タイロッドとは!?タイロッドの役割、カスタムなどをご紹介します!

2019年01月16日

タイロッドとは!?タイロッドの役割、カスタムなどをご紹介します!

labelタイロッドエンド labelタイロッド

タイロッドという車の部品をご存じでしょうか。あまり聞き慣れない部品ですが、タイロッドは車を操作する上で欠かせない重要な部品です。法定点検の際にも点検してもらうべき部品で、もし劣化が見受けられる場合は、部品を交換する必要があります。今回はタイロッドの役割やカスタム例についてご紹介します。

タイロッドとは?

ここでは、タイロッドがどのような役割を果たしているのか、動画を交えてみていきましょう。

タイロッドの役割

動画では、ステアリングを左右に切っていますが、タイロッド(ステアリング・タイロッド・エンド)は、操舵輪を左右に動かすためのロッドのことをいいます。「ステアリングギアボックス」から車輪の「ナックルアーム」までをつないでいるものであり、おもに前輪に使用されています。

ドライバーはステアリングを操作することで、車を左右に動かしたり、真っすぐ走らせることができます。ステアリングの操作によって回転運動が生まれ、ステアリングギアボックスを通してリンク機構の「ピットマンアーム」へと伝えられるしくみになっているのです。

ピットマンアームは、ステアリングから得た回転運動によって首振り運動を行なうため、それがタイロッドの左右運動となって伝達されます。この場合、直接運動が伝えられる車輪は、ステアリングの位置と同じ側の車輪になるのです。例えば右ハンドルの車であれば、右の車輪に伝えられるということになります。

さらにこのタイロッドから反対側の左車輪のタイロッドとの間には「リレーロッド」という軸で接続されており、ピットマンアームの運動はリレーロッドを通して、左の車輪にも伝えられます。左側のタイロッドには「アイドラーアーム」という部品が装着されており、ピットマンアームとほぼ左右対称の位置に取り付けられています。

これはピットマンアームと対象の位置に支点を設けることで、リレーロッドの位置を決定しているのです。ここを支点として左車輪が動くため、適切な運動を確実に無駄なく両車輪に伝達することができるようになっています。

タイロッドの修理、メンテナンス

上記のように、タイロッドが販売されていますが、タイロッドは消耗部品ですので、劣化してきた場合は修理やメンテナンスが必要です。タイロッドはどのような場合に修理が必要なのか、もしくは交換が必要なのでしょうか。

先ほどご紹介したように、タイロッドは、ステアリング・リンケージの一部で、ステアリング・ギアとタイヤの中間に取付けられ、ハンドルの操作力をタイヤに伝えている部品です。タイロッドのジョイント部は、ハンドル操作の度に動いていますので、徐々に摩耗していき、ガタとなって現れます。また飛び石などでダスト・カバーが損傷すると、グリス漏れやホコリ・水といった異物が入ることで摩耗が進み、大きなガタとなるのです。

法定点検時や車検時に、タイロッドのジョイント部にガタがみられる場合は、部品を交換しなければいけません。ジョイント部にガタが生じたまま部品を使い続けると、ハンドルの遊びが大きくなり、ハンドルを切ってもすぐにタイヤは動かず、応答性が悪くなり非常に危険です。

逆にステアリングをしっかり握っていても、タイヤはガタの分、勝手に動いてしまうため走行不安定やステアリング振れなどが起こります。さらに摩耗が進みジョイント部が外れると、ハンドル操作ができなくなり、ドライバーが思うように車が操作できなくなるのです。

すぐさま安全な場所に停車できるならまだしも、他の車を巻き込んだり、どこかに衝突するような事故を引き起こす可能性がありますので、普段からきちんとした点検を受けるよう、心がけてください。点検の結果、以下のようにタイロッドエンドからグリスが出ている場合も交換が必要です。

タイロッドに関連したカスタム

以下のように、タイロッドをカスタムしている事例はいくつもあります。

MOONFACE バンプアジャストタイロッドエンド (アルファード 30系 3.5タイプブラック 取付) のパーツレビュー

タイロッドを交換したことで、ハンドリングはストレスなく好調になります。

MOONFACE バンプアジャストタイロッドエンド (ハイエースバン KDH-201V 取付) のパーツレビュー

タイロッドを交換しても、走りに大きな差を感じない例です。ただスタビとの干渉がなくなったことは大きな変化といえます。

MOONFACE バンプアジャストタイロッドエンド (ヴェルファイア ANH25W Z4WD,2012年式 取付) のパーツレビュー

タイロッドを交換すると、低車高での走行も可能です。

まとめ

今回はタイロッドの役割やカスタム例についてご紹介しました。タイロッドは車を操作する上で欠かせない部品です。タイロッドは消耗部品ですので、基本的には法定点検などで点検してもらい、劣化が進んでいたり、グリスが出ているような状態であれば交換する必要があります。

またタイロッドを交換することでのカスタムも可能ですので、記事をお読みなってどのようなカスタム例があるのかを参考にしてみてください。