NDロードスターのエアロはこれだ!おすすめエアロを一挙紹介!

2019年05月12日

NDロードスターのエアロはこれだ!おすすめエアロを一挙紹介!

labelロードスター labelエアロ labelカスタム全般

マツダのオープンカーであるNDロードスターをもっとかっこよくしたり、性能をアップさせたりしたいと願う人たちのために、NDロードスター用エアロパーツを紹介します。CARTUNEにブログ記事を投稿しているロードスターユーザーのカスタム事例も挙げますので、是非参考にしてはいかがでしょうか。

NDロードスターとは

マツダ・ロードスターは1989年に新発売されたオープンカーで、2019年には誕生30周年の節目を迎えます。現在は2015年から4代目にフルモデルチェンジされたND系のロードスターが発売中です。

NDロードスターにエアロを装着するメリット

NDロードスターにエアロパーツを装着するメリットは以下の5つです。

空気抵抗が減りコントロールしやすくなる

フロントやリア、サイドにスポイラーを装着することで、走行中の空気抵抗が減り車をコントロールしやすくなります。

スピードが上がりやすくなる

スポイラーをはじめとしたエアロパーツの効果で空気抵抗が減ると、0-100km/hの加速秒数がカタログ発表よりも速くできます。最高速度もアップできる可能性があります。

冷却効果が向上する

エアロパーツを装着することでブレーキやエンジンの冷却が装着前よりスムーズになることもあります。特にバンパー一体型エアロや、空気流入のためにダクトを設けたボンネットなどは、ラジエターに風を送りやすく、冷却効果をアップさせます。

軽量化できる場合もある

軽量化されたフロントグリル、バンパー、純正より小さいインチのホイールを装着することで、車の重量が軽くなります。加速しやすくなったり、小回りが利きやすくなったりします。

自分だけのロードスターに仕立てられる

何よりもエアロパーツなどでロードスターをカスタマイズすることで、オンリーワンのロードスターを作れます。エアロパーツだけでなく、インテリアなどもコーディネートするなどして、自分だけのロードスターを作るのもカーマニアの楽しみです。

NDロードスターのおすすめエアロはこれだ!

デザインだけでなく、機能も期待できるエアロパーツを5つ厳選して紹介します。これでアナタのロードスターもスーパーコーナリングマシンい早変わり⁉

エアロリアバンパー用スリットスポイラー

ロードスターは優れたスポーツカーですが、やはり後輪駆動のFRというだけあって高速域でのリアには不安を感じることもあるでしょう。そんなあなたにおススメなのがリアアンダースポイラーです。車体後方に流れる空気が乱気流になるのを抑え、シンプルに受け流すことで、車体の走行安定性に貢献します。

リアディフューザー

リアディフューザーはレーシングカーでおなじみの空力パーツ。床下に流れる空気を後ろに受け流すことで、乱気流を抑えて車を安定させる力があります。空気抵抗も減らすので加速性能アップにも役立ちます。取り付けの際はリアバンパーの一部をカットするので注意してください。

カーボンGTウイング

モータースポーツでもおなじみのリアウイング。

ダウンフォースを増加させることで、高速域でのコーナリングを安定させることができます。サーキットで走りたい人に特におすすめです。

※ウイングがバンパーからはみ出していると車検に不合格になりますので取り付けの際は注意しましょう。

フロントアンダースイープスポイラー

フロントアンダースポイラーもレーシングカーに装備されるパーツの一種です。前方から床下に流れる空気を制御し、車体を安定させます。コントロールした空気の力でブレーキの冷却にも貢献します。

フロントフェンダー (網付)

フロントのエアロフェンダーは、車の内部から空気を抜くダクトを伴っています。フェンダーの内側にたまった空気を排出することでダウンフォースを起こし、車体を安定させます。タイヤの後ろ側にもダクトがあり、ここからも空気を排出して新鮮な空気を循環させやすくし、ブレーキ冷却に貢献します。

CARTUNEユーザーのカスタム事例

CARTUNEユーザーが実践したNDロードスターのカスタム事例を紹介します。

type-16sさん

AutoExe製のリアウイングを装着しています。マツダのコーポレートカラーの赤にリアウイングの黒を合わせることで、王道的なかっこよさに仕上がっています。オープンカーやクーペにリアウイングをつけると、レーシングカーのようにクールに見え、ユーザーのステータスにもつながります。

kazuki maruyamaさん

エアロパーツはエスケレート製、ウイングはダムド製を使用しています。刺激的なビジュアルで視覚的にも楽しめる仕上がりです。maruyamaさんのように別々のメーカーのエアロパーツを組み合わせることで、オリジナリティを演出できます。

おしおしさん

リアウイングとリアディフューザーをアピールしています。レーシングカーかと思うほどの本格的なカスタマイズのおかげで、駐車場でも一際魅力的なオーラが伝わってきます。場所は岡山国際サーキットなので、走行会でもスピードに乗って走る姿がよく似合うことでしょう。

まとめ

NDロードスターをエアロパーツでカスタマイズし、未知のかっこよさや性能を楽しみましょう。

エアロパーツをつけることで、空気抵抗を減らしダウンフォースが増え、加速しやすくなったり、コーナリングなどで車が安定しやすいメリットがあります。ウイング、スポイラー、ディフューザーなどエアロパーツの種類は多岐にわたるので、車のバランスとユーザーの好みを考えて組み合わせましょう。

この記事をきっかけに、ロードスターを所有するあなたも愛車をオンリーワンにカスタマイズしてはいかがでしょうか。