内装カスタムの必須アイテム!LED球「T3」の使い方や取り付け方法を紹介!

2018年11月23日

内装カスタムの必須アイテム!LED球「T3」の使い方や取り付け方法を紹介!

label labelLED

内装カスタムの必須アイテム!LED球「T3」の使い方や取り付け方法を紹介! スイッチやメーター、エアコンランプ等、内装に使われる事の多いLEDランプのT3。この記事ではそのT3を使ったカスタムや、取り付け方法について解説していきます。

メーター球のLED化

カスタム例

グリーンのLED

ホワイトのLED

上記2つを見比べてみると、LEDを導入し、且つ色が違うだけでかなり印象が違うのが明らかです。LEDの色に関しては、個人のセンスは勿論、メーター周りの他の機器類の色との整合性も考えた上でのチョイスが重要になります。

取り付け方法

上記の動画(車種はダットサン)に合わせて簡単に説明すると、

  1. コラムカバー上部、メーターフードを外す
  2. メーターフード、メーター裏のスイッチ類のカプラーを外す
  3. ソケットから電球を抜き、LEDに差し替える

このような流れになります。点灯しない場合は、ソケットを反転させて取り付けましょう。動画で使用しているLED球はT5ですが、T3も基本の取り付け方法は同じです。

エアコンパネル球のLED化

カスタム例

ブルーのLED

ホワイトのLED

こちらもメーター同様、印象がかなり変わり、パネル一つ一つの文字は見易く表示され、且つ独特の雰囲気を醸し出す事に成功しています。

取り付け方法

こちらの動画に合わせて簡単に説明すると、

  1. パネル付近のネジを外し、エアコンパネルを外す
  2. パネル裏側の電球一つ一つを細めのマイナスドライバーで外す
  3. 配線も外す
  4. 装着するLEDを電球の有った場所にマイナスドライバーで装着

という流れです。こちらも、メーター同様点灯しない場合はソケットを反転する必要が有ります。

インジケーター球のLED化

ブルーのLED

ホワイトのLED

カスタム例はブルーとホワイト。こちらもメーター球と同様に周りの機器類の色やデザインとのバランスを考慮して選ぶのが良いでしょう。

取り付け方法

  1. パネルを取り外す
  2. ソケットを外す
  3. ソケットから電球を抜き、LEDに差し替える
  4. ソケットをパネルに取り付ける

インジケーター球の交換はメーター球の交換方法とほぼ同じです。こちらも点灯しない場合、ソケットを反転させる必要が有ります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。様々なパターンのLEDを使ったカスタム例が存在します。LEDに差し替えるだけで、乗車時の印象は選択した色によってより洗練されたり、見映えの良いものに様変わりします。是非これらに挑戦してみてください。