アウトドア派必見!イノーのキャリア製品について詳しく解説!

2019年06月20日

アウトドア派必見!イノーのキャリア製品について詳しく解説!

キャリアを装着するにあたり、まず考えたいのは「どこのメーカーにするか」ということ。さまざまな選択肢がありますが、その中でもイノーは魅力的なメーカーです。今回は、そんなイノーの商品について詳しくご紹介します。

キャリアの定義とその役割

「そもそもキャリアって何?」というところを確認しておきましょう。キャリアとは、車の外装に取り付けるための金具や荷台のことです。

車のルーフ部分にスキー板を積んでいる車を見たことがあると思いますが、他にも自転車を装着しているのもキャリアです。さらにルーフ部分だけではなく、後ろにスペアタイヤを装備している車もあれば、そこにスノーボードをつけている車を見たこともあるでしょう。それらも全てキャリアに含まれます。

その役割ですが、車外に収納スペースを作り出すということ。スキー板やスノーボードを車内に積み込もうとするとシートを倒さなければいけなかったり、使用後の雪が車内に入ってしまい汚れる原因になりますが、キャリアがあればそれらは防げます。また、自転車のような小さい車では積み込みができないものも運ぶことができるため、アウトドアの可能性をも広げてくれる、そんな頼もしいアイテムなのです。

キャリアの構造

車外に荷物を設置するためのキャリアですが、一体どうやって固定しているのか気になるところ。キャリアを装着した状態で高速道路を走ることもあるので、生半可な固定では心配です。

では、どうしたらそんなにしっかりと固定できるのか、その構造を見ていきましょう。

ベースキャリア

車にしっかりと固定するために、バー、ステー、取り付けフックの3つが必要になります。この3つのパーツがそれぞれ固定するために重要な役割を果たし、キャリアに物を装着した状態でも走行が可能なのです。それでは、3つのパーツを詳しくご紹介します。

バー

キャリアをつける部分となるバーです。バーにも種類があり、車種によって正しい長さを選択することが重要。そして何より、用途に合わせた正しい強度を選択することが必須です。そこを誤ると、バーが曲がったり折れることもあります。

安全にも関わることなので、非常に大切な選択です。用途に合わせて長さと強度を選択しましょう。また、イノーのバーはエアロタイプとスクエアタイプがありますので、こちらは好みに合わせて選択しましょう。

ステー

バーを固定するためにはステーが必要となります。車種によってルーフの形状が異なるため、ステーもそれに合わせて選択することになります。ルーフに合わないステーを使用すると、ぴったりはまらず不安定な固定となってしまうので、よく確認して購入しましょう。

また、ルーフに直接つけるタイプと車にあらかじめ設置されたルーフレールを使用して設置するタイプがあります。こちらも、購入前に自分の車にルーフレールがついているか・いないかの確認が必要です。

取り付けフック

こちらはルーフレール未装着車に必要なパーツです。ステーをルーフに固定するためのパーツで、これで固定しなければステーごと飛んでいってしまいます。必要な車種の場合はしっかりと取り付けましょう。

アタッチメント

キャリアをバーに固定するためのアタッチメントが必要になります。バーにはエアロタイプとスクエアタイプの2種類あり、アタッチメントによっては両方対応可能なものと片方だけに対応しているモデルがあります。

アタッチメントもバーに合っていないと不安定になりますので、確認してから購入するようにしましょう。バ

イノーのキャリア製品

それでは、イノーのキャリアに関する製品ラインナップを見ていきましょう。好みや用途に合わせた選択をすることにより、アウトドアの可能性が広がり、さらに愛車もカッコよくカスタムすることができますよ。

エアロベース

引用元:www.innoracks.com

まずはベースキャリアについてですが、少し丸みを帯びたエアロベースについてご紹介していきます。まず選択すべきは、フラッシュタイプかスルータイプか、どちらのステーにするかです。フラッシュタイプはバーの端を包み込むタイプ、スルータイプはバーが突き出るタイプで、フラッシュタイプは鍵がついているというメリットがありますが、ルーフレールが内側についているものなどはスルータイプのほうが積載スペースを広く取れるというメリットもあります。それでは、まずはステーをご紹介します。

タイプ 型番 価格 最大積載量 ステー高
フラッシュタイプ XS100 21,100円 75kg 32mm
XS201 21,300円 75kg 73mm
XS300 21,300円 75kg 56mm
XS400 21,300円 75kg 45mm
スルータイプ XS150 23,100円 75kg 32mm
XS250 21,300円 75kg 108mm
XS350 21,300円 75kg 56mm
XS450 21,300円 75kg 45mm

このように、各モデルの違いはその高さ。高いタイプの方がキャリアを取り付ける際にも楽ですが、車体の高さが高くなるというデメリットがあります。用途に合わせることが大切ですね!そして次にバーですが、長さによって価格が異なります。ステーは4つセットですが、バーは一本あたりの価格になりますので注意してください。

型番 長さ 価格
XB85 850mm 6,500円
XB93 925mm 7,000円
XB100 1,000mm 7,400円
XB108 1,075mm 7,800円
XB115 1,150mm 8,300円
XB123 1,225mm 8,800円
XB130 1,300mm 9,300円
XB138 1,375mm 9,800円
XB145 1,450mm 10,300円
XB153 1,525mm 10,800円
XB160 1,600mm 11,300円

このように細かく長さが定められているので、愛車のルーフが何センチか確認して購入すると良いですね。なお、ご紹介したバーは全てブラックですが、型番の最後にSがつくとシルバーとなります。シルバーは850mmから1,375mmまで設定がありますので、愛車の長さによってはシルバーにするのも良いですね。

スクエアベース

エアロベースをご紹介してきましたが、今度はスクエアベースのご紹介となります。スクエアベースには基本的に鍵がついていますので、盗難防止に役立ちますね。スクエアベースは、ルーフ形状により選択が分かれます。

溝がほとんどないルーフにつけるスムースルーフオンタイプ、ルーフレールがあらかじめ設置されているルーフレールタイプ、取り付ける溝の幅が広いフィックスポイントタイプ、端に雨どいがついている車に取り付けるドリップタイプ、新規格の軽自動車に対応するタイプに分かれています。

せっかく購入したのに取り付けできない!なんてことにならないよう、自分の車にはどのタイプが合うのかを確認して購入するのが良いですね。

タイプ 品名 価格 最大積載量 ステー高
スムースルーフオンタイプ INSUTクスエアベースステー 13,000円 60kg 100mm
ルーフレールタイプ ベーシックステーセットFR 12,852円 50kg 32mm
ベーシックステーセットAR 10,000円 50kg 32mm
ベーシックステーセットTR 8,000円 50kg 29mm
フィックスポイントタイプ INXPスクエアベースステー 13,000円 75kg 65mm
ドリップタイプ ローダウンドリップステーセットLDK 12,000円 75kg 135mm
INSDKスクエアベースステー 14,000円 80kg 185mm
INDDKスクエアベースステー 16,000円 60kg 211mm
INMDKスクエアベースステー 18,000円 60kg 280mm
新規格軽1BOX車対応 INKD1Kスクエアベースステー 19,500円 30kg 250mm
INKD2Kスクエアベースステー 19,500円 30kg 250mm
ハイエース専用 INSDK147スクエアベースステードリップ用セット ハイエース 20,500円(バーセット) 80kg 未公開

そしてバー選びも大切です。バーも長さによって分けることができますので、メジャーでルーフサイズを測ると自分の車に合った長さがわかります。

品番 長さ 価格
INB107 1,070mm 4,000円
INB117 1,170mm 4,500円
INB127 1,270mm 5,000円
INB137 1,370mm 5,500円
INB165 1,650mm 7,500円

ルーフボックス

ルーフ部分に取り付けるものといえば、ルーフボックスを思いついた方も多いと思います。ルーフボックスはトランクがもう1つ増えるイメージなので、とても人気があります。選ぶ際は積載量の他に、高さも選択しなければなりません。

高さが高くなるとそれだけ積載量は増えますが、その分制限される立体駐車場なども増えてきます。もし、生活の中で高さ制限があるような場所には行かない、というのであれば高さのあるものも良いと思いますが、そうでないのであれば、薄型を選択した方が良いでしょう。

また、カラーもモデルによっては設定がありますので、車に合わせることも可能です。それでは、ラインナップをご紹介します。

品名 外寸(全長×全幅×全高) 容量 最大積載量 開き方 価格 カラー
WEDGE PLUS 864 2,050×840×340(mm) 360L 50kg 左右開き 95,000円〜98,000円 ブラックメタルフレーク、メタリックレッド、シルバー、パールホワイト
WEDGE 665 2,050×840×400(mm) 400L 50kg 左右開き 90,000円 ブラック、ホワイト
WEDGE 660 2,030×840×280(mm) 300L 50kg 左右開き 80,000円 ブラック、ホワイト
WEDGE 624 1850×840×345(mm) 350L 50kg 左右開き 75,000円 ブラック、ホワイト
ROOF BOX 466 2,000×950×450(mm) 500L 75kg 左右開き 98,000円 ブラック
SHADOW 124 2,000×810×340(mm) 360L 50kg 左右開き 65,000円 マットブラック
ROOF BOX 55 2000×830×315(mm) 300L 50kg 左開き 54,000円 ブラック、ホワイト
ROOF BOX 33 1825×820×340(mm) 300L 50kg 左開き 54,000円 ブラック、ホワイト
RIDGE TRUNK 240 1400×700×310 220L 50kg 左開き 44,800円 ブラック、ホワイト

サイクル向け

引用元:www.innoracks.com

自転車を運ぶ時と言えば、今までだと大きな車にシートを倒して乗せることが基本だったかもしれませんが、これなら軽自動車でも積載することは可能です。オフロードを楽しみたい方も、泥だらけの自転車を室内に入れずにそのまま帰宅できます。

選択肢としては、前輪をつけたまま乗せることができるアップライドマウントタイプと前輪を外して固定するフォークマウントタイプに分かれます。そのまま乗せるタイプでも固定できるのですが、前輪を固定するタイプの方が固定する力は強くなります。それでは、ラインナップを見ていきましょう。

タイプ 品名 適応タイヤ 対応重量 価格
アッププライドマウント タイヤホールド2 20〜29インチ 23kg 25,000円
サイクルアタッチメントST 20〜26インチ 17kg 11,429円
フォークマウント マルチフォークロック 20〜29インチ 23kg オープン価格
フォークロック3 20〜29インチ 23kg 14,096円

マリンスポーツ向け

イノーのキャリアは、サーフボード、カヤック、ボートの積載もできるのが魅力。これらは車内に積載することが難しいため、なかなか趣味として一歩を踏み出せない方も多いでしょうが、キャリアを装着することで積載が可能となるのです。それでは、ラインナップを一気に見ていきましょう。

用途 品名 積載可能数 価格
サーフボード ラチェットベルト2 ショートボード3枚、ロングボード/セイルボード2枚、脚立1台 10,477円〜11,667円
サーフボード/カヌー・カヤック ボード・カヤックラッカー カヌー・カヤック1艇、ショートボード3枚、ロングボード/セイルボード2枚 29,524円
カヤック ノンスリップパッド 1艇 10,000円
カヤックリフター 17,715円
ボート ボート用スライドキット 1艇 20,000円
ボートアタッチメント 35,000円

キャンプ向け

キャンプへ行く際、ルーフボックスで積載を増やしても良いのですが、キャンプ用の箱をそのままルーフに載せて固定してしまうという方法もあります。固定するための台座もしっかり販売されていますので、そちらを確認していきましょう。

品名 外寸(全長×全幅×全高) 内寸(全長×全幅×全高) 最大積載量 価格
エアロラックシェイバー80 1,185×830×75(mm) 1,050×760×55(mm) 50kg 26,000円
エアロラックシェイバー100 1,185×1,065×75(mm) 1,050×1,000×55(mm) 50kg 30,000円
エアロラックシェイバー ロング 120 1,750×1,175×75(mm) 1,615×1,105×55(mm) 60kg オープン価格
シェイバー50エアロベース用 1,185×505×75(mm) 1,050×435×55(mm) 50kg 22,000円
シェイバー80エアロベース用 1,185×830×75(mm) 1,050×760×55(mm) 50kg 26,000円
シェイバー100エアロベース 1,185×1,065×75(mm) 1,050×1,000×55(mm) 50kg 30,000円
アルミラック80 1,090×830×70(mm) 950×780×40(mm) 50kg オープン価格
アルミラック100 1,090×1,070×70(mm) 950×1,020×40(mm) 50kg オープン価格
アルミラック115 1,450×1,200×70(mm) 1,310×1,150×40(mm) 75kg 20,000円

ウインタースポーツ向け

スキーやスノーボードを楽しむ方は、板を運ぶ方法に困ったことはありませんか?そんな方でも、ルーフに積載することにより解決です。また、汚れた板を室内に入れなくても良いため、車内が汚れることも防げますね!それでは、イノーのラインナップを見ていきましょう。

品名 型番 外寸(全長×全幅×全高) 積載量 価格
グラヴィティ IN926 165×810×80(mm) スキー6セット、スノーボード4枚 13,750円
IN927 210×810×140(mm) スキー6セット、スノーボード4枚 15,000円
グラヴィティエアロベース用 XA927 170×870×195(mm) スキー6セット、スノーボード4枚 17,200円
XA928 165×570×140(mm) スキー3セット、スノーボード2枚 15,000円

さらにイノーではベースマウントがなくても設置できるモデルを販売していますので、そちらも見ていきましょう。

タイプ 型番 外寸 価格
スムースルーフ UK729 205×1,020×160(mm) オープン価格
ルーフレール RH728 205×940×105(mm) オープン価格
フィックスポイント TX727 175×950×115(mm) オープン価格
マグネットキャリア MV276 230×545×380(mm) 16,000円

まとめ

このように、ルーフに物を乗せることにより、積載量も運べるものも、大きく変わります。これを機会に愛車のルーフ部分にキャリアを設置し、アウトドアの幅を広げてみてはいかがでしょうか?人生がもっと楽しくなりますよ!