N-ONE オーナー必見!おススメホイール10選!装着例もご紹介します!

2019年07月02日

N-ONE オーナー必見!おススメホイール10選!装着例もご紹介します!

labelN-ONE labelホイール

軽カー用のホイールは、普通車と違い選択肢が少ないイメージでしたが、最近は軽カー専用ホイールを各社から販売されるなど、以前より種類も多くなってきました。そこで今回はN-ONEにカッコよくキマルホイールと、実際の装着例をお届けします。

N-ONEに装着可能なカスタムホイール10選!

N-ONEをノーマルよりもよりカッコ良く、そして個性を出そうとするとホイール選びは迷ってしまいますよね。カー用品店に行けば、様々な種類のホイールがずらりと並び、どれがN-ONEに装着できるのか悩む方も多いはずです。

そこで、N-ONEに装着可能なカスタムホイールを厳選してご紹介していきます。

BADXロクサーニ マルチフォルケッタ

引用元:http://www.badx.jp/loxarny/multiforchetta/index.html

カスタムホイールの定番ともいえるメッシュホイールなら、N-ONEの足元を上質でオシャレにカスタムすることができます。マルチフォルケッタは、10交点のメッシュで作り上げられており、N-ONEを上質で高級なイメージに変えてくれます。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥26,500+消費税
  • 16インチの価格:¥29,000+消費税~¥44,000+消費税
  • 17インチの価格:¥32,000+消費税

カラーバリエーション

  • ガンメタポリッシュ
  • ブラックメタリック/リムポリッシュ
  • SBC/リムポリッシュ(16インチのみ)

WORKエモーション11R

引用元:https://www.work-wheels.co.jp/search/detail/47/

レーシングデザインのWORKエモーション11Rですが、N-ONEとの相性は非常によく、スポーティーな雰囲気を持つN-ONEをレーシーにカスタマイズできます。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥28,000+消費税~¥31,000+消費税
  • 16インチの価格:¥32,000+消費税~¥35,000+消費税

カラーバリエーション

  • マットブラック
  • グリミットシルバー/ダイヤカットリム

別売りの、1個¥3,000税別のセンターキャップを「シルバー」「ブラック」「レッド」「ブルー」の4色から選んで装着することも可能です。

BADX LOXARNYマグナス

引用元:http://www.badx.jp/loxarny/magnus/index.html

ポリッシュ加工したY字スポークが特徴のロクサーニマグナスが、N-ONEをアグレッシブで個性的に演出します。メインスポークとサブスポークが織りなす造形美は、足元を鮮やかに彩ります。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥26,000+消費税~¥28,000+消費税
  • 16インチの価格:¥29,000+消費税~¥31,000+消費税

カラーバリエーション

  • Y字スポークをポリッシュ仕上げした「ブラック/ポリッシュ」
  • Y字スポークをレッドクリア塗装仕上げした「ブラックポリッシュ/レッドクリア」

WORKエモーションT7R

引用元:https://www.work-wheels.co.jp/search/detail/51/

WORKエモーションT7Rは、スポーティーさを際立たせるディープコンケイブを採用し、N-ONEをアグレッシブな姿に変貌させます。WORKエモーションは、オーダーカラーを用意しているので、自分の車のボディーカラーに合わせてホイールの色も選べるのが特徴です。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥28,000+消費税~¥31,000+消費税
  • 16インチの価格:¥32,000+消費税~¥35,000+消費税

カラーバリエーション

  • アッシュドチタン
  • マットカーボン
  • ホワイト
  • グリミットシルバー

上記の標準カラーのほか、カスタムカラーとして「カラリズム」「カラリズムクリアー」を用意し、豊富なカラーバリエーションから選ぶことも可能です。

SSRフォーミュラ メッシュ

引用元:https://www.rd-tanabe.com/ssr/product/formula-mesh/

フォーミュラーメッシュは、今から30年以上前の1981年に登場した、SSRのヒストリックモデルです。当時のデザインを、現代の車のスペックに合わせ、綿密に再現しています。ありきたりなホイールで満足できない人におすすめです。

設定サイズ

  • 16インチの価格:¥57,000+消費税

カラーバリエーション

標準カラーとして「FMシルバー」「FMゴールド」の2色を用意。

この他、¥4,000税別UPで以下のオプションカラーを選べます。

  • ホワイト
  • ブラック
  • フラットブラック
  • ガンメタリック
  • ブルーガンメタ
  • フラットガンメタリック
  • フレアブロンズ
  • フラットフレアブロンズ
  • レッド
  • オレンジ
  • ピンク
  • ミントグリーン
  • マリンブルー

RAYSボルクレーシングTE37KCR

引用元:https://www.rayswheels.co.jp/products/wheel.php?lang=ja&wheel=TE37KCR

軽カーのN-ONEに本物の鍛造ホイールを履かせたいのなら、迷わずTE37KCRです。軽カー専用設計で、軽さと強度はもちろん、ドレスアップ目的にもオシャレにキメられるステップドリムを軽専用モデルのTE37KCRに採用し、足元を演出します。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥40,000+消費税~¥45,000+消費税
  • 16インチの価格:¥44,000+消費税~¥49,000+消費税

カラーバリエーション

  • ブラック/FDMCリム(KF)
  • ハイメタブロンズ(HB)

オプションカラー

  • ガンメタ (GM)
  • ダークガンメタ (DG)
  • ゴールド (GO)
  • ブラック (BK)
  • ダイヤモンドブラック (DB)
  • ダッシュホワイト (DW
  • マグブルー (BL)
  • レッド (RE)
  • .ハイパーブルー (HL)
  • .ハイパーレッド (HR)
  • レーシンググリーン (IG)

クリムソン ディーン クロスカントリー

引用元:http://www.dean-wheels.com/cross_country.html

レトロでクラシカルなデザインのクロスカントリーに、ホワイトレタータイヤと組み合わせれば、足元をオシャレで個性的にカスタムできます。別売りのセンターキャップを装着すれば、2WAYでデザインを楽しめます。

設定サイズ

  • 14インチの価格:¥24,000+消費税
  • 15インチの価格:¥26,000+消費税

カラーバリエーション

  • マーガレットホワイト
  • マットブラック

RSワタナベ NEW RS8

引用元:http://www.rs-watanabe.co.jp/products/wheel/eightsporkRS8/

硬派なデザインで、足元をカスタマイズしたい方には、RSワタナベの8スポークがおすすめです。

  • 14インチの価格:¥35,000+消費税
  • 15インチの価格:¥43,000+消費税

カラーバリエーション

  • シルバーメタリック
  • シルバーメタリック/シルバーリム
  • ゴールドメタリック
  • ゴールドメタリック/シルバーリム
  • ブラック
  • ブラック/シルバーメタリック

この他、特殊色といてマグ色、レッド、ホワイト、ブルー、イエロー 、ツヤ有ブラック、ツヤ消ブラックは定価『3,000円』UPで選ぶこともできます。

EDSレオニスCH

引用元:https://www.weds.co.jp/leonis/ch.html

翼形状のフィンタイプのレオニスCHは、N-ONEを上質で高級なイメージに足元を演出します。ミラーカットされた、表面を膜厚の厚いクリアコートすることで、輝きを増すと同時に錆にも強くなっています。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥33,500+消費税
  • 16インチの価格:¥37,000+消費税

カラーバリエーション

  • パールブラックミラーカット
  • ブラックメタルコートミラーカット

SSR GT X03

引用元:https://www.rd-tanabe.com/ssr/product/ssr-gtx03/

GT500なのどレースシーンに供給するSSRの技術をフィードバックした、本物のレーシングホイールです。軽量かつ高剛性のホイールは、新設計のシャープなスポークを採用しています。コンケーブデザインは、よりシャープにスポークを見せることができ、足元をレーシーにカスタマイズします。

設定サイズ

  • 15インチの価格:¥28,000+消費税~30,000+消費税
  • 16インチの価格:¥30,000+消費税~¥32,000+消費税

カラーバリエーション

  • クロムシルバー
  • マシンドグラファイトガンメタ+スモーククリア

アナタはどんなデザインがお好み?N-ONEに似合うホイールデザイン

ホイールデザインには、大きく分けて「スポーク」「メッシュ」「デッシュ」「フィン」の4タイプのデザインに分けることができます。

それぞれのデザインは、N-ONEの足元を違うスタイルにカスタマイズできるので、実際の装着例を参考に、自分の車への装着をイメージをしてみましょう。

スポーク

スポークタイプのホイールは、N-ONEの足元をスポーティーに演出します。

メッシュ

メッシュタイプは、昔からカスタムホイールの定番となっていますが、メッシュホイールをN-ONEに装着すると、エレガントなイメージにカスタマイズすることができます。

ディッシュ

デッシュタイプのデザインは他のデザインに比べかなり少ないですが、N-ONE用のサイズがいくつか展開されています。他のホイールデザインに比べ、上質かつ個性的雰囲気を作り出します。

フィン

フィンタイプのホイールは、N-ONEをカジュアルな雰囲気に足元をカスタマイズできます。さりげなくカスタマイズしたい方には、おすすめのホイールデザインです。

CARTUNEユーザーから紹介!インチ別装着実例!

N-ONEに装着するホイールサイズによっては、N-ONEのイメージが全く変わってきます。

ホイールの大きさによる車のスタイルの違いを、実際の装着例でご紹介していきます。

14インチ

軽自動車のN-ONEには、14インチが一番乗り心地も良くそして、車とのバランスがちょうど良いでしょう。

15インチ

15インチでも、ホイールのデザインによっては、大きさを感じさせません。

しかし、大口径デザインのホイールを装着すると、ワンサイズ大きいホイールを履いているインパクトを与えることができます。

16インチ

最近の軽自動車は、16インチのカスタムホイールを履くことができ、N-ONEにも16インチを履かせている人が多く見られます。16インチにすると、ホイールの存在感を強くすることができます。

N-ONEの純正ホイールサイズ

N-ONEのホイールサイズは2種類あります。

インチ数(大きさ) オフセット J数(幅) タイヤサイズ
14 +40 4.5 155/65R14
15 +45 4.5 165/55R15

ホイール選びの上での注意点

N-ONEの純正ホイールは、どのグレードも共通して装着することができますから、純正で14インチを装着しているグレードに15インチを装着することも可能ですし、その逆も可能です。しかし、純正サイズより小さい13インチ以下のホイールは、足回りに干渉する恐れがあるので、おすすめできません。

また、太いタイヤを履かせる時には、車体からタイヤがはみ出る恐れがあるため、オーバーフェンダーを付けたり、キャンバーを付けるなどの工夫が必要となります。

まとめ

N-ONEに履かせることができるカスタムホイールをご紹介してきました。ホイール選びは、ユーザーにとって楽しいひと時です。間違ったホイール選びをしないために、ここで紹介したホイールや装着例を参考に、N-ONEをカッコよくホイールカスタムしましょう。