人気のN-BOXをカスタム!オススメのカスタムパーツを紹介

2018年11月27日

人気のN-BOXをカスタム!オススメのカスタムパーツを紹介

labelNボックス

絶頂の人気を誇るホンダ・N-BOX。一般社団法人「日本自動車販売協会連合会」「全軽自動車協会連合会」によると、2018年度の上半期(4~9月)のN-BOXの新車販売台数が117,100台。これは普通車を含む新車販売台数において、第1位の記録となり、その人気の高さを表しています。ノーマル車でもスタイリッシュなN-BOXですが、カスタムすることで、さらにかっこよくなります。今回はN-BOXのカスタムの中でも、エアロ、ライト、内装についてみていきます。

N-BOXのエアロ

まずN-BOXのエアロパーツをみていきましょう。

フロントグリルガーニッシュ

フロントグリルガーニッシュ
引用元:http://www.mugen-power.com
フロントグリルガーニッシュ

フロントグリルガーニッシュは、標準装備グリルに被せて装着でき、フロントマスクをキリっと引き締めてくれます。装着できるグレードは、G・L、G・EX、G・SL、G・LT、G・EXT、G・SLTで、2WD・4WDともに装着可能です。真空成型 ABS製で、ツヤ消しブラック塗装仕上げとなり、価格は29,700円です。

フロントアンダースポイラー

フロントアンダースポイラー
引用元:http://www.mugen-power.com
フロントアンダースポイラー

フロントアンダースポイラーは、N-BOXカスタムのフロントスタイリングに、さらなる存在感とスポーティさを演出してくれます。

エアロイルミネーション
引用元:http://www.mugen-power.com
エアロイルミネーション

オプションでエアロイルミネーションを装着することができますが、写真をご覧いただくと分かるように、イルミネーションがついていると、よりかっこいいN-BOXカスタムに仕上げることができますね。装着できるグレードは、G・L、G・EX、G・SL、G・LT、G・EXT、G・SLTで、2WD・4WDともに装着できます。真空成型 ABS製で、カラード仕上げとなり、価格は48,600円です。

エアロイルミネーション

エアロイルミネーション
引用元:http://www.mugen-power.com
エアロイルミネーション

エアロイルミネーションは、フロントアンダースポイラーのオプション品で、高輝度ホワイトLEDが採用されています。イグニッションに連動して常時点灯しているため、イルミネーションのON/OFFの切り替えはできません。価格は32,400円です。

サイドスポイラー

サイドスポイラー
引用元:http://www.mugen-power.com
サイドスポイラー

サイドスポイラーは、サイドのスタイリングを際立たせるために装着。装着するときは、標準装備のサイドシルガーニッシュを取り外します。装着できるグレードは、G・L、G・EX、G・SL、G・LT、G・EXT、G・SLTで、2WD・4WDともに装着可能。真空成型 ABS製で、カラード仕上げとなり、価格は62,640円です。

リアアンダースポイラー

リアアンダースポイラー
引用元:http://www.mugen-power.com
リアアンダースポイラー

リアアンダースポイラーは、装着することでリアからの存在感を引き立てます。標準装備のリアバンパーに被せて装着します。装着できるグレードは、G・L、G・EX、G・LT、G・EXTで、2WD・4WDともに装着できます。真空成型 ABS製で、カラード仕上げとなり、価格は43,200円です。

アッパーウイング

アッパーウイング
引用元:http://www.mugen-power.com
アッパーウイング

アッパーウイングは、リア上部に装着することで、すっきりしすぎたデザインにアクセントをつけてくれます。標準装備テールゲートスポイラーに被して装着できます。装着できるグレードは、G・L、G・EX、G・SL、G・LT、G・EXT、G・SLTで、2WD・4WDともに装着可能。アッパーウイングのカラーは7つの設定色があります。真空成型 ABS製で、カラード仕上げとなり、価格は48,600円です。

スタイリングセット

これまでにご紹介したエアロパーツのうち、フロントアンダースポイラー、サイドスポイラー、リアアンダースポイラーは3つセットで154,440円の販売となっています。

設定されているグレードは、G・L、G・EX、G・LT、G・EXTで、2WD・4WDともに装着可能です。

N-BOXの無限パーツ

N-BOXの無限パーツは、N-BOXカスタムとは異なったラインナップとなっています。

フロントスポーツグリル

フロントスポーツグリル
引用元:http://www.mugen-power.com
フロントスポーツグリル

フロントスポーツグリルは、装着するとどこか上質感を漂わせます。標準装備されているフロントグリルの上部アウターを、グリルベースから取り外して装着できますし、無限のエンブレムがスポーティ感を出しています。装着できるグレードは、G、G-L、G-EX、G-S、G-SL、G-LT、G-EXT、G-SLTで、2WD・4WDともに装着可能。真空成型 ABS製で、カラード×ツヤ消しブラック塗装仕上げとなり、価格は47,520円です。

フロントアンダースポイラー

フロントアンダースポイラーは、下部に被せて装着することで車高が低く見え、どっしりしたボディが演出されます。装着できるグレードは、G、G-L、G-EX、G-S、G-SL、G-LT、G-EXT、G-SLTで、2WD・4WDともに装着できます。真空成型 ABS製で、カラード仕上げとなり、価格は42,120円です。

フロントエアロセット

先ほどご紹介したフロントスポーツグリル、フロントアンダースポイラーの2点セットを89,640円で販売しています。設定されているグレードは、G、G-L、G-EX、G-S、G-SL、G-LT、G-EXT、G-SLTで、2WD・4WDともに装着可能。設定カラーも5つ用意されています。

その他のN-BOXのカスタム例

無限以外にもエアロパーツを出しているメーカーがあります。ドレスアップパーツといえばD.A.Dですが、D.A.DもN-BOXのエアロパーツを販売しています。

かなり上品な形に仕上がっていますね。夜でもD.A.Dエアロパーツの存在感はすごいです。

N-BOXのライト

N-BOXはフルモデルチェンジ前と比べると、ライトが一新されています。どのような進化を遂げたのか、みていきましょう。

ヘッドライト・ウインカー

ホワイトLEDヘッドライト
引用元:https://www.honda.co.jp
ホワイトLEDヘッドライト

N-BOXでは、N-ONEと同じリング型のホワイトLEDヘッドライトが搭載されています。

イカリングライト
引用元:https://www.honda.co.jp
イカリングライト

プロジェクタータイプのヘッドライトで、その周りにはイカリングライトを装着。

N-BOXカスタムのホワイトLEDポジションランプ
引用元:https://www.honda.co.jp
N-BOXカスタムのホワイトLEDポジションランプ

N-BOXカスタムでは、ホワイトLEDポジションランプが、ヘッドライトのエッジ部分に沿うようにして搭載されています。

引用元:https://www.honda.co.jp

中央にあるメッキバーより上部がウインカー、下部がヘッドライトです。そして何よりも特徴的なのが、ウインカーにはシーケンシャルウインカー(流れるウインカー)が搭載されていること。N-BOXカスタムはシーケンシャルウインカーが標準装備されており、軽自動車にシーケンシャルウインカーが標準装備されたのはN-BOXが初めてです。シーケンシャルウインカーは、レクサスLSやRX、トヨタC-HRやハリアーといったグレードの高い車に搭載されていますが、これからの軽自動車にも搭載する車は増えるでしょう。

テールランプ

テールランプ
引用元:https://www.honda.co.jp
テールランプ

N-BOXには、シンプルかつ見やすいデザインを追求したLEDリアコンビネーションランプを搭載。N-BOXカスタムには、クリスタルカバーに内部の加飾にもこだわったフルLEDリアコンビネーションランプを搭載されており、純正品にも関わらずカスタム感満載です。

社外品のテールでは、以下のようなLEDテールも販売されています。

純正品よりもLEDの点灯が目立っているのが、かっこいいですね。

N-BOXの内装

N-BOXは内装をカスタマイズすることが可能で、そのパーツも販売されているのです。ここでは無限で販売されている内装パーツを中心にご紹介します。

ルームミラーカバー

ルームミラーカバーには、メッキ仕上げ、プラチナホワイト・パール、ミラノレッド、プレミアムイエロー・パールⅡの4つを設定。以下はメッキ仕上げのルームミラーカバーですが、些細ではありますが、渋いカスタマイズですね。

ルームミラーカバー
引用元:http://www.mugen-power.com
ルームミラーカバー

装着できるグレードは、N-BOXカスタムではG-L、G-SL、N-BOXではG、G-L、G-S、G-SLの2WD・4WDに装着できます。

エンジンスタート・ストップスイッチ

エンジンスタート・ストップスイッチは、ユニット交換タイプで、無限のロゴが入っていますので、スポーティさが漂います。

エンジンスタート・ストップスイッチ
引用元:http://www.mugen-power.com
エンジンスタート・ストップスイッチ
エンジンスタート・ストップスイッチ
引用元:http://www.mugen-power.com
エンジンスタート・ストップスイッチ

全グレードに装着できるのが嬉しいですね。

スポーツマット

スポーツマットは、耐久性に優れたナイロン素材、裏地はポリエステル素材を採用して、フロアとマットのズレや滑りを防止。摩耗の激しい運転席・助手席マットにはヒールパッドを使用。以下のように、「ブラック×レッド」と「ブラック」の2タイプが用意されています。

スポーツマット
引用元:http://www.mugen-power.com
スポーツマット
スポーツマット
引用元:http://www.mugen-power.com
スポーツマット

装着できるグレードは、N-BOXカスタムではG-L、G-LT、N-BOXではG、G-L、G-LTの2WD・4WDに装着できます。

スポーツラゲッジマット

スポーツラゲッジマットは、ラゲッジスペースの汚れを防ぎ、先ほどご紹介したスポーツマットと同じ材質を採用。カラーは「ブラック×レッド」と、「ブラック」の2色が用意されています。

スポーツラゲッジマット
引用元:http://www.mugen-power.com
スポーツラゲッジマット
スポーツラゲッジマット
引用元:http://www.mugen-power.com
スポーツラゲッジマット

装着できるグレードは、N-BOXカスタムではG-L、G-EX、G-LT、G-EXT、N-BOXではG、G-L、G-EX、G-LT、G-EXTの2WD・4WDに装着可能です。

その他の内装カスタム

他にもN-BOXは、さまざまなカスタムをすることができます。

まとめ

今回はN-BOXのカスタムの中でも、エアロ、ライト、内装についてみていきました。ホンダのカスタマイズパーツの無限でカスタムすることで、スタイリッシュにカスタムすることができます。N-BOXの社外品パーツも販売されていますので、個性的なカスタムをするときはD.A.Dなどの社外品パーツを使うといいでしょう。N-BOXをカスタムして、あなたらしさを発揮したこの世に1台のN-BOXをつくりあげてみましょう。