【カスタムからグレード展開まで】最終型UCF30セルシオのすべて

2019年06月10日 (更新:2019年06月10日)

【カスタムからグレード展開まで】最終型UCF30セルシオのすべて

labelセルシオ labelエアロ labelホイール labelカスタム全般

レクサスブランドが日本で展開されるまで、日本車としてフラッグシップの立ち位置を担っていたセルシオ。中でも最終型のUCF30セルシオは、販売終了から13年が経過した現在でも高い人気を集めています。今回はそんなUCF30セルシオの定番カスタムを紹介。CARTUNEユーザーのカスタム事例もピックアップしてお届けします!

セルシオの成り立ち

現在の日本を代表する高級車といえばレクサスブランドの面々が思い浮かびますが、レクサスブランドの展開が日本でも開始される以前は、セルシオがそのポジションに君臨していました。

クラウンを大きく上回る高級車として、日本で高い人気を獲得していたセルシオ。そんなセルシオのカスタム情報について詳しくお伝えする前に、まずはセルシオに関する基本的な情報を簡単に紹介したいと思います。

海外ブランドの牙城を食い破れ

セルシオが登場する以前、海外の高級車市場はキャデラックなどの北米ブランドやメルセデス・ベンツやBMWをはじめとする欧州ブランドの独壇場でした。

その当時から日本車は高い支持を得ていましたが、あくまでそれは大衆車としてであり、高級車としてはまだまだ発展の余地があると判断されていたのです。

それは国内の自動車メーカー自身も痛感していて、すでにレッドオーシャンとなっている高級車市場に割って入る余地はないと考えていました。

引用元:https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/emblem/?_ga=2.48046371.562955576.1558060666-1589966858.1554112164

しかし、日本を代表する自動車メーカーであるトヨタはそう考えておらず、高い快適性や品質を追求することで、キャデラックやメルセデス・ベンツなどの高級ブランドと立ち向かうことができる。そう判断した上で、開発が始められたのが初代セルシオ(初代LS)です。

引用元:https://global.toyota/jp/mobility/toyota-brand/emblem/?_ga=2.48046371.562955576.1558060666-1589966858.1554112164

初代セルシオ(初代LS)はその高い快適性と高品質、日本車ならではの高い信頼性のおかげで、大ヒットを記録します。現在でもレクサスが北米市場を中心に他の高級ブランドと戦うことができているのは、間違いなく初代セルシオ(初代 LS)の存在があったからです。

もちろん、初代セルシオは日本でも人気を獲得しています。2代目モデルとなるUCF20セルシオや今回のメインテーマとなるUCF30セルシオも、当時の国産最高級車でありながら大ヒットを記録しました。

その人気はUCF30セルシオの販売終了から13年が経過した現在でも、衰える様子はありません。セルシオの歴史を簡単に振り返ったところで、UCF30セルシオの基本概要やグレード、スペックについて紹介したいと思います。

UCF30セルシオの基本概要

UCF30セルシオは2000年に発売されました。2代目モデルであるUCF20セルシオは初代セルシオのキープコンセプトとして登場したのですが、UCF30セルシオは外観デザインを大きく変更。より優雅で上質感のあるスタイリングをまとって登場しています。

UCF20セルシオまではプレス式ドアを採用していたのですが、UCF30セルシオではサッシュ式ドアを採用。さらに、UCF30セルシオから多数の電子制御システムが標準装備されることになり、快適性や安全性が大きく向上しました。

2003年にはビッグマイナーチェンジを実施。後期型への移行に伴い、外観デザインの大幅変更や燃費性能の向上、グレード構成の見直しなどが行われています。当時としては非常に先進的なプリクラッシュセーフティシステムなどがオプション設定されました。

グレード/価格

UCF30セルシオのグレード構成と当時の販売価格を記載します。マイナーチェンジ以前の前期モデルとマイナーチェンジ後の後期モデルでグレードや価格が若干異なるので、どちらも紹介しますね。

車両型式 グレード 車両価格
UCF30(前期モデル) 4.3 A仕様 5,430,000円
4.3 A仕様eRバージョン 5,680,000円
4.3 B仕様 5,950,000円
4.3 B仕様eRバージョン 6,050,000円
UCF31(前期モデル) C仕様 6,200,000円
C仕様 インテリアセレクション 6,670,000円
C仕様 Fパッケージ 6,970,000円
C仕様 Fパッケージ インテリアセレクション 7,320,000円
UCF30(後期モデル) 4.3 A仕様 5,933,000円
4.3 eR仕様 6,510,000円
UCF31(後期モデル) 4.3 C仕様 6,668,000円
4.3 C仕様 インテリアセレクション 7,214,000円
4.3 C仕様 Fパッケージ 7,476,000円
4.3 C仕様 Fパッケージ インテリアセレクション 7,875,000円

スペック

国産車の最高峰として君臨していたUCF30セルシオ。そのスペックも当時としては革新的かつ凄まじいものでした。スペックに関しても前期と後期でやや異なっているため、どちらのモデルも紹介します。

車両型式 UCF30(前期モデル) UCF30(後期モデル)
エンジン 4.3L V型8気筒DOHC
最高出力/最大トルク 280馬力/43.8 kgm
駆動方式 FR
トランスミッション 5速AT 6速AT
サスペンション 前後:ダブルウィッシュボーン
全長 4,995 mm 5,015 mm
全幅 1,830 mm
全高 1,470 mm
車両重量 1,800-1,820 kg 1,800-1,830 kg

定番カスタムその1:車高調

前置きが少々長くなってしまいましたが、これからUCF30セルシオの定番カスタムを紹介していきます。まずは定番カスタムのひとつである車高調です。 UFC30セルシオには従来式のサスペンションが採用されているグレードとエアサスペンションを採用しているグレードがあります。

エアサスペンションから車高調に交換する人はそう多くありません。そのため、エアサス仕様車を所有している人にとってはあまり参考にならないかもしれませんが、バネサス仕様車を所有している人にとっては参考になるはずなので、是非ご覧ください。

RS-R(アールエスアール) 車高調 Black i

まず最初に紹介するのはRS-Rが製造する車高調の中でもオーソドックスなモデルであるBlack iです。単筒式かつ全長調整式で、減衰力36段調整機能が備わっています。スポーツ走行向けの車高調ではないので、Black iを装着することによる走行性能の向上はあまり感じることができないかもしれません。

しかし、徹底したローダウンを可能にするため、ショートストローク&ショートケース仕様のショックアブソーバーを専用設計しています。UCF30セルシオに迫力のあるローダウンを施したい人におすすめのモデルです。

HKS ハイパーマックスダンパー SスタイルX 車高調

続いて紹介する車高調は、ハイパフォーマンスチューニングを手掛けているHKSの「ハイパーマックスダンパー SスタイルX」です。単筒式かつ全長調整式で、減衰力30段調整機能が備わっています。

数々のレースシーンで培われたサスペンション製造技術がふんだんに盛り込まれているため、その性能は非常に優秀です。日本製で1年間もしくは走行距離20,000 kmまでの保証が付帯しているところも魅力的だと思います。

FINAL KONNEXION(ファイナルコネクション) ステルス車高調キット

最後に紹介する車高調はファイナルコネクションの「ステルス 車高調キット」です。スポーツ走行で高い性能を誇るファイナルコネクションと「Swift スプリング」のコラボ製品となっています。この車高調は耐久性が非常に高いことで人気を博しているモデルです。

UCF30セルシオでスポーツ走行を楽しむ人は少ないと思うので、そういった意味ではステルス車高調キットの真価を発揮することは難しいかもしれません。しかし、圧倒的な耐久性のおかげで、UCF30セルシオの重たいボディをローダウンしてもへたりが少ないです。

定番カスタムその2:ホイール

車高調によるローダウンと併せて施したいカスタム、それが社外ホイールへの交換です。 UCF30セルシオはシンプルな純正ホイールも魅力的ですが、その足元に社外ホイールを装着することで、かっこよさがグンと跳ね上がります。

UCF30セルシオに用いられることが多いホイールのタイプはメッシュホイールです。もちろん、スポークホイールやディッシュホイールなども人気があります。今回はCARTUNEにアップされているUCF30セルシオの社外ホイール装着事例を紹介していきますね。

BBS LM

まず最初に紹介する社外ホイールが「BBS LM」です。高性能ホイールブランドの代名詞ともいえるBBSの中でも、LMはオーソドックスなメッシュスポークデザインを採用しています。

メッシュホイールならではのスタイリッシュさと、オーソドックスであるがゆえの風格を感じる上質感が魅力的です。アルミ鍛造2ピースホイールなので、その性能面にも妥協は一切ありません。

そんなLMとUCF30セルシオの相性はバッチリです。 LMならUCF30セルシオにヨーロピアンなテイストとスポーティな雰囲気をプラスしてくれます。

WORK MEISTER S1

続いて紹介する社外ホイールが「WORK MEISTER S1」です。高性能ホイールの開発だけでなく、個性的かつ大胆なスタイルのホイールで多くの車好きを魅了しているWORKの中でも、S1は特に人気の高いMEISTERブランドのひとつとなっています。

シンプルな5スポークデザインですが、その1本1本がとても力強く、硬質感や迫力がはっきりと感じられる造形です。3ピース構造を採用したことで、シンプルな構成ながらも大胆なディープリムを実現しています。

画像のMEISTER S1はバフフィニッシュ加工が施されているため、非常に強い存在感を感じます。ブラックのUCF30セルシオに映える組み合わせでとっても迫力がありますね。

WORK Gran Seeker CCX

最後に紹介する社外ホイールが「WORK Gran Seeker CCX」です。こちらも先述したMEISTER S1と同じブランドであるWORKが製造および販売を手がけています。非常にきめ細かいメッシュパターンからは本来であれば矛盾しているようにも感じる繊細さと大胆さを同時に感じることができます。

一見、レトロな雰囲気をまとったホイールのようにも感じますが、見方や車との組み合わせによってはスタイリッシュさや先進性を感じることもできる、とても奥が深く個性的なホイールです。

センスが問われるホイールなので初心者向きではありませんが、その分、カスタムの方向性とマッチした時のカッコよさで右に出るホイールはなかなかありません。

画像ではホワイトのUCF30セルシオとインペリアルゴールドカラーのWORK Gran Seeker CCXを組み合わせています。迫力のあるUCF30セルシオもどこか優雅さを感じるような仕上がりで、とてもカッコいいです。

定番カスタムその3:エアロ

車高調や社外ホイールよりも敷居は高くなってしまいますが、ほかのUCF30セルシオよりも個性を強調したいのであれば、エアロパーツの装着がおすすめです。UCF30セルシオには多数のエアロパーツが様々なメーカーから販売されています。

本来のUCF30セルシオが持つ上質感を高めるものだったり、スポーティー感を演出するものであったり、デザインやカスタムの方向性は多種多様です。今回はUCF30セルシオにおすすめのエアロパーツを3つピックアップしたので、今後のカスタムの参考にしてください。

ARTISAN SPIRITS

引用元:http://www.artisanspirits.co.jp/car-lineup/toyota/celsior/30cel-af-hsl01/index.html

レクサスブランドやトヨタブランドを中心に、数々のエアロパーツ製造を手掛けている「ARTISAN SPIRITS」が販売しているUCF30セルシオ用エアロパーツ。「ARTISAN SPIRITS」が販売しているUCFセルシオ用エアロパーツは4種類ありますが、紹介するのはUCF30後期用「HIGH-SPEC LINE」と呼ばれるものです。

販売しているエアロパーツの種類は以下の5点となっています。

  • フロントバンパースポイラー
  • リアバンパースポイラー
  • サイドステップ
  • フロントフェンダー
  • フロントフェンダーパネル

フロントバンパースポイラーやリアバンパースポイラーはUCF30セルシオにヨーロピアンテイストを与えて、上質感をプラスする役割があります。フロントフェンダー・フロントフェンダーパネルによってUCF30セルシオにダクトを設けることで、スポーティーさも強調していますね。

AIMGAIN

引用元:http://www.aimgain.net/products/aero/ucf30af_vip.html

次に紹介するのは、こちらも多数のエアロパーツ製造を手掛けている「AIMGAIN」のUCF30セルシオ用エアロパーツ。「純VIP」と呼ばれるシリーズで、UCF30後期専用エアロパーツとして開発されているので、UCF30前期に装着することはできません。

「AIMGAIN」がUCF30セルシオ向けに販売しているエアロパーツは以下の7点です。

  • フロントバンパー
  • リアバンパー
  • リアバンパー タイプII
  • サイドステップ
  • トランクスポイラー
  • ルーフウイング
  • スタイリッシュグリル

UCF30セルシオの持ち味を活かしつつ、よりスポーティー感や迫力を高めるエアロパーツに仕上がっています。それを強く感じることができるのがサイドステップやリアバンパーです。サイドステップにラインが入っていることで、ボディが低く見えます。

リアバンパーはまるでハイパフォーマンスセダンのようです。スタイリッシュグリルにはブラックアウトされた横フィンが入っていて、押し出し感とスポーティーさが強調されています。

JOB DESIGN

引用元:http://www.jobdesign.co.jp/photo_album_detail.php?p=0&detail_p=1&album=295&img=3590

福岡県の北九州市に拠点を置く「JOB DESIGN」が製造しているUCF30セルシオ用エアロパーツ。ほかのブランドが製造しているエアロパーツとは一味違った個性的なデザインが魅力的です。

「JOB DESIGN」がUCF30セルシオ向けに販売しているエアロパーツは以下の4点。

  • フロントバンパー
  • リヤバンパー
  • サイドステップ
  • リヤウィング

フロントバンパーには大型のサイドダクトが設けられていて、その中にフォグランプカバーが配置されています。フロントバンパーアンダースポイラー部の造形はスポーツカーのようで、とてもカッコいいです。

差別化が難しいサイドステップのデザインにも個性が表れています。やや派手な傾向にあるので、人それぞれ好みはあるかもしれませんが、迫力のあるUCF30セルシオに乗りたい人には「JOB DESIGN」のエアロパーツがおすすめです。

Kat-tun ユーザーのセルシオカスタム事例

最後にUCF30セルシオに乗っているカーチューンユーザーのカスタム事例を紹介したいと思います。皆さんこだわりのあるかっこいいカスタムを施しているので、今後UCF30セルシオをカスタムしていきたいと考えている人にとっては参考になるはずです。

いんぱくとRさんのカスタム事例

まず最初に紹介するカスタム事例は、いんぱくとRさんのUCF30セルシオカスタム事例。高級車ならではのオーラを強く感じるブラックのボディにスポーティーな足回りを組み合わせています。

いんぱくとRさんのUCF30セルシオは、フルエアロを装着していてノーマルのセルシオよりも迫力がありますね。

足回りも見事です。硬質感のあるゴールドの5スポークホイールがいいアクセントです。スポークの隙間から覗いているレッドキャリパーがスポーティさを強調しています。

スポーティさとは無縁の高級セダンもカスタムの方向性によってはとってもスポーティになることがよくわかるカスタム事例です。

東雲紫音 shinnonome shionさんのカスタム事例

続いて紹介するのは、東雲紫音 shinnonome shionさんのUCF30セルシオカスタム事例です。こちらも前述したカスタム事例と同様のボディカラーです。

ブラックでマイナーチェンジ後の後期モデルとなっています。東雲紫音 shinnonome shionさんのUCF30セルシオもフルエアロを装着していますが、フルエアロ特有のゴテゴテした印象はなくシンプルにまとめています。

足回りもお見事です。2かける7のクロススポークデザインを採用しているホイールがセルシオの足元にスポーティーな印象と、ヨーロピアンテイストをプラスしています。UCF30セルシオ本来の魅力を上手に引き出しているカスタム事例だと感じました。

キムトシ@INSPIRATIONさんのカスタム事例

最後に紹介するのは、キムトシ@INSPIRATIONさんのセルシオカスタム事例です。キムトシ@INSPIRATIONさんのUCF30セルシオもマイナーチェンジ後の後期モデルで、ボディカラーはブラックと人気の仕様となっています。

UCF30セルシオのかっこよさを存分に感じることができるローリングショットです。先述しているカスタム事例と比べるとエアロパーツの類は控えめですが、フロントフェンダーにダクトを設けるなどスポーティーさを強調するカスタムが施されています。

フロントバンパーのふちにサイドマーカーが装着されていることから、USDM仕様を意識しているのかと思います。ローリングショットなのでホイールをしっかりと確認することができませんが、おそらくBBSのメッシュホイールです。

まとめ

https://cartune.me/notes/h5Jd1CzXEM

今回はセルシオの 歴史や基本概要を簡単に紹介するとともに、UCF30セルシオの定番カスタムに関する情報を余すことなくお伝えしました。

たくさんの人気カスタムパーツをピックアップしているので、どんなカスタムパーツをつけようか迷っている人は参考にしてください。またCARTUNEユーザーのUCF30セルシオカスタム事例も参考になると思います。

今回は3名のCARTUNEユーザーをピックアップしましたが、CARTUNEにはかっこいいUCF30セルシオを所有している人がほかにもたくさん存在しています。気になる人はCARTUNEで検索してみてください!