R35 GT-R 純正サイズにおススメのタイヤ6選をご紹介します!

2019年06月27日

R35 GT-R 純正サイズにおススメのタイヤ6選をご紹介します!

labelNISSAN GT-R labelタイヤ

日産の最新スーパースポーツカーR35GT-Rは、昔から続くGT-Rの名前を冠した、現行型になります。ボディは大きくなっていますが、エンジンのスペックも上がり、スポーツ走行するなら持って来いの車です。しかし、タイヤのサイズがどんなサイズなのか、純正サイズのタイヤがどんなものがあるのか、知っているようで知らない方もいますので、ドドンと紹介していきます。

R35GT-Rの純正タイヤサイズ

日産からGT-Rの名称で発売されているR35GT-Rは、これまでのスポーツカーとしての特色を色濃く残しながらも、ラグジュアリー感のあるスーパースポーツとして生まれ変わりました。V6の3.8Lの排気量から出力されるパワーは、乗っている人を虜にしていってしまう魔性のマシンです。販売から現在まで、マイナーチェンジがあったものの、純正タイヤのサイズはまったく変わっていません。2種類のタイヤサイズがありますが、全車共通でフロントとリアに分かれているサイズとなっています。

  • 285/35R20
  • 255/40R20

285/35R20を装着しているグレード

  • 4WD・GT-R プレミアムエディション
  • 4WD・GT-R ブラックエディション
  • 4WD・GT-R
  • 4WD・GT-R スペックV・6AT
  • 4WD・GT-R エゴイスト・6AT
  • 4WD・ニスモ・6AT
  • 4WD・トラックエディション エンジニアードbyニスモ・6AT
  • 4WD・45thアニバーサリー・6AT

255/40R20を装着しているグレード

  • 4WD・GT-R プレミアムエディション
  • 4WD・GT-R ブラックエディション
  • 4WD・GT-R
  • 4WD・GT-R スペックV・6AT
  • 4WD・GT-R エゴイスト・6AT
  • 4WD・ニスモ・6AT
  • 4WD・トラックエディション エンジニアードbyニスモ・6AT
  • 4WD・45thアニバーサリー・6AT

285/35R20サイズのR35GT-Rにおすすめタイヤ6選!

この285という幅は、R35GT-Rのパワーを受け止めるために必要なサイズであり、リアタイヤに装着されています。重量もそれなりにありながらも、パワーがあるエンジンなので、タイヤの性能は走行性能に大きく関係してくることとなります。走行性能以外にも、低燃費性能や乗り心地にも影響を及ぼしてきますので、タイヤの選定には気を使う必要があるでしょう。

コンフォートタイヤ

タイヤの基本性能であるドライ路面でのグリップ力、ウェット路面での排水性能、高速走行時の安定性や操舵性といった性能が、高いレベルでバランスが取られているのが、コンフォートタイヤです。R35GT-Rに乗っているからスポーツタイヤを装着しないといけないわけではなく、街乗りをメインに乗ったりするのであれば、コンフォートタイヤを使う方が、燃費も良く、ロングライフ性能も優れているのでおすすめです。

クムホ ECSTA PS91

販売価格:¥38,232

トレッド面に設けられている大きな3本の縦溝によって、優れた排水性能を発揮し、剛性の高いアウトトレッドによって、コーナリング中にがっしりとした旋回をすることを可能としました。また、高い運動性能によって、R35GT-Rの性能を引き出すこともできるバランスのよいタイヤです。

ブリジストン POTENZA S007A

販売価格:¥53,200

スポーツカーを日常で使うためには、タイヤに求められている性能が他の車と違って多くなります。パワーを受け止めるだけのグリップ力や、コーナリングでの剛性感、ステアリング性能、そして日常の走行に耐えうる耐久性や経済的なロングライフ性能と、多く求められている性能を高次元で実現しているタイヤです。

ピレリ P ZERO

販売価格:¥39,548

ヨーロッパの方で主に使用されているピレリタイヤは、高級車に多く使われております。GT-Rも今や日本が誇る高級スポーツカーですので、走行性能だけでなく、高い静粛性能も求められており、街のりをする人にとっては嬉しい性能となるでしょう。

スポーツタイヤ

このサイズのタイヤとなると、はっきり言ってしまってスポーツタイヤがほとんどとなります。35という扁平率から285という太さまで、走行性能を上げるために必要とされています。R35GT-Rは走る車になりますので、やはりハイグリップのタイヤを装着しておく必要もあるでしょう。見た目からしてもカッコいいですし、運動性能を限界まで引き出してくれるのは、グリップ力に優れているスポーツタイヤだけです。

ナンカン NS-2R

販売価格:¥23,180

街乗りでも通常通り使用しながらも、スポーツ走行にも耐えることができるナンカンのNS-2R。3本の縦溝によって排水効率を高め、ウェット性能の向上に貢献しています。ショルダー部分は剛性が高くなっており、旋回性能の向上となり、加えて耐磨耗性能を向上させてロングライフ性能も合わせて向上しています。

ブリジストン POTENZA RE-71R

販売価格:¥60,630

ブリジストンのポテンザシリーズの最高峰となるリアルスポーツタイヤです。これまでにレースなどによって得てきた情報やノウハウを使い、より速く走るために、そして正確に操作できるようにするために、必要な要素を限りなく詰め込んであります。1秒を縮めるような極限の中でも安心感のある性能を発揮してくれるでしょう。

コンチネンタル Conti Sport Contact 5P

販売価格:¥42,000

日常で街中を走ったり、雨の中を走ったりすることもあるでしょうし、山道を少し軽快に走行しながらワインディングを楽しむこともあるでしょう。ハイグリップでありながらも、日常に寄り添って使用することができるように、トレッドパターンをコンフォートタイヤに近い状態にして、使用範囲を拡大しています。

255/40R20サイズのR35GT-Rにおすすめタイヤ6選!

続いては、R35GT-Rのフロントタイヤの純正サイズになります。フロントタイヤとなると、ステアリング操作をしたときに舵角が生まれるタイヤになりますので、車の進行方向を決める大事な部分です。フロントタイヤが滑ってしまうと、車は真っ直ぐにしか進むことができなくなってしまい、操作不能になってしまいます。どんな状況でも確実に操作ができて、安心の性能を誇るタイヤをご紹介します。

コンフォートタイヤ

あまりスポーツ走行をすることがなく、ハイグリップなタイヤよりも、確かな性能がありながら、雨の日も滑ることなく安心して操作できるタイヤにしたいならコンフォートタイヤです。もっとも、ある程度のグリップ力がなければ、R35GT-Rのパワーを受け止めることができませんので、スポーツタイヤよりとなってしまいますが、乗っていて安定、安心のあるタイヤを選びましょう。

クムホ ECSTA PS91

販売価格:¥33,912

これまでに販売してきていたクムホのタイヤの本来の性能からさらにグリップ力を上げることで、マシン本来の力を引き出しながらも、乗っている人が快適に過ごせる空間にすることができます。優れたトラクション性能は、街中でも山道でも快適に走行するために必要な要素となります。

ブリジストン POTENZA S007A

販売価格:¥49,032

正統派とも言えるトレッドパターンによってタイヤの剛性を上げると共に、ウェット性能を向上させています。高速走行時の安定性や、機敏なハンドリング性能に、長く使うことのできるロングライフ性能と、バランスのよいタイヤに仕上がっています。

ピレリ P ZERO

販売価格:¥31,500

数々の車の純正タイヤとして選ばれるほどに、性能のレベルが高いものとなっています。非対称のトレッドパターンにより、確かな制動を発揮することができ、ハンドリングとコントロールの性能を向上させることができました。ハイドロプレーニング現象を起こさない排水性能によって、ウェット路面でも安心してアクセルを踏むことができます。

スポーツタイヤ

グリップ力が無ければ、車は基本性能である「走る」「曲がる」「止まる」の三要素を行うことができません。グリップ力が上がることによって、基本性能が向上し、車の限界までの性能を引き出したり、運転者の意図する動きを可能としてくれます。タイヤの性能によって、車の性能が左右されるくらいにグリップ力は大切な性能です。

ナンカン NS-2R

販売価格:¥18,780

台湾で最も長い歴史を持つタイヤメーカーがナンカンです。長年における技術革新によって、常に最新技術を取り入れており、今では国産メーカーにも引けを取らないほどの性能を発揮することができます。そのうえでリーズナブルな価格となっているので、ハイグリップタイヤとして、サーキット走行の使い捨てにも良さそうです。

ブリジストン POTENZA RE-71R

販売価格:¥51,516

サーキットでもどこでも、R35GT-Rに負けは許されません。不敗神話の「R」の称号を持って生まれた宿命を全うするために、リアルスポーツタイヤで、マシンの限界性能を引き出しましょう。ハイグリップによって編み出される圧巻の駆動力や旋回性能は、他のマシンの追いつかせないくらいに、ドライバーの思い通りの動きをしてくれます。

コンチネンタル Conti Sport Contact 5P

販売価格:¥44,500

街中を日常から走行することも想定して、雨の日でも軽快に不自由なく走れるようにウェット性能を向上させています。山道などを走行するような場面でも、しっかりとしたグリップで路面に食いついてくれるので、安心感のある操作をすることができるでしょう。走行安定感もあり、高速走行でも安定しています。

タイヤサイズはどこに書いてある?

タイヤのサイズを見たいのなら、タイヤの側面を見てみましょう。そこに数字が書いてありますので、読み取ってみます。「285/35R20」と書いてあれば、それがタイヤのサイズです。285というのが、タイヤの幅をmmで表わしており、35は285mmの35%の厚みを示す扁平率です。最後に20がタイヤの内径をインチで表わしており、ホイールのインチサイズとピッタリの数字になっています。

まとめ

昔にあったスーパーカーブームのようにはいかなくても、GT-Rという名前を聞くだけでワクワクしてくる人も多いかと思います。実際に所有しているユーザーの方でも、タイヤの値段でなかなか乗ることを躊躇してしまう人もいますが、今はいろいろなタイヤメーカーが様々なサイズを提供してくれますので、遠慮せずに乗ってみましょう。タイヤをしっかりと選んで、ピッタリの性能を持っているタイヤにしてみてください。