エクストレイルに装着できるルーフキャリア系アイテムを紹介!

2019年05月10日 (更新:2019年05月10日)

エクストレイルに装着できるルーフキャリア系アイテムを紹介!

labelエクストレイル labelキャリア labelルーフボックス

荷室の広さやオフロードでもしっかり走れるのが魅力のエクストレイル。アウトドアを楽しむのは、その性能を活かした楽しみ方の一つです。そこで、どうしても積載量が足りなくなった際にルーフキャリアを装備すれば積載量の問題は解決し、アウトドアの選択肢もさらに広がります。エクストレイルにぴったり合うルーフキャリア系アイテムをご紹介します。

ルーフキャリアに関する基本事項

それでは、まずルーフキャリアとは一体なんなのかをご紹介します。トランクがもう一つ増えるようなルーフボックスと比較し、ルーフキャリアはルーフに物を載せて固定すると考えてください。様々な種類があります。

役割

ルーフキャリアは物を固定するためのパーツですが、固定できるものはキャリアによって分かれます。メジャーなものであればスノーボードやスキー板。シートを倒して積載しなければならないところをルーフに固定できるので、荷物を積んだままでも大人数での移動が可能で、車内も汚れません!

また、固定するものは自転車やカヌーなども固定することができます。車内にどうしても入らないものを固定することができるので、アウトドアでできることも広がる、まさに夢のようなパーツなのです。

構造・取り付けの基本

設置にはルーフキャリアそのものだけでなく、その他のパーツも必要です。ベースバー、ベースフット、ホルダー。この「ベースキャリア」と呼ばれる3つのパーツを揃えるところから始めましょう。

ホルダーに関しては、T32後期のようなルーフレールがない車種に対してのみ必要で、もともとルーフレールが設置されている車種なら、ルーフレール対応のベースフットを取り付ければ、しっかり固定されます。

ベースキャリアを取り付けることにより、ルーフキャリアを設置するための準備が整います。運転中もズレることなく安心して移動できるように、きちんと取り付けて、しっかり固定しましょう!

エクストレイルに装着できるルーフキャリア系アイテムをご紹介!

それではいよいよ、エクストレイルに装着できるルーフキャリアをご紹介していきましょう。どんなものがあるのかワクワクしますね!これでアウトドアの幅が広がるのです!

THULE(スーリー) エクストレイル用ベースキャリア(ウイングバーエッジ9582)+スキーキャリア スノーパック7324 50cm幅 ルーフレール付き

まずはTHULEのエクストレイル用のベースキャリアがセットになったスキー板、スノーボードキャリアです。スキー板なら4ペア、スノーボードなら2枚設置することができます。これさえつければ、家族4人でスキーに行くことも可能です!

キャリアにスノーボードを2枚積み、泊まりがけでゲレンデに行く際にも積載には少しの不安もありませんね。エクストレイルの積載量であれば、長期で宿泊するための荷物でも心配ナシです!

TUFREQ ニッサン エクストレイル T32/NT32 ルーフレール付車用ルーフキャリア Pシリーズ 長さ:ショート

家族でキャンプなどに行く際は積載量に不安を感じる方も多いでしょう。だからと言って、ルーフボックスを積載するほど大掛かりなことも行いたくない方には、ラックを装備するという方法があります。

カーメイト ルーフキャリア inno アルミラック80 IN556 カーメイト (CARMATE)

これさえあればテントやタープ、椅子や荷物をしまい込んだバッグなども固定することが可能です。今まで積載量の問題からキャンプに持っていける道具は限られていたかもしれませんが、これならさらに充実したキャンプが楽しめますね!

カーメイト サイクルキャリア inno フォークロック フォー エアロベース XA391 カーメイト (CARMATE)

住宅街にお住まいの方であれば、遠くの景色の良いところまで車で行ってサイクリングを楽しみたい方もいらっしゃると思います。車に自転車を積載するのはなんだか傷がつきそうだし汚れそうだし、狭そうだし…と諦めていた方はいらっしゃいませんか?

そんな方には、ルーフに自転車を積むことをオススメします。前輪を外して固定するタイプなので、少しの振動で自転車がズレるということもありません。この装備があれば、綺麗な場所でサイクリングを楽しめますね!

カーメイト ルーフキャリア inno 極太ローラー&ラチェット カヌー・ボート IN420 カーメイト (CARMATE)

カーメイト ルーフキャリア inno ロック付ワイヤーラチェット カヤック INA445JP カーメイト (CARMATE)

カヌーやカヤックは車の中に積むことはできませんが、牽引していかなければカヌーやカヤックを楽しめないかというと、そんなことはありません。キャリアに積んでしまえば良いのです!

エクストレイルは車種の特性から、オフロードもグングン進めます。河原まで車で移動し、そこから川下りするというのも楽しいですね!キャリアがあるからこそできるアウトドアの楽しみ方です!

まとめ

キャリアはアウトドアの可能性を広げてくれます。エクストレイルならオフロードでもなんなく進むことができるので、キャリアを積むことで車の可能性も、その楽しみ方もさらに広がります。高さがそこまで高くなるわけでもないので、高さ制限も気にすることなく進めます。是非、装着してみてくださいね!