャフトの回転角を最大40度まで調節することが出来る新型のバリオカムが採用され、エンジン最大出力は2.7Lエンジンで228psへ、3.2Lエンジンは260psとなっています。

他のモデルにひけをとらないパフォーマンス

このエンジン出力を、軽い車重と993型911カブリオレの1.5倍ものねじれ剛性があるといわれるボディで発揮するわけですから、走行性能が低いわけがありません。

全幅も993型911に比べ10mm伸びているため、直進安定性やコーナー突入時の安心感があるのもいわずもがなでしょう。

100キロ到達までの時間もわずか5.9秒と、普通乗用車からは考えられない速度。986ボクスターもまた、正しくポルシェの血統を受け継いでいるのです。

986ボクスターの中古車相場

新車価格では5,775,000円~という価格だった986ボクスターですが、1996年のデビューから今年で23年を数えます。そのため、中古車の価格もかなり落ち着いています。

本体価格が70万円前後の個体も相当数が流通しているのが見られます。最高額でも、程度の良い「ボクスターS 550エディション」で300万円前後。この価格でポルシェに乗ることができるなら、かなりお買い得ではないでしょうか。

まとめ

水平対向6気筒エンジンの高出力、広いトレッド幅が見せる安定感。そして、オープントップならではの走る気持ちよさ。986ボクスターには、その全てが詰まっています。

あらゆる年代のポルシェのメンテナンスを行うというサービス「ポルシェ・クラシック」のカタログにも名前を連ねる986型ボクスターには、現行車にはない魅力があるのです。型の古いポルシェは「壊れる、遅い」と思われている食わず嫌いな方にこそ、おススメなモデルかもしれません。