アミスタッドのホイールラインナップを紹介!

2019年04月18日

アミスタッドのホイールラインナップを紹介!

数々のラグジュアリーホイールの製造を手掛けてきたアミスタッド(アミスタット)。カスタムが施されているプレミアムカーの足元には、高い確率でアミスタッドホイールが輝いています。今回はそんなアミスタッドのホイールラインナップを紹介。現行モデルだけでなく人気の絶版ホイールも紹介しているので、アミスタッドホイールの購入を検討している人はチェックしましょう!

アミスタッドに関する基本情報

ラグジュアリー性を追求したホイールを数多く手がけているアミスタッド。個性的かつ上質感のある造形でありながら、ホイールとしての基本性能も妥協しないプレミアムホイールブランドです。「アミスタッド」と呼ばれることが多いですが、実際は「アミスタット」なので間違えないようにしましょう。この記事では便宜上アミスタッドに統一します。

事業内容

アミスタッドは1999年に誕生しました。当時の社外ホイールといえばスポーティー感や走行性能を高めるためのホイールばかりで、ドレスアップ向けのホイールはまだまだ普及段階にありました。ファミスタとはそこに勝機があると考え、ドレスアップホイールの開発を進めていきます。

アミスタッドのホイールデザインにベースとなるものはなく、ホイールデザイナーがまっさらの状態からデザインを生み出していきます。その結果、固定観念にとらわれないアミスタッドならではの個性的なホイールが誕生するのです。

特長

アミスタッドの最大の特徴はホイール単体から放たれるラグジュアリー性と存在感でしょう。アミスタッドがラインナップしているホイールの多くは「本物だけが持つ高級感」を追求してデザインされています。

アミスタッドが装着を想定している車は高級車が中心です。プレミアムな車にベストマッチするホイールは、高い質感と存在感を放つ必要があると考えているからこそ、アミスタッドのホイールは高い質感が備わっています。

またアミスタッドは全ての製品が国産です。デザイン性だけでなくホイールの基本性能も追求しているため、鍛造製法と鋳造製法の2つをホイールの種類によって使い分けています。 アミスタッドホイールは工場で生産されていますが、最後の工程を仕上げるのは職人です。職人がホイールの1本1本に命を吹き込むことで、アミスタッドのホイールは高い質感を実現しています。

アミスタッドのホイールラインナップ

アミスタッドは2019年現在、18種類のホイールをラインナップしています。どれも個性的でアミスタッドならではの強い存在感を放っていますが、今回はその中でも人気が高い5種類のホイールをピックアップしました。アミスタッドホイールの装着を考えている人は参考にしてください。

ライエン C010

引用元:www.amistad.ne.jp

まず最初に紹介するのは「ライエン C010」。アミスタッドがラインナップしているホイールの中では数少ない5スポークホイールです。社外ホイールとしてはオーソドックスな5スポークホイールですが、アミスタッドがデザインすれば5スポークホイールも個性的なホイールに仕上がります。

異なるデザインを採用したメインスポークとスパイラルスポークを織り交ぜることで、ただならぬ存在感と上質感を実現。ダブルピアスの採用によりラグジュアリー性も高まっています。アミスタッドの人気ブランドであるライエンシリーズの中でも特に、ゴージャスな足元を演出できるホイールです。ライエンC010の1本あたりの価格は、87,000円から140,000円となっています。

ライエン M07

引用元:www.amistad.ne.jp

続いて紹介するホイールもライエンシリーズのひとつ。「ライエン M07」にはアミスタッドがラインナップしているホイールの中でも珍しい、2×7のクロススポークデザインを採用しています。上質感のあるラフメッシュデザインがプレミアムカーの足元にスポーツテイストをプラス。

ディープリムとダブルピアスの採用によって立体感があり、存在感は十分です。メッシュホイールとしてはオーソドックスなスタイルですが、アミスタッドならではの造形美は見るものを虜にしてしまいます。ライエンM07の1本あたりの価格は、87,000円から135,000円です。

クラウド PF21

引用元:www.amistad.ne.jp

続いて紹介するホイールは、プレミアムカーの足元にふさわしい鍛造製法によって生み出された「クラウド PF21」です。 ポリッシュ加工が美しい9ホール・ディッシュホイールとなっています。ダイヤモンドカットが施されているので、金属ならではの質感と重厚感を堪能することが可能です。

アミスタッドのホイールは複雑な造形美によってその美しさを発するものが多いですが、クラウドPF21は比較的シンプルなデザインを採用しています。しかし、シンプルであるからこそプレミアムカーの魅力を存分に引き立ててくれるのです。こちらはレクサス・LS460もしくはLS・600専用設計となっていて、1本あたりの価格は166,000円から172,000円となっています。

シャルム

引用元:www.amistad.ne.jp

続いて紹介するホイールは「シャルム」。2×5のクロススポークデザインを採用しているスポークホイールです。こちらもアミスタッドのホイールとしては比較的シンプルなデザインですが、躍動感のあるスポークとディープリムが強い存在感を放っています。

ラグジュアリー性だけでなくスポーツテイストもプラスできる、アミスタッドのラインナップの中では珍しいタイプのホイールです。ミニバンやセダンはもちろんハイパフォーマンスカーの足元にもばっちりと似合います。シャルムの1本あたりの価格は65,000円から106,000円です。

オー

引用元:www.amistad.ne.jp

最後に紹介するホイールは「オー」です。シンプルな造形ではありますが、スポークホイールのスタイリッシュさとディッシュホイールの重厚感、ラグジュアリー性を見事に表現しています。スポークに厚みを持たせることで彫刻刀で削られたようなえぐりを実現。

中央からリムにかけて広がっていくようなスポークの形状は物凄い迫力を演出し、 実際のインチよりもホイールが大きく見えます。ブラックポリッシュの美しい光沢はプレミアムカーの足元でこそしっかりと映えるでしょう。オーの1本あたりの価格は70,000円から99,000円となっています。

生産終了となったホイールの紹介

続いて惜しくも生産終了となった、アミスタッドがかつてラインナップしていたホイールを紹介します。アミスタッドのホイールは生産終了になっても高い人気を集めており、オークションサイトやメルカリなどで入手することが可能です。今回ピックアップしたホイールは3つ。どれも個性的でかっこいいですよ。

ロティーノ PF22

引用元:www.amistad.ne.jp

生産終了となった現在でも高い人気を集めている「ロティーノ PF22」。個室感のある16本のスポークが魅力的なホイールです。ディスクのデザインはシンプルですが、ディープリムを採用することで強い存在感を放っています。ロティーノPF22はオークションサイトやメルカリで4本価格、30,000円から50,000円ほどで販売されているようです。高価なものは30万円を超える価格で販売されているものあるようなので、程度の良いロティーノPF22を探している人は様々なサイトを根気よく当たってみてください。

ディッシュ

引用元:www.amistad.ne.jp

続いて紹介するホイールは、こちらも未だに高い人気を誇っている「ディッシュ」。ディッシュホイールのさきがけといっても過言ではないシンプルかつ上質感のあるデザインは、現在販売されているディッシュホイールのパイオニアとなっています。

5ホールのディッシュスタイルはいつまでも色褪せることはありません。ディープリムの採用による圧倒的な存在感はどんなプレミアムかの足元にもしっかりとマッチしてくれるでしょう。ディッシュはオークションサイトやメルカリで4本価格、80,000円から120,000円で販売されているようです。絶版ホイールとしては比較的高値で取引されています。

ブライト

引用元:www.amistad.ne.jp

最後に紹介するホイールは「ブライト」。その名城からもわかるように、強い光沢で洗練された美しさを表現している5スポークホイールです。緩やかなアーチを描いたスポークは上品な雰囲気を醸し出していますが、ディープリムによる強い迫力と存在感の演出も忘れていません。

シンプルですが個性的で、不思議な魅力を感じるホイールに仕上がっています。ブライトはオークションサイトやメルカリで4本価格、30,000円から60,000円程度で販売されているようです。個性的でカッコいいホイールの割には比較的リーズナブルな価格で取引されています。

アミスタッドのホイールを装着するCARTUNEユーザーの紹介

最後にアミスタッドのホイールを愛車に装着しているCARTUNEユーザーを紹介したいと思います。今回は3人のCARTUNEユーザーをピックアップしました。どれも素敵なカスタムが施されたドレスアップカーに仕上がっていますが、その足元ではアミスタッドホイールが強い存在感を放っています。

りゅーマジェさんのアミスタットホイール装着事例

りゅーマジェさんは、セルシオ亡き後のトヨタ最高級セダンであるクラウンマジェスタ180系にアミスタッドホイールを装着しています。装着しているアミスタッドホイールは「レヴァーレ」です。2×10のクロススポークホイールがマジェスタ180系の足元にラグジュアリーな雰囲気をプラスしています。やはりアミスタッドはプレミアムカーの足元でこそ真価を発揮しますね。

よしさんのアミスタットホイール装着事例

よしさんは、トヨタの高級ミニバンであるアルファード30系にアイスタットホイールを装着しています。装着しているアミスタッドホイールは先述した絶版ホイールの「ロティーノPF22」です。マットブラック塗装を施したロティーノPF22が艶やかなアルファード30系の足元を引き締めています。アミスタッドのロティーノPF22のサイズは22インチで、ボディサイズが大きなアルファードとのバランスが非常に良いです。

しずさんのアミスタットホイール装着事例

最後に紹介するのはしずさん。しずさんは、アルファードの姉妹車として高い人気を博している高級ミニバンのヴェルファイア20系にアミスタッドホイールを装着しています。装着しているアミスタットホイールは「マドゥーラ」です。10ホールのディッシュホイールはディスク部の面積が大きく迫力がありますね。ブラックを基調としたカラーリングで、ゴールドのラインが良いアクセントとなっています。

まとめ

今回は、ラグジュアリーホイールの名門ブランドであるアミスタッドについて徹底解説しました。アミスタッドはこれからも名作ラグジュアリーホイールを多数輩出していくことでしょう。強い存在感を感じるアルミホイールをプレミアムカーの足元に装着したいのであれば、間違いなくアミスタッドホイールがおすすめです。

最後はアミスタッドホイールを装着しているCARTUNEユーザーをピックアップしましたが、中にはあなたと同じ車種に乗っていて、なおかつアミスタッドホイールを装着しているユーザーがいるかもしれません。ホイールマッチングの参考にもなるので、気になる人はぜひCARTUNEを利用してみてください。