チャイルドシートの正しい取り付け方

2019年06月12日

チャイルドシートの正しい取り付け方

labelシート label車雑学

いつまで経っても慣れないチャイルドシートの取り付け。取り扱い説明書に目を通しながらチャイルドシートを取り付けても、しっかりと固定できているのか不安ですよね。今回はそんな悩みを抱える両親のために、チャイルドシートの正しい取り付け方を伝授したいと思います。チャイルドシートの取り付けが容易なISOFIX対応品も紹介しているので、これからチャイルドシートを購入するという人もぜひ参考にしてください。

チャイルドシートの装着義務について

2000年4月1日から6歳未満の子供にチャイルドシートの着用が義務化されました。「チャイルドシートの着用は当然じゃないの?」と思っていた人もいるかもしれませんが、以前はチャイルドシートの着用義務は存在していなかったのです。

現在、6歳未満の子供を車に乗せて移動する場合は必ずチャイルドシートを着用させる必要があります。もちろん、チャイルドシートの着用が難しい時などチャイルドシートの着用義務が例外になることもありますが、基本的にはチャイルドシートの着用は必須です。

チャイルドシートの着用義務がある子供を乗車させているにもかかわらず、チャイルドシートを着用していなかった場合は、交通違反点数が1点加点されてしまいます。交通ルールを守るためだけでなく、子供の安全を確保するためにも6歳未満の子供を乗車させる際はチャイルドシートを必ず使用してください。

チャイルドシートの取り付け方

チャイルドシートは製品によって、固定方法が異なっています。今回は一般的なチャイルドシートの固定方法であるシートベルトでの取り付け方を紹介します。メーカーや製品によって取り付け方が異なる場合があるので、必ず取扱説明書に目を通してください。

前向きでの取り付け

まずはチャイルドシートを座席の奥までしっかりと押し込みます。車のシートとチャイルドシートに隙間が空いていると、チャイルドシートが本来の役割を果たせず安全性が低下してしまう恐れがあるので、絶対に隙間が空かないようにしましょう。

次にチャイルドシートをシートベルトで固定します。このとき、シートベルトが緩んでいるとチャイルドシートの安全性が低下してしまうので、チャイルドシートを強く押さえながらシートベルトを思いっきり引っ張って固定するようにしてください。

後ろ向きでの取り付け

誕生したばかりで首がすわっていない新生児をチャイルドシートに着用させる場合は、チャイルドシートを後ろ向きで取り付ける必要があります。後ろ向きでチャイルドシートを取り付ける際に注意しなければならない点がフロントシートとの距離です。

チャイルドシートとフロントシートの距離が十分に確保できていない場合、事故が発生した時にフロントシートとチャイルドシートがぶつかり、チャイルドシートが本来の安全性能を発揮できない可能性があります。

そのため、フロントシートを前方にスライドさせてチャイルドシートの距離を十分に確保しましょう。逆にフロントシートを後方にスライドさせて、チャイルドシートをフロントシートとリアシートで挟み込む方法も効果的です。

チャイルドシートとフロントシートの距離が中途半端な状態が最も危険だとされています。チャイルドシートとの距離を十分に空けるか、もしくは密着させることで対処することが可能です。シートベルトでの固定方法自体は前向きでの取り付けと変わりありません。

必要な調整箇所

チャイルドシートはシートに取り付けたら固定完了というわけではありません。チャイルドシートは水平から約45°の角度で固定することが推奨されているため、リクライニングの調整などによって水平から約45°の角度にセッティングしましょう。

ただし、近年のチャイルドシートは必ずしも約45°の角度にセッティングしなくても、子供が快適に過ごせるようになっている製品もあります。詳細については取扱説明書にしっかりと目を通してください。

また、子供をチャイルドシートに座らせた後は肩ベルトの調節をする必要があります。チャイルドシートを前向きに取り付けた場合は、肩の高さと同じか肩よりも高い位置に、後ろ向きに取り付けた場合は肩よりも低い位置に肩ベルトがくるようにしてください。

そうすれば、事故が発生した時に肩にかかる負担を減らすことが可能です。肩ベルトの長さは肩ベルトと子供の鎖骨の間に指1本が入る程度に調節しましょう。実際に子供を座らせた後は、チャイルドシートがきちんと固定されているかどうか確認してくださいね。

取り付けが容易なISOFIX対応品を購入しよう

引用元:https://ailebebe.jp/products/ISOFIX.html

近年はISOFIX(アイソフィックス)と呼ばれる、国際標準規格のチャイルドシート固定方式が浸透してきています。本来、チャイルドシートはシートベルトでの固定が一般的ですが、誤った方法で取り付けてしまう人が後を絶たず事故が多発していました。

そのような事故を防ぐために、新たに登場したのがISOFIXです。上記でも紹介したように、シートベルトでのチャイルドシート固定方法は少々ややこしくなっています。ところがISOFIXなら車の固定金具にISOFIXバーと呼ばれるコネクタ部を連結するだけで、しっかりとチャイルドシートを固定することが可能です。

ISOFIXに対応しているチャイルドシートは、シートベルト固定方式のチャイルドシートに比べてやや高い傾向にあります。しかし、子供の安全をしっかりと確保するためにも、取り付けが容易なISOFIX対応品を購入することをおすすめします。

ISOFIXに対応したおすすめチャイルドシート3選!

最後にISOFIXに対応している製品の中で、おすすめのチャイルドシートを3種類紹介します。今回はAmazonで販売されているチャイルドシートの中から、高い評価を獲得している人気のチャイルドシートをピックアップしました。

これから紹介するチャイルドシートであれば、ISOFIXで簡単にチャイルドシートを固定することができるうえ、子供が快適かつ安全に移動することができますよ。チャイルドシートの購入を考えている人はぜひ参考にしてください。

Combi(コンビ)WHITE LABEL クルムーヴ スマート_ブラウン

まず最初に紹介するチャイルドシートが「WHITE LABEL クルムーヴ スマート」です。この製品は、ベビー用品を中心に製造しているコンビが製造および販売を手がけています。アップリカやピジョンと並ぶベビー用品の日本3大メーカーのひとつです。

この製品は、新生児から4歳頃までの子供が使用できる回転式チャイルドシートになっています。どのリクライニングポジションでも簡単に回転させることができる設計で、子供に着用させる際にストレスを感じることがありません。

衝撃を緩和するエッグショックを頭部と背面に採用しているため、全身の揺れを大幅に軽減。些細な衝撃からも子供の頭部を守ってくれます。従来の製品と比べてコンパクトな設計になっているため、コンパクトカー車内でも十分なスペースを確保できるようになりました。

シガーソケットに差し込んで作動させる電動式のファンが備わっており、熱がこもりやすい車内でも子供が快適に過ごすことができます。Amazonでの価格は52,800円です。チャイルドシート選びに迷ったらコレ、と言っても過言ではないほど魅力的な製品に仕上がっています。

Aprica(アップリカ)Deaturn+_デニムブラック

続いて紹介するおすすめのチャイルドシートが「Deaturn+」です。この製品は、アップリカ・チルドレンズプロダクツ合同会社が製造および販売を手がけています。上記で紹介したコンビと並ぶ、ベビー用品日本3大メーカーのひとつです。

「Deaturn+」は、新生児から4歳頃までの子供が使用できる回転式チャイルドシートになっています。前向きや後ろ向きはもちろん、リクライニング機構によってベッド型へと切り替えることができ、新生児が自然に過ごすための工夫が凝らされています。

子供を乗せたままでも360度回転させることができるため、子供の乗せ降ろしが簡単です。頻繁な子供の乗せ降ろしが両親の苦になりません。大きな衝撃から頭と首への負担を軽減するヘッドサポートが採用されているため、万が一の時も安心です。

今回紹介している製品は幌なしタイプですが、派生タイプとして幌ありタイプも用意されています。幌ありタイプなら日差しの強い日でも子供が快適に過ごすことができそうです。

Amazonでの価格は39,800円となっています。

RECARO(レカロ)ZERO.1 SELECT R129_スパーキーレッド

最後に紹介するチャイルドシートが「ZERO.1 SELECT R129」です。

この製品は、ドイツに拠点を置く自動車用品製造メーカーであるレカロが製造および販売を手がけている製品になります。車好きにとっては馴染み深いレカロは、スポーツシート開発のノウハウを活かしてチャイルドシートの開発も手掛けているのです。

「ZERO.1 SELECT R129」は、新生児から4歳頃までの子供が使用できる回転式チャイルドシートになっています。新安全基準のR129に適合している安全性の高いチャイルドシートです。ひと目でわかるインジケーターで取り付けのチェックができるため、チャイルドシートがきちんと固定されているかどうかを把握することができます。

インナークッションには低反発素材のクッションを採用することで、子供が快適に過ごすことができるように配慮されています。子供の快適性と安全性を最優先で設計している魅力的なチャイルドシートです。

レカロの製品ということで、スポーティーなデザインも大きな魅力のひとつとなっています。車好きの両親にうってつけの製品です。Amazonでの価格は64,800円となっています。

まとめ

今回は皆さんにチャイルドシートの正しい取り付け方を伝授するとともに、取り付けが容易なISOFIX対応チャイルドシートを3種類ご紹介しました。シートベルト式のチャイルドシートは、何度確認してもしっかりと取り付けできているか不安で仕方ありません。

その点、ISOFIX対応チャイルドシートなら簡単に取り付けることができて安心です。

今回ピックアップした製品は、安全性と快適性を高い次元で両立しています。その分、チャイルドシートとしては高価な部類に入りますが、子供の安全を確保するためなら決して高すぎる価格ではありません。

シートベルト固定方式のチャイルドシートを選ぶか、ISOFIX対応チャイルドシートを選ぶかは人それぞれですが、どちらを選ぶにせよ、しっかりと検討を重ねたうえで子供が安全・快適に移動できるチャイルドシートをチョイスしましょう。