【新型クラウン】実はめちゃくちゃ使える⁉純正カスタマイズパーツのモデリスタに挑戦してみよう!

2019年05月14日

【新型クラウン】実はめちゃくちゃ使える⁉純正カスタマイズパーツのモデリスタに挑戦してみよう!

labelクラウン labelカスタム全般

トヨタのエアロブランドであるモデリスタパーツでカスタマイズされたクラウンを紹介します。モデリスタは価格が高いだけで、純正に毛が生えただけの地味なブランド? いいえ、そうではありません。モデリスタにしかできないパーツだからこそ高価なのです。

新型クラウン×モデリスタの魅力

2018年6月に登場した15代目トヨタ クラウンには、他車と同じようにモデリスタからカスタマイズパーツが販売されています。車の発売と同時にカスタマイズパーツの販売ができるのは、メーカー直系ブランドならではの利点です。デザインマッチングと品質に優れたモデリスタのカスタマイズパーツが、新型クラウンの魅力を引き立てます。

そもそもトヨタ モデリスタって何?

モデリスタとは、トヨタ・レクサス車の内外装におけるカスタマイズパーツのブランドネーム。トヨタのグループ企業である株式会社トヨタカスタマイジング&ディベロップメント内のいちブランドに属し、純正同等品質で高いフィッティング性のエアロパーツや、信頼性の高い機能パーツを販売します。

TRDとの違いは?

同じくトヨタカスタマイジング&ディベロップメント内のブランドであるTRDもモデリスタと同じようにエアロパーツなどを販売しますが、TRDはレースエンジニアリングを活かしたスポーツ性能を前面に出したデザインであるのに対して、モデリスタはややラグジュアリーよりのスタイリングが特徴です。

モデリスタの製品ラインナップ

モデリスタが取り扱う製品は、エアロパーツやガーニッシュなどの外装パーツをはじめ、車種専用にデザインしたアルミホイールも販売。インテリアパーツでは、シートカバーやインテリアパネルセット、LEDルームランプなどの灯火類を書く車種専用設計でラインナップします。

また、個別オーダーとして、内装の張替えやペインティング、ラップ塗装に加え、福祉車両設備の架装や、趣味や仕事で車をより使いやすくするためのフロアフラット化などの幅広いユーザーニーズに対応します。

クラウン向けのモデリスタ製品

現行型15代目クラウンのグレードは、標準ボディの「B」「G」「S」と、スポーツエディションとも呼べる「RS」が用意されています。モデリスタでは「B・G・S」と「RS」のそれぞれにキャラクターの異なる2種のデザイニングを施したエアロパーツをラインナップしています。

さらに、「B・G・S」「RS」共通装備のモデリスタセレクションとして、メッキパーツで各部にアクセントを与えるフォグベゼルガーニッシュ、ミラーガーニッシュ、フェンダーガーニッシュの3点に加え、クロームポリッシュに輝くモデリスタ専用デザインの19インチアルミホイールを用意し、クラウンをさらに精悍なスタイリングに変貌させます。

  • クラウン RS用

引用元:toyota.jp
品名 価格(税込)
モデリスタ エアロキット 331,000円
フロントウイングスポイラー(単品) 68,800円
サイドスカート(単品) 80,000円
リアスタイリングキット(単品) 22,2000円

  • クラウン B・S・G用

引用元:toyota.jp
品名 価格(税込)
モデリスタ エアロキット 195,000円
フロントウイングスポイラー(単品) 50,000円
サイドスカート(単品) 85,000円
リアスカート(単品) 75,000円

  • クラウン RS・B・S・G共通

引用元:toyota.jp

(画像説明の欄に、画像は19インチアルミホイールと記載する)

品名 価格(税込)
クールシャインキット 69,120円
フォグベゼルガーニッシュ 21,600円
ミラーガーニッシュ 19,440円
フェンダーガーニッシュ 32,400円
19インチアルミホイール・タイヤセット( WingDancer X・ミシュランパイロットスポーツ4S) 416,880円(空気圧警報システム非装着は399,600円)

モデリスタ製品を装備したクラウンのCARTUNEオーナーを紹介

-RuiσД`*さん(トヨタ クラウン RS Advance Exective オーナー)

一見ノーマルのように落ち着いて見えますが、手が入っていないところはないのではないかと思うほどのカスタム・クラウンRS。いたずらに派手にはせず、モデリスタパーツでまとまったエクステリアはクラウンのノーマルデザインの秀逸さとオーナーのセンスのよさを感じます。

まとめ

15代目クラウンは、近年流行しているファストバックセダンスタイルをいち早く採用して登場。歴代クラウンよりもリアウィンドウの傾斜がゆるやかになり、クーペのような独特なプロポーションを実現しました。

しかし、クラウンをはじめとする近年の車のデザインは、ノーマル状態で非常に洗練されているため、アフターパーツでのカスタマイズがしづらい傾向にあります。トヨタの直系メーカーであるモデリスタのカスタマイズパーツならば、オリジナルデザインのバランスを崩すことなくノーマルとの差別化を図ることができます。