20系 レクサス・IS純正サイズにおススメのタイヤ10選をご紹介します!

2019年06月15日

20系 レクサス・IS純正サイズにおススメのタイヤ10選をご紹介します!

labelIS labelタイヤ

レクサスのエントリーセダンを担っているIS。比較的コンパクトなセダンではありますが、高級車にふさわしい快適性と走行性能を併せ持っています。今回は先代モデルにあたる20系ISの純正タイヤサイズにおすすめのタイヤを10種類ピックアップしました。20系ISの純正タイヤサイズに適合するタイヤを探している人は、ぜひ参考にしてください。

20系ISってどんな車?

ISは、トヨタが北米市場・欧州市場での展開を見据えて新たに設立した高級車ブランド、レクサスのエントリーセダンとして登場しました。初代ISは「アルテッツァ」という名称でトヨタブランドのもと展開されましたが、20系ISはレクサスブランドの日本市場投入に伴い、レクサスブランドから販売されています。

あくまでエントリーセダンではありますが、レクサスのエントリーモデルを担う存在として発売されただけあって、高い質感と快適性が備わっています。また、走りの性能を重視したスポーツセダンとしての役割も担っているようです。

現在では現行モデルにあたる30系ISが販売されていますが、中古車市場では20系ISもまだまだ高い人気を誇っています。中古車市場での相場が落ち着いたこともあって、20系ISはカスタムベースとしての需要もある人気セダンです。

20系ISの純正タイヤサイズ

20系ISの純正タイヤサイズは以下の5種類です。

  • 205/55R16
  • 225/45R17
  • 245/45R17(リア)
  • 225/40R18
  • 255/40R18(リア)

約8年間にわたって販売されていた20系ISは、レクサスのエントリーモデルを担う存在として様々なバリエーションが展開されていました。そのため、タイヤサイズの展開も一般的な車と比べると非常に多くなっています。

とはいえ、5種類の純正タイヤサイズのうち245/45R17と255/40R18の2種類は、リアタイヤの純正タイヤサイズになっています。245/45R17は225/45R17と、255/40R18は225/40R18と組み合わせられるので、実質的には3種類です。

205/55R16 を装着しているグレード

20系ISの中で205/55R16を装着しているグレードが以下の2種類です。

  • IS250
  • IS250 Xエディション

2009年に実施された年次改良によって、新たに205/55R16が設定されています。そのため、2009年以前のIS250とIS250Xエディションは205/55R16ではなく、

  • フロント:225/45R17
  • リア:245/45R17

を装着しているようです。

フロント:225/45R17・リア:245/45R17を装着しているグレード

20系ISの中でフロントに225/45R17、リアに245/45R17装着しているグレードが以下の7種類です。

  • IS250
  • IS250 アートワークス
  • IS250 バージョンL
  • IS250 レッドエッジブラックインテリア
  • IS250 エレガントホワイトインテリア
  • IS350
  • IS350 エレガントホワイトインテリア

ベースグレードのIS250に関しては、2009年以前のモデルのみが上記のタイヤサイズを装着しています。フロントに225/45R17、リアに245/45R17を装着しているグレードは、快適性や乗り心地を重視したグレードが多い傾向にあるようです。

フロント:225/40R18・リア:255/40R18 を装着しているグレード

20系ISの中でフロントに225/40R18、リアに255/40R18を装着しているグレードが以下の6種類です。

  • IS250 バージョンS
  • IS250 バージョンF
  • IS250 バージョンT
  • IS250 Fスポーツ
  • IS350 バージョンT
  • IS350 Fスポーツ

20系ISの中でスポーティーさを追求したグレードが上記のタイヤサイズを装着しています。225/45R17と245/45R17の組み合わせに比べるとやや乗り心地は悪化していますが、スポーティーな走りを実現しているようです。

05/55R16 サイズの20系ISにおすすめタイヤ10選!

まずは20系ISのIS250とIS250Xエディションの2種類に設定されている、205/55R16に適合するおすすめタイヤを10種類紹介します。これらのグレードに関しては前後で同径のタイヤを装着しているので、銘柄選びに困ることはありません。

今回は低燃費タイヤ・コンフォートタイヤ・プレミアムコンフォートタイヤ・スポーツタイヤの4カテゴリの中から2~3種類ずつピックアップしました。205/55R16のタイヤを装着している20系ISオーナーはぜひ参考にしてください。

低燃費(エコ)タイヤ

最初に205/55R16の低燃費タイヤを紹介します。IS250とIS250Xエディションにおすすめの低燃費タイヤは以下の3種類です。

FALKEN(ファルケン)SINCERA SN832i

まず初めに紹介する低燃費タイヤは「SINCERA SN832i」です。このタイヤは、住友ゴム工業が展開しているタイヤブランドのひとつ、ファルケンが製造および販売を手がけています。環境性能と低燃費性能を高い次元で両立した製品です。

転がり抵抗の低減によって優れた低燃費性能を実現しています。それにより、CO2の排出を最小限に抑えているそうです。また、ウェット路面での走行性能もしっかりと確保しています。

もちろん、ドライ路面での走行性能も必要十分です。「SINCERA SN832i」のAmazon価格は7,439円となっています。4本分の価格は29,756円です。

ROADSTONE(ロードストーン)N-BLUE ECO SH01

続いて紹介する低燃費タイヤは「N-BLUE ECO SH01」です。このタイヤは欧州を中心に人気を博している韓国タイヤメーカーであるネクセンが展開しているブランドのひとつ、ロードストーンが製造および販売を手がけている製品になります。

ロードストーンが展開している製品の中でも環境性能の高さをウリにしているタイヤで、転がり抵抗の低減によって、優れた低燃費性能を実現しています。4本のワイドグルーブの採用によって、ウェット路面での安定性も高くなっているところもポイントです。

「N-BLUE ECO SH01」のAmazonでの価格は7,176円となっています。4本分の価格は28,704円です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)NEXTRY

続いて紹介する低燃費タイヤは「NEXTRY」です。このタイヤは日本が世界に誇るタイヤメーカーであるブリヂストンが製造および販売を手がけています。ブリヂストンのラインナップの中でもベーシックな低燃費タイヤです。

ブリヂストンの先進技術であるナノプロ・テックを採用することで転がり抵抗を低減。さらに、ドライ路面での性能だけでなくウエット路面でのブレーキング性能、乗り心地といった基本性能も確保しているコストパフォーマンスの高いタイヤとなっています。

「NEXTRY」のAmazonでの1本あたりの価格は9,660円、4本分の価格は38,640円です。経済面だけでなく性能も優れているので、おすすめの製品となっています。

コンフォートタイヤ

続いて、205/55R16のコンフォートタイヤを紹介します。IS250とIS250 Xエディションにおすすめのコンフォートタイヤは以下の2種類です。

DUNLOP(ダンロップ)LE MANS V

まず最初に紹介するコンフォートタイヤがLE MANS Vです。このタイヤは住友ゴム工業が展開してるブランドのひとつであるダンロップから販売されています。年間ランキング第1位を2年連続で獲得しており、その性能は折り紙付きです。

このタイヤの大きな特徴は、特に静粛性に優れていることです。一般道だけでなく高速道路での静粛性も非常に高く、車内での会話や音楽を気ままに楽しめる静かさを実現しています。また操縦性やグリップ力、ロングライフなども備えた製品です。

「LE MANS V」のAmazonでの1本あたりの価格は11,494円、4本分の価格は45976円となっています。

PIRELLI(ピレリ)Cinturato P1

続いて紹介するコンフォートタイヤが「Cinturato P1」です。こちらの製品は欧州に拠点を置くタイヤメーカーのひとつ、ピレリが製造および販売を手掛けています。コンフォートタイヤとしてのトータルバランスに優れているタイヤです。

「Cinturato P1」はコンフォート性能の魅力だけでなく、走りの性能に関しても定評があります。最新のコンパウンドを用いることで、転がり抵抗の低減とタイヤ自体の軽量化を実現しました。

静粛性や乗り心地に関しても高い次元を目指した、魅力的なコンフォートタイヤに仕上がっています。「Cinturato P1」のAmazon価格は7,278円です。4本分の価格は29,112円となっています。

プレミアムコンフォートタイヤ

続いて、205/55R16のプレミアムコンフォートタイヤを紹介します。IS250とIS250Xエディションにおすすめのプレミアムコンフォートタイヤは以下の3種類です。

MICHELIN(ミシュラン)PRIMACY 4

まず最初に紹介するプレミアムコンフォートタイヤは「PRIMACY 4」です。このタイヤはフランスに本拠地を持つ、世界規模のタイヤメーカーであるミシュランが製造および販売を手がけています。

「PRIMACY 4」は日本で特に求められている静粛性と快適性を高い次元で両立しました。さらに、排水性能を高める新溝形状や新コンパウンドの配合によって、濡れた路面でのブレーキング性能の高さを大きな魅力としています。

Amazonでの1本あたりの価格は15,036円です。4本分の価格は60,144円となります。

Continental(コンチネンタル)ContiPremiumContact 2

続いて紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「ContiPremiumContact 2」です。ドイツのタイヤメーカーであるコンチネンタルが製造および販売を手掛けています。ドライ路面だけでなく、ウェット路面でのコンフォート性能を追求した上級タイヤです。

ラグジュアリーセダンへの装着を想定している製品なので、レクサスのエントリーモデルであるISには打ってつけとなっています。どんな路面状況においても高い走行性能を実現しながら、優れた快適性も確保しました。

「ContiPremiumContact 2」のAmazon価格は15,171円です。4本分の価格は60,684となります。16インチのタイヤとしては高価な部類に入りますが、価格に見合うコンフォート性能を実現している製品です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)REGNO GR-XII

続いて紹介するプレミアムコンフォートタイヤは「REGNO GR-XII」です。世界3大タイヤメーカーのひとつであるブリヂストンが製造および販売を行っています。

REGNOブランドはブリヂストンのラインナップの中でも、特に上質な乗り心地や静粛性を追求したブランドです。「REGNO GR-XII」は、新品時だけでなく摩耗が進んでも高い静粛性を維持することを可能としたタイヤとなっています。

さらに、優雅な乗り心地とレスポンスの良い操作性を両立しているのも魅力のひとつです。「REGNO GR-XII」のAmazonでの1本あたりの価格は18,050円となっています。4本分の価格は72,200円です。

スポーツタイヤ

最後に、205/55R16のスポーツタイヤを紹介します。IS250とIS250Xエディションにおすすめのコンフォートタイヤは以下の2種類です。

FALKEN(ファルケン)ZIEX ZE914F

まずはじめに紹介するスポーツタイヤが「ZIEX ZE914F」です。こちらの製品は住友ゴム工業が展開するタイヤブランドのひとつ、ファルケンから販売されています。

スポーツ性とコンフォート性能を併せ持つタイヤとして開発されました。ファルケンがこれまで培ったタイヤ開発のノウハウをふんだんに投入することで、ドライ路面だけでなくウェット路面での走行性能を高い水準にまで引き上げています。

さらに、転がり抵抗を低減して低燃費性能も追求しているそうです。「ZIEX ZE914F」のAmazonでの価格は、1本あたり9,513円となっています。4本分の価格は38,052円です。

YOKOHAMA(ヨコハマ)ADVAN Sport V103S

最後に紹介するスポーツタイヤが「ADVAN Sport V103S」です。こちらの製品は国内タイヤメーカーのひとつであるヨコハマのスポーツブランド、ADVANが製造および販売をしているタイヤになります。

スポーツ走行時の性能を追求するADVANブランドにふさわしい、優れた走行性能を実現しました。発売から時間が経過していることもあって、最新のテクノロジーは採用されていません。

それでも、スポーツタイヤらしいきびきびとした走りを堪能できるでしょう。「ADVAN Sport V103S」のAmazon価格は、1本あたり15,300円です。4本分の価格は61,200円となっています。

225/45R17・245/45R17におすすめタイヤ10選!

次に20系ISの一部グレードに設定されている、225/45R17・245/45R17に適合するおすすめタイヤを10種類紹介します。これらのグレードに関しては前後サイズの違うタイヤを装着しているので、前後サイズが用意されているタイヤを選びました。

低燃費タイヤ・プレミアムコンフォートタイヤ・スポーツタイヤ・格安タイヤの4カテゴリの中から2~4種類ずつピックアップ。225/45R17・245/45R17のタイヤを装着している20系ISオーナーはぜひ参考にしてください。

低燃費タイヤ

最初に225/45R17・245/45R17の低燃費タイヤを紹介します。ISの225/45R17・245/45R17に適合するおすすめ低燃費タイヤは以下の3種類です。

GOODYEAR(グッドイヤー)EAGLE LS EXE 225/45R17

まず最初に紹介する低燃費タイヤは「EAGLE LS EXE」です。このタイヤは、アメリカの大手タイヤメーカーであるグッドイヤーが製造および販売を手がけています。「EAGLE LS EXE」はグッドイヤーのラインナップの中でもスタンダードな低燃費タイヤです。

「EAGLE LS EXE」は低燃費タイヤとしての性能だけでなく、エグゼ専用技術の採用により優れたハンドリング性能、ロングライフ、ウェット性能を備えているコストパフォーマンスに優れた製品となっています。

この製品のサイズは225/45R17でフロント用です。Amazonでの1本あたりの価格は10,309円となっています。2本分の価格は20,618円です。

GOODYEAR(グッドイヤー)EAGLE LS EXE 245/45R17

続いて紹介する低燃費タイヤは、上記で紹介した「EAGLE LS EXE」の245/45R17サイズでリア用となります。サイズは違いますが、低燃費性能、ハンドリング性能、ロングライフなどの性能面に関しては同様のパフォーマンスです。

245/45R17サイズのリア用「EAGLE LS EXE」のAmazonでの1本の価格は、13,655円となっています。2本分の価格は27,310円です。

プレミアムコンフォートタイヤ

次に、225/45R17・245/45R17のプレミアムコンフォートタイヤを紹介します。ISの225/45R17・245/45R17に適合するおすすめプレミアムコンフォートタイヤは以下の2種類です。

PIRELLI(ピレリ)Cinturato P7 225/45R17

まず初めに紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「Cinturato P7」です。このタイヤは様々な欧州自動車ブランドは純正タイヤとして用いているタイヤで、イタリアのタイヤメーカーであるピレリが製造および販売を手がけています。

プレミアムコンフォートタイヤということで、トータルバランスに優れたタイヤです。ハイパフォーマンスカーや高級SUVへの装着を想定しています。レクサスのセダンであるISにぴったりのタイヤではないでしょうか。

「Cinturato P7」のAmazonでの価格は1本あたり15,043円で、2本分の価格は30,086円となっています。

PIRELLI(ピレリ)Cinturato P7 245/45R17

続いて紹介するプレミアムコンフォートタイヤは、245/45R17サイズの「Cinturato P7」です。

上記で紹介した225/45R17サイズの「Cinturato P7」と合わせて装着するリア用タイヤになります。

245/45R17の「Cinturato P7」のAmazon価格は1本あたり22,091円です。2本分の価格は44,182円となっています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)REGNO GR-XII 225/45R17

次に紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「REGNO GR-XII」です。このタイヤは、日本が世界に誇るタイヤメーカーであるブリヂストンが製造および販売を手がけている製品になります。

「REGNO GR-XII」の最大の魅力は、新品時はもちろん、タイヤの摩耗が進んだ時でも優れた静粛性を確保しているところです。ブリヂストンの最新テクノロジーによって、どんな路面状況でもロードノイズを抑制することができます。

225/45R17サイズの「REGNO GR-XII」のAmazonでの価格は、1本あたり24,400円です。2本分の価格は48,800円となっています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)REGNO GR-XII 245/45R17

続いて紹介するプレミアムコンフォートタイヤは、245/45R17サイズの「REGNO GR-XII」です。上記で紹介した225/45R17の「REGNO GR-XII」と合わせて装着するリア用タイヤになります。

245/45R17の「REGNO GR-XII」のAmazon価格は1本あたり30,000円となっています。2本分の価格は60,000円です。

スポーツタイヤ

次に、225/45R17・245/45R17のスポーツタイヤを紹介します。ISの225/45R17・245/45R17に適合するおすすめスポーツタイヤは以下の2種類です。

MICHELIN(ミシュラン)PILOT SPORT 4 225/45R17

まず最初に紹介するスポーツタイヤは「PILOT SPORT 4」です。このタイヤは、フランスに拠点を置くタイヤメーカーのミシュランが製造および販売を手掛けています。最新のテクノロジーをふんだんに盛り込んだハイパフォーマンスタイヤです。

優れたコントロール性能と応答性能をドライ路面だけでなくウェット路面でも発揮。安心して走りを楽しむことのできるスポーツタイヤに仕上がっています。新コンパウンドの採用によってグリップ力とブレーキング性能も高めました。

Amazonでの価格は1本あたり17,397円、フロント2本分の価格は34,794円となっています。

MICHELINミシュラン)PILOT SPORT 4 245/45R17

続いて紹介するスポーツタイヤは245/45R17サイズの「PILOT SPORT 4」です。上記で紹介した225/45R17の「PILOT SPORT 4」と合わせて装着するリア用タイヤになります。

245/45R17の「PILOT SPORT 4」のAmazon価格は、1本あたり23,000円となっています。リア2本分の価格は46,000円です。

格安タイヤ

最後に、225/45R17・245/45R17の格安タイヤを紹介します。ISの225/45R17・245/45R17に適合するおすすめ格安タイヤは以下の2種類です。

HIFLY(ハイフライ)HF805 225/45R17

まず初めに紹介する格安タイヤは「HF805」です。この製品は、ユニコーンタイヤの中国ブランドであるハイフライが製造および販売を手がけています。優れた性能を確保しながらリーズナブルな価格を実現しているコストパフォーマンスの高い製品です。

価格は安いですが、コンフォートタイヤとして十分な性能が備わっています。優れた静粛性と快適な乗り心地を実現しました。さらに、高速域での直進安定性とコーナリング性能を両立しているため、安心感のある輸入タイヤに仕上がっています。

Amazonでの価格は1本あたり5,070円です。フロント2本分の価格は10,140円となっています。

HIFLY(ハイフライ)HF805 245/45R17

続いて紹介する格安タイヤは245/45R17の「HF805」です。上記で紹介した225/45R17の「HF805」と合わせて装着するリヤ用タイヤになります。

245/45R17の「HF805」のAmazon価格は5,400円となっています。リア2本分の価格は10,800円です。

225/40R18・255/40R18におすすめタイヤ10選!

最後に20系ISの一部グレードに設定されている、225/40R18・255/40R18に適合するおすすめタイヤを10種類紹介します。これらのグレードに関しては前後異径のタイヤを装着しているので、前後サイズが用意されているタイヤを選びました。

今回は低燃費タイヤ・プレミアムコンフォートタイヤ・スポーツタイヤ・格安タイヤの4つのカテゴリの中から1~2種類ずつピックアップしました。225/40R18・255/40R18のタイヤを装着している20系ISオーナーはぜひ参考にしてください。

低燃費(エコ)タイヤ

最初は225/40R18・255/40R18の低燃費タイヤを紹介します。ISの225/40R18・255/40R18に適合するおすすめ低燃費タイヤは以下の2種類です。

GOODYEAR(グッドイヤー)EAGLE LS EXE 225/40R18

まず初めに紹介する低燃費タイヤは「EAGLE LS EXE」です。この製品は、アメリカに拠点を置く世界3大タイヤメーカーのひとつであるグッドイヤーが製造及び販売を手がけています。

転がり抵抗を低減することで、従来の製品よりも優れた低燃費性能を実現しました。さらに、耐摩耗性能も高い水準で実現しているため、経済性に優れています。

高剛性コンストラクションの採用によって、コンフォート性能も高められているようです。「EAGLE LS EXE」のAmazonでの価格は1本あたり13,780円、フロント2本分の価格は27,560円です。

GOODYEAR(グッドイヤー)EAGLE LS EXE 255/40R18

続いて紹介する低燃費タイヤは255/40R18の「EAGLE LS EXE」です。上記で紹介した225/40R18の「EAGLE LS EXE」と合わせて装着するリア用タイヤになります。

255/40R18の「EAGLE LS EXE」のAmazon価格は1本あたり15,691円となっています。リア2本分の価格は31,382円です。

プレミアムコンフォートタイヤ

次に、225/40R18・255/40R18プレミアムコンフォートタイヤを紹介します。ISの225/40R18・255/40R18に適合するおすすめプレミアムコンフォートタイヤは以下の4種類です。

PIRELLI(ピレリ)CinturatoP7 225/40R18

はじめに紹介するプレミアムコンフォートタイヤは「CinturatoP7」です。このタイヤは、イタリアのタイヤメーカーであるピレリが製造および販売を手掛けています。ハイパフォーマンスカーや高級セダンの足元にふさわしい性能を実現したハイパフォーマンスタイヤです。

スポーツ走行にはあまり適していないものの、走行性能自体は高く、街乗りから高速域まで安心感のあるタイヤです。ドライ路面での走行性能に近いレベルまでウェット路面での走行性能を確保しています。

「CinturatoP7」のAmazonでの価格は1本あたり35,392円です。フロント2本分の価格は70,784円となっています。

PIRELLI(ピレリ)CinturatoP7 255/40R18

続いて紹介するプレミアムコンフォートタイヤが225/40R18の「CinturatoP7」です。上記で紹介した225/40R18の「CinturatoP7」と合わせて装着するリア用タイヤになります。

255/40R18サイズのAmazon価格は1本あたり27,148円となっています。リア2本分の価格は54,296円です。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)REGNO GR-XII 225/40R18

次に紹介するプレミアムコンフォートタイヤが「REGNO GR-XII」です。この製品は、日本を代表するタイヤメーカーであるブリヂストンが製造及び販売を手がけています。タイヤに求められる基本性能を高い水準で実現した、高い完成度を誇る製品です。

ブリヂストン独自のテクノロジーをふんだんに投入することで、どんな路面状況においても優れた静粛性を実現しました。さらに、高級車の足元にふさわしい優雅な乗り心地とレスポンスの良いハンドリング性能を両立しています。

「REGNO GR-XII」のAmazonでの価格は1本あたり31,600円です。フロント2本分の価格は63,200円となっています。

BRIDGESTONE(ブリヂストン)REGNO GR-XII 255/40R18

続いて紹介するプレミアムコンフォートタイヤが255/40R18の「REGNO GR-XII」です。上記で紹介した225/40R18の「REGNO GR-XII」と合わせて装着するリア用タイヤになります。

255/40R18の「REGNO GR-XII」のAmazon価格は1本あたり39,250円です。リア2本分の価格は78,500円となっています。

スポーツタイヤ

次に、225/40R18・255/40R18スポーツタイヤを紹介します。ISの225/40R18・255/40R18に適合するおすすめスポーツタイヤは以下の2種類です。

MICHELIN(ミシュラン)PILOT SUPER SPORT 225/40R18

まず初めに紹介するスポーツタイヤは「PILOT SUPER SPORT」です。この製品は、世界3大タイヤメーカーのひとつであるミシュランが製造および販売を手がけています。様々なモータースポーツで積み重ねた技術やノウハウを積極的に豆乳しているハイパフォーマンスタイヤです。

アウトサイドとインサイドで異なるコンパウンドを採用したことで、ドライ路面だけでなくウェット路面でも最適なグリップ性能を確保しました。高強度かつ耐熱性に優れているため、スポーツ走行時でも安定した走りを実現することが可能です。

「PILOT SUPER SPORT」のAmazonでの価格は1本あたり23,800円となっています。フロント2本分の価格は47,600円です。

MICHELIN(ミシュラン)PILOT SUPER SPORT 255/40R18

続いて紹介するスポーツタイヤが255/40R18の「PILOT SUPER SPORT」です。上記で紹介した225/40R18の「PILOT SUPER SPORT」と合わせて装着するリア用タイヤになります。

255/40R18の「PILOT SUPER SPORT」のAmazon価格は1本あたり34,756円です。リア2本分の価格は69,512円となっています。

格安タイヤ

最後に、225/40R18・255/40R18格安タイヤを紹介します。ISの225/40R18・255/40R18に適合するおすすめ格安タイヤは以下の2種類です。

ROADSTONE(ロードストーン)CP672 225/40R18

ISの225/40/ R 18に適合する格安タイヤとして、今回は「CP672」をピックアップしました。「CP672」は、韓国のタイヤメーカーであるネクセンの欧州ブランド、ロードストーンから販売されています。

価格がリーズナブルな格安タイヤでありながら、優れたコンフォート性能を実現。誰もが快適に移動できることを目指して、静粛性と乗り心地を高い次元で両立しました。さらに走行性能も追求しており、トータルバランスに優れています。

「CP672」のAmazonでの価格は1本あたり8,210円です。フロント2本分の価格は16,420円となっています。

ROADSTONE(ロードストーン)CP672 255/40R18

続いて紹介するスポーツタイヤが255/40R18の「CP672」です。上記で紹介した225/40R18の「CP672」と合わせて装着するリア用タイヤになります。

255/40R18の「CP672」のAmazon価格は1本あたり10,620円です。リア2本分の価格は21,240円となっています。

タイヤサイズはどこに書いてある?

タイヤを交換する上で最低限必要な知識となるタイヤサイズ。そもそもタイヤサイズはタイヤのどこに記載されているのでしょうか。タイヤサイズはタイヤの側面(サイドウォール)にわかりやすく刻印されています。

ついでにタイヤサイズの見方も紹介しておきましょう。例えば、ISの純正タイヤサイズである225/40R18なら、「225」がタイヤ幅、「40」が扁平率を表しています。「R」はそのタイヤがラジアル構造であることを意味していて、最後の「18」がリム径(インチ)です。

まとめ

今回はレクサスのエントリーセダンである20系ISの純正タイヤサイズに適合する、おすすめのタイヤを10種類紹介しました。20系ISは高級セダンの快適性、スポーツセダンならではの走行性能など様々な魅力を持ち合わせています。

20系ISの重視したい性能に応じたタイヤをチョイスすることで、20系ISの魅力をさらに引き上げることができるでしょう。20系ISはカスタムベースとしての人気が高いため、 純正タイヤサイズをチョイスする人は多くないとは思いますが、参考になれば幸いです。