インテリアをおしゃれに!カスタム例を紹介します!

2019年03月02日

インテリアをおしゃれに!カスタム例を紹介します!

labelイルミネーション labelステアリング labelドア内張り

車のカスタムで、手を入れるとグッとレベルが上がるのが内装です!といわれてもピンとこない方は多いんじゃないでしょうか?今回は、知ればやってみたくなること間違いなしの内装のカスタム例を紹介していきたいと思います!

車内インテリアをおしゃれに!

車のカスタムには、主に外装カスタムと内装カスタムがあります。内装のカスタムには、誰にでもできる簡単な物から専門的な技術が必要になってくる物までたくさんの種類があるのですが、おしゃれに愛車を作り上げていくためには何をやっていけばいいのでしょうか?

CARTUNEユーザーのおしゃれインテリア紹介

ここではCARTUNEユーザーさんの写真と車への愛情の力をお借りしながらインテリアのカスタムを見ていきましょう。

ステアリングカスタム

ウッドハンドルでレトロ感を出すカスタムですね。ウッドハンドルは新品だと光沢もありとてもきれいなのですが、実は長く使えば使うほどダメージジーンスのように味が出てきます。元はサーファー等に人気でしたが、最近では王道カスタムパーツとして様々なメーカーさんが販売しています。車内を手軽にイメージチェンジできるのがとてもいい所ですね!

ディープコーンタイプのステアリングでハンドル操作を楽にするための、走りを意識したスタイル。ハンドル操作の基本「ハンドルの最上部に両手を合わせて、肘が伸び切らない位置」に調整してくれているので正しいドライビングポジションに導いてくれます。ドリフト中にワイパーやウィンカーレバーに手が当たりにくいのもとても助かりますね!

こちらもディープコーンタイプのステアリングですが、赤のアルマイト加工がされていてワンポイントアクセントに!メーカーさんによってはアルマイトカラーにもバリエーションがあるので、ご自分に合った色を探してみるのも楽しいかもしれませんね。

こちらは長い人気を誇るレースタイプです。ウッドタイプやディープコーンと違いハンドルが滑らないよう持ち手に引っかけがある事、握る部分も太めに作られているものが多いので少々力の入るシーンでも安心してハンドルを握ることができます!

イルミネーションカスタム

イルミネーションといえばナイトドライブで最も存在感のあるアイテムですが、純正でもこのようにイルミネーションが用いられている車もあります。こちらは各スピーカー周りにブルーのイルミが装着されていてかっこいいですね!フットランプが点灯していることで、とてもムードのあるドライブが楽しめそうです。

メーターの色を合わせて視認性をアップ。こちらもイルミネーションカスタムがされていますが純正メーターに統一させるよう追加メーターのカラーにアンバーを選択し、とても視認性が高くレーシーな雰囲気が漂ってきますね。

内装パーツのカスタム

パネルやピラーなどの赤に合わせてステアリング、シフトブーツ、サイドブレーキレバー等に赤のステッチがあしらわれていてオシャレですね!ステアリングもディープコーンタイプで、ドライビングポジションにも余裕があるように伺えます。シフトノブにも遊び心が詰まっていてオーナーさんは愛車のカスタムをとても楽しんでいるように思えます!

こちらのオーナーさんもコンソールやピラー、ドアパネル、ドアノブカバーが赤になっていますね!マツダのオプションでアルカンターラのデコレーションパネルなどもありますがドアパネルやピラーは販売していません。ご自身で貼り付け作業をしているそうでオーナーさんのアルカンターラへの強い拘りが見えてきますね!

こちらはとても統一感のある木目調パネルとステアリング、コンソールパネルの合わせ技!

最近ではカラーバリエーションもたくさんありますが、明るい色だとやはり存在感が違います。シフトノブに使われている部品も、わかる人にはわかるとてもオシャレな一品ですね!

見ると惚れ惚れするほどきっちりまとめられたカーボンパーツがとてもレーシーです。

スポーツ走行で欠かせないメーター類も、反射で見にくくならないようにカーボンフードでカバーしてくれています!やはりカーボンでまとめるのは憧れますね!

オリジナルの革貼りでとても高級感がでていますね!

ステアリングホイールもメッキタイプを装着し、スピンターンノブとシフトノブはブラックで統一、必要最低限のアクセントを足しつつオーナーさん自ら手縫いで作成されているようです。車への愛情がドンドン沸いてきそうですね!

まとめ

いかがだったでしょうか?今回は車内インテリアにまつわるお話とカスタム例を紹介しました。どのオーナーさんも車にかける愛情はもちろんの事、センスを生かした独自の色使いでお洒落に仕上げられていますね!

カスタムを始めるのに気負うことはありません。自分がやってみたいことを思い描きながら、CARTUNE上の様々なオーナーさんの投稿記事等を参考に、チャレンジしてみてはいかがでしょうか