トヨタディーラー車検の基本情報を紹介!

2019年09月01日 (更新:2020年08月27日)

トヨタディーラー車検の基本情報を紹介!

labelその他 label車検

トヨタ車に乗って車検を受けるなら、トヨタディーラーで受けようと思いますが、そのトヨタディーラーの特徴としてのメリット、デメリットを把握しておきましょう。特徴を掴んだら、それに応じた費用の裏側もわかってきます。有名メーカートヨタのディーラーで車検を受ける基本情報はこちらです!

トヨタディーラーの車検の特徴

バニー86さんの86ZN6の画像
バニー86さんの86ZN6の画像

車検を受けようとする時に、だいたいの人が購入した販売店で行うでしょう。購入店がディーラーであるならば、そこにいけば整備も点検も車検も受けることができます。車を購入してから、新車で初回の車検であれば3年、初回の車検以降については2年毎に車検を受けなければならない法的な義務が発生します。

もし車検を受けずに走っていれば、それは違反行為となります。それに、点検整備されていない車なので、いつ壊れてしまっても不思議ではありません。そういった要素を排除する為にも、必ず車検は受けるようにしなければなりません。

トヨタの販売店はいくつかのチャンネルに別れている

トヨタ車を購入したトヨタディーラーにて車検を受けるならば、各ディーラーごとに取り扱っている車種があります。そのディーラーにいる店員さんは、ディーラーによって取り扱っている車種に関する知識に長けていることもあって、安心して車を預けることができます。

トヨタのディーラーでは、地方により「○○トヨタ」や「トヨペット」「カローラ○○」などのようにディーラーも取り扱いの車種によって枝分かれしています。そのトヨタのディーラーで車検を受ける時には、ディーラーならではの特徴があります。

トヨタディーラーで車検を受けるメリット

まさをさんのプリウスαの画像
まさをさんのプリウスαの画像

トヨタディーラーの車検では、他の整備工場にはないメリットが存在します。車種によっても、乗る人によっても車の状態は変化していきます。その車の状況を的確に診断する為の情報が、トヨタディーラーには備わっています。

年間を通して約450万台の車検を受けていることから、車種ごとの特徴的な故障内容もディーラーのデータベースにて蓄積されています。こういった、トヨタディーラーならではの情報共有システムなども安心して、車を預けることのできる要因となるでしょう。

更には、アフターサービスとして車検後の不具合なども親切丁寧に整備をしてくれます。車検を受けたからといって、車が完璧な状態になっているわけではありません。そういったアフターフォローもトヨタディーラーならではでしょう。

そして、トヨタディーラーでは車検を受けて次の車検がくるまでの間の整備や車検のサービスとして、メンテナンスパックと呼ばれる商品があります。このメンテナンスパックに入っていれば、オイル交換などの消耗品の交換のお金が一回で済みますので、大変便利となっています。

  • トヨタディーラーの情報システムで、車種毎の特徴をつかんでいる。
  • アフターサービスが充実している。
  • メンテナンスパックに入れば消耗品を変える時のお金が掛からない。

これらがトヨタディーラーで車検を受けるメリットになります。他の車検整備工場では得られない特典が特徴ですね。

トヨタディーラーで車検を受けるデメリット

メリットもあれば、その反対のデメリットも出てきます。「安心や安全をお金で買う」という言葉があるように、トヨタディーラーでは民間の車検工場などよりも割高になってしまいます。

その理由としては、トヨタディーラーで使用している交換部品は純正部品であることです。純正部品はその品質や安全性は確かなものではありますが、反面、価格がどうしても高くなってしまいます。

そして、トヨタ車の知識には優れていますが他社の車になると情報がないので、トヨタ車に乗っていないのであれば、安心をすることはできません。トヨタディーラーで車検を受けるのならば、トヨタの車に限定して受けた方がいいでしょう。

車検はどの販売チャンネルを選ぶべき?

す め ら ぎ さ んさんのスプリンタートレノAE86の画像
す め ら ぎ さ んさんのスプリンタートレノAE86の画像

車検を受けるなら、その車種を取り扱っている販売店で受けるのが確実ではありますが、トヨタ系列のディーラーであれば、どこでも受けることは可能です。

ご自身が乗っている車を取り扱っているトヨタディーラーが家からは遠く、近くにはトヨタディーラーではあるけれど、違う車種を取り扱っている場所であれば、近くのトヨタディーラーに行くほうがいいですよね?

ただし、どこで車検を受けるかを決める前にやっておきたいことがあります。やはり、車検は費用がかかることですから、見積もりをとることをやっておきましょう。

そこのお店のみに限定してしまうと、同じトヨタディーラーであったとしても車検の費用は変わりますので、移動や代車の費用も合わせて考えてみるといいですね。

トヨタディーラーの車検費用を紹介

りょやさんのセリカの画像
りょやさんのセリカの画像

ここで実際に販売店にて確認してきた車検費用をご紹介します。地域の違いや、車両の違いによっても費用が変わってきますので、参考資料としてご参照ください。

車検対象車両はトヨタのアクアにて行いました。

トヨタ系列 ネッツトヨタ系列 トヨタカローラ系列 トヨペット系列
24ヶ月法定点検費用 21,384円 40,930円 21,060円 12,960円
総合検査測定料 6,480円 上記に含む 10,800円 11,340円
検査手続代行料 12,960円 上記に含む 9,720円 13,392円
自動車重量税 24,600円
自賠責保険料 25,830円
印紙代 1,100円 1,200円 1,000円
合計金額 92,354円 92,560円 93,210円 89,122円

同じトヨタのディーラーであっても、車検の費用は若干のばらつきがありました。これに交換部品などが入ってくると、更に費用は加算されるようになります。

まとめ

なおとんぼ/TEAM circu leon🏝さんのアルファードAGH30Wの画像
なおとんぼ/TEAM circu leon🏝さんのアルファードAGH30Wの画像

トヨタのディーラーでは、民間車検場に比べると費用が割高になってしまう傾向がありますが、その費用も「安心」「安全」を買うものと思っておくといいでしょう。トヨタディーラーでは、車検や整備についても独自の情報共有システムがあるので、リコールが起こったときも、何かしらの不具合が起きても、前例があればそれらを共有して蓄えています。

情報に勝る武器はないというように、トヨタの整備はこれまで整備をされてきた車の1台1台の情報によって、蓄積されてきた情報が大いに活用されている結果となります。

トヨタディーラーで車検を受けることによって、トヨタ車に安全安心に乗ることが可能です。一度足を運んでみてはいかがでしょうか。