シートの洗浄を自分でやりたい!DIYで使うべきおススメ機材をご紹介!

2019年03月04日

シートの洗浄を自分でやりたい!DIYで使うべきおススメ機材をご紹介!

飲み物をこぼしてしまったり、汚れがひどいときにシートごと洗いたいと思う時ありますよね。ですが業者に頼むと一回ごとに約2~5万円もかかってしまいます。そんな時にもしも自分で清掃できたならって感じたことはありませんか?今回はプロも真っ青なシート洗浄用専門工具を中心に解説していきます。

シートの洗浄ができる機械をご紹介!

ケルヒャー SC1 スチームクリーナー

車のシートがファブリック(布)であれば、スチームクリーナーが最も手軽で有効です。高温の蒸気によって効率よく除菌・脱臭を行えます

温度が上がるためのヒートアップにかかる時間は3分で、連続噴射時間は約6分です。重量は1.6kgと軽量で収納場所に困らないコンパクトサイズになっています。

ボイラー内は約143℃、噴射口は約100℃という高温の安定したスチームで除菌もできます。本格的なボイラー式になっていてパネル式と比べると安定したスチームが作ることができおススメ。そしてなんとクロスには面ファスナーと大きなタグがあるので手を汚さずにクロスを交換することもできるのです。

価格は20,800円です。

ケルヒャー 業務用カーペットリンスクリーナー PUZZI 8/1C

こちらはプロ仕様の一品。

ソファーやカーペットなどの布製品を洗浄するクリーナーですが、もちろん車にも応用可能。洗剤を吹き付け、バキューム機能で洗剤と汚れを吸引します。噴射のみの使用も可能。

扱いやすい小型ボディで重量も9.8kgと軽量で持ち運びもスムーズに行えます。

シンプルな設計で操作も簡単。汚水タンクとノズルが透明なので、掃除しながら効果を確認できます。

価格は79,056円です。

ヒダカ シートクリーニング用リンサー SRV-01C

引用元:高圧洗浄機専門店ヒダカショップHIDAKA

こちらは中古車販売店向けの一品。

水を噴射し、水と汚れを同時に吸引するリンサーとしての基本機能に加え、乾湿両用の集じん機としての機能があるため、強力な吸引力になっています。水噴射と吸引の2つのボタンのみで操作も簡単で、3つのアタッチメントが付いているので場所によって使い分けることができます。

掃除が終わったら上部のモータヘッドとフィルターを外し、タンク内に溜まったゴミをゴミ箱に捨てるだけなので楽ですね。

価格の高いものになるので購入するのにためらうこともあるとは思いますが、その為にデモ機の無料貸し出しもおこなっています。プロレベルの仕上がりを求める方は検討してみてもよいかもしれませんね。

価格は70,444円です。

公式製品ホームページはこちら

アイリスオーヤマ バキュームクリーナー 乾湿両用 IC-VWD1-W

こちらはうってかわってお手軽値段の乾湿両用の集塵機。液体をこぼしてしまっても染み込む前なら吸引することができます。乾湿両用で8つのアタッチメントが付いているので様々な場所の掃除ができます。そしてゴミ捨てもダストカップを外して捨てるだけで、手入れもスポンジフィルターと布フィルターは水洗いできるので簡単です。軽量の2.1kgなので持ち運びが楽。

価格は4,260円です。

ツインバード 洗車サポートクリーナー

名前通り、洗車の際に面倒な拭き上げをなくして風で吹くために作られたものです。単にブロワーとしての機能だけでなく、吸い込むことも可能で車内の掃除にも使えます。3つのアタッチメントが付いているのでシートの隙間までしっかり掃除でき、AC電源なのでパワーもあります。

価格は12,900円です。

シートを綺麗に保つためには?

車のシートをせっかく綺麗にしたのであれば、できるだけ綺麗な状態を維持したいですよね。

そこでお勧めのシートを綺麗に保つアイテムを紹介します。

PLUS LEAD 高機能電解水クリーナー 500ml

どんな汚れでも落ちることで人気な高機能電解水クリーナーです。タバコなどの匂いやヤニも落ちる為、空気まで綺麗になります。

価格は1,700円です。

リンレイ 布シートクリーナー

コーヒーをこぼして水で洗っても取れなかったのがこの布シートクリーナーで取れたというレビューも!車のシートを定期的に拭き取ると綺麗な状態を維持できますね。

価格は1,050円です。

HOTOR カークリーナー

LEDライトが付いている為、暗い場所でも取り残しが少なくなります。専用の収納バックも付いているのでそのまま車に積んでおいていつでも掃除できるように準備しておくこともできるので良いですね。

価格は2,410円です。

コロコロ ミニ クルマ用

普通のコロコロだと大きすぎて細かいところまでゴミやホコリが取れないですよね。大きいため、そのまま車に置いておくのも少し邪魔になります。ですがこのコロコロは小さいためシートの隙間に溜まったゴミやホコリも取りやすいです。見た目も可愛らしいコンパクトなサイズなので車に積んでいてもさほど気になりません。

価格は522円です。

おわりに

徹底的にシートを洗浄したい!そんなアナタにおススメな洗浄機。今回はいくつか紹介させていただいた製品はどれもシート洗浄だけでなくご自宅や身の回りの掃除にも使えるものがです。いろいろな使い道が想像できるので1つ持ってみてもよいかもしれませんね。

また、シートを綺麗に保つために、定期的にシートの掃除をすることも大切です。これを機にご自分の車の車内を見直してみてくださいね。