ホイールをぶつけた!ホイールに歪みが出てしまった場合は修理すべき?

2019年03月02日

ホイールをぶつけた!ホイールに歪みが出てしまった場合は修理すべき?

labelホイール labelDIY

縁石にこすったり段差を乗り上げたショックでホイールに歪みが出てしまった場合、どうすればいいのでしょうか?歪んだホイールのまま走っていると何が起きるのか、はたまた修理をすることはできるのか。ホイールの傷、歪みについてご紹介します。

歪んだホイールで走行すると?

ハンドルを取られる

歪んだホイールで走行していくと、速度が高くなった時にステアリングが揺れてしまい、車体がフラフラと蛇行して安定しません。

ただし、60km/h以下で走っていればそれほど問題はありません。だからといって速度を落として走っていると周囲の迷惑となってしまう恐れがあります。

ここに注意

歪んだホイールの隙間から空気圧が抜けていく症状も出てきます。

これらの症状が発生したままで走行していると、コーナリング中にタイヤへ大きな力が加わることによりバーストする危険性もあり、注意が必要です。

歪んだホイールを修理することはできるのか?

結論から言うと、歪んだホイールは修理しないほうがベター。

歪んだ部分を直すために元の形状に近い形に叩いたり、伸ばしたり、熱を加えたりすると、修正した部分の金属強度やバランスが崩れてしまうのです。

アルミホイールの強度は、国交省が定めるJWLの基準をクリアしたものが市販化されていますが、修理をすることによってその基準から逸脱したホイールになってしまいます。結果的に見た目は直ったとしても、走行すると亀裂クラックが入ってしまう可能性があります。高速道路でそんなことが起きたら...考えるだけでゾッとしますね。

また、修理をしたホイールは機能も落ちます。メーカーが工場から出荷した状態のバランスに戻すことは難しいでしょう。これらの理由から、歪んだホイールを修理することはおススメできません。

歪み以外のホイールリペアならOK

ホイールをブロックなどでこすってしまい、歪みほどではないが、ガリ傷や塗装落ちしてしまったことはありませんか。

この程度であれば、それなりに費用は掛かるものの、修理が可能です。ガリ傷の修理を受け付けている業者は全国にあります。参考価格を記載しておきますのでご覧ください。

価格
傷修理+再塗装(オリジナルカラー) ¥15,000-
傷修理+再塗装(カラーチェンジ) ¥15,000-
ポリッシュorアルマイトホイール修理 ¥15.000-
ハイパー塗装ホイール修理 ¥18,000-

出典:アルミホイール修理専門店カーリユース

DIYで直そうとするなら、ガリ傷部にアルミパテを盛って削ってを繰り返し、その上に塗装をすることになります。仕上がりや手間を考えるならば、プロに任せる方が良いでしょう。

まとめ

ホイールの歪みは日常的に使用していても発生してしまいます。

道路から受ける衝撃をタイヤ、サスペンションによって吸収していても、ホイール自体も衝撃の吸収を行っているので、蓄積された金属疲労による歪みが生まれてしまうのです。ちょっとした段差と言えど、ホイールに加わる衝撃は計り知れません。

ホイールは消耗品とメーカーも言っていますから、歪んでしまったホイールは新しいホイールと交換して乗る方が賢明でしょう。